話題

話題

引きこもり準備OK?今月発表された大賞受賞書籍(小説、ビジネス書、マンガ)まとめ

132 views

いよいよGW連休の足音が聞こえるどころか、その本体が見えて参りました!ゴールまであと数時間。普段は多忙なクリエイター・開発者の方も、連休ばかりは本を読む時間がきっととれるはず。

 

それを察してかどうかはわかりませんが、今月は書籍・マンガに関連する各賞が発表されております。そこで2016年4月に公表された各賞受賞作品をまとめてみました。

 

 

■2016年「本屋大賞」『羊と鋼の森』

 

書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票するというのが同賞の特徴ですが、2016年に大賞を受賞したのは、

 

614PbMKEQxL

 

『羊と鋼の森』著/宮下奈都(文藝春秋) [amazon]

でした。

 

<あらすじ>

 

ピアノの調律に魅せられた1人の青年と、彼を取り巻く人々の日常を描く物語。北海道の美しい自然を舞台に、主人公・外村(とむら)が、調律師として研鑽の日々を送るなかで出会った先輩や顧客との交流を描いた小説です。

 

 

ビジネス書大賞2016『HARD THINGS』 ベン・ホロウィッツ 訳 滑川海彦/高橋信夫

 

その年を代表するビジネス書を選出し表彰する同賞ですが、大賞受賞作品は

 

51DgNPBq+iL._SX345_BO1,204,203,200_

『HARD THINGS』 ベン・ホロウィッツ 訳 滑川海彦/高橋信夫 [amazon]

 

でした。

 

<概要>

強力ライバルからの反撃、会社売却、起業、急成長、資金ショート、無理な上場、出張中に妻が呼吸停止、バブル破裂、株価急落、最大顧客の倒産、売上9割を 占める顧客の解約危機、3度のレイオフ、上場廃止の危機―。壮絶すぎる実体験を通して著者が得た教訓は、あらゆる困難(ハード・シングス)、に立ち向かう 人に知恵と勇を与える。シリコンバレーのスター経営者に慕われる最強投資家からのアドバイス。

 

ちなみに準大賞/審査員特別賞は、

 

・『「学力」の経済学』著/中室牧子

・『人工知能は人間を超えるか』 著/松尾豊

 

でした。

 

第20回手塚治虫文化賞<マンガ大賞>『よつばと!』

 

日本のマンガ文化の発展、向上に大きな役割を果たした手塚治虫氏の業績を記念し、手塚氏の志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的にした同賞を受賞したのは、

 

614lNI9mJxL

『よつばと!』著/あずまきよひこ [amazon]

 

でした。

 

<あらすじ>

5歳の女の子[よつば]と[とーちゃん]を中心にまわりの人たちとの何気ない日常を描いたマンガ作品。現在第13巻まで刊行中。

 

 

さあ明日から連休突入です。よい連休をお過ごしください!

関連記事

おすすめ記事