サービス

サービス

スマホで入力するだけでOKのペーパーレス年末調整機能が誕生した理由とは?

284 views

株式会社KUFUは、本日よりクラウド労務ソフト「SmartHR」において、PCやスマホで年末調整ができる「ペーパーレス年末調整機能」を公開しました。

 

従業員はスマホで、質問に答えていくだけ。年末調整に関する知識がなくても、損をすることなく、過剰に納めた所得税の還付を受けることが可能だといいます。

 

また、人事労務担当者も従業員から書類の書き方について質問されることも内容や入力漏れのチェック、再手配もなくなり、時間やコストを大幅に短縮・カットすることができます。

 

ペーパーレス年末調整機能が生まれた背景

 

クラウド労務ソフトSmartHRの開発責任者は、KUFUに入社するまで、さまざまな規模・業種の企業で人事労務の経験をしてきており、毎年、年末調整の時期に生じる従業員からの多数の質問と業務に悩まされてきたそうです。

 

このような苦労を経験したからこそ、5年の構想を経て実現したのが、この「ペーパーレス年末調整機能」なのです。

 

201610171005

 

手書きで年末調整をした場合1人あたり30分かかるところ、SmartHRを導入することで10分に短縮可能なのだとか。さらにアウトソーシング費用や本社・各事業所間で発生する書類送付費用もカットできます。

 

なお、SmartHRのペーパーレス年末調整機能追加の料金は一切発生しないため、SmartHR月額利用料金のみで済みます。

 

また、国税庁が定める「源泉徴収に関する申告書に記載すべき事項の電磁的方法による提供の承認申請書」を税務署に提出すれば、従業員による押印・書類での提出の省略も可能です。

 

毎年、年末調整で担当者の残業が発生するなど問題が山積の企業は導入検討価値あり!

 

クラウド労務ソフト「SmartHR」
https://smarthr.jp/

関連記事

おすすめ記事