話題

話題

もしAppleの重役が「あなた」を雇いたいと思ったら、こんなことが起こるらしい。

346 views

エンジニアやデザイナーの理想的な就職先に挙げられることが多いAppleですが、普通Appleに就職しようとすると、エントリーシートを書いて複数の選考・面接を経る必要があります。

 

でももしAppleの重役があなたを雇いたい!と思った時、通常とはまったく異なる採用選考が用意されているようです。

 

本稿は、先日Podcastにてその実体験を語ったMichael Gartenberg氏の要約です。同氏はテクノロジー産業のアナリストとして働いていた時に、Apple VIPからのスカウトに遭遇。その後Appleでの勤務を3年間経験し、Appleの立会人と一緒にPodcastで当時を語りました。

 

Apple重役の驚くべきスカウト方法

 

当時アナリストとして働いていたGartenberg氏は、Appleと定期的に行っていた電話会議に参加してセールス、トレンド、その他の分析対象となっていることについて議論していたそうです。

 

そして最後の電話会議の際、Appleの副社長であるGreg Jozwiak氏から「5分か10分くらい時間が欲しい」と伝えられたのだとか。Gartenberg氏はこれを自身の議論が副社長を怒らせてしまったのだ、と思ったそうです。

 

しかし実際にAppleから電話があると、Jozwiak氏は

 

「きっちりと話をする時間がないから、要点だけ伝えさせてほしい。Appleに来て一緒に働かないか?」

 

と伝えたそうです。

 

Jozwiak氏はこれに加えて、もし働いてくれるならAppleの本社があるカリフォルニア州クパティーノに引っ越してほしいという旨を伝えると、仕事の詳細については同じく副社長でマーケティングを担当している Phil Schiller氏から詳しい説明があるとだけ伝え、電話を切ったそうです。

 

その数日後、今度はAppleの採用担当者から電話がかかってきたのですが、その時も仕事の詳細に関する説明はなく、「Philが直接伝える」とだけ言われたんだそう。採用担当者は「二日以内に本社に来られませんか?」とGartenberg氏に提案して、電話を切ります。

 

Gartenberg氏が飛行機から降りると、まずその日のうちにHiroki Asai氏というマーケティング担当者に会うようにテキストメッセージで伝えられます。(次の日からAsai氏は旅行に行く予定になっていたため)。

 

そしてその翌日に、Schiller氏と残りのチームメンバーと会い、シニアディレクターとして世界的なマーケティングを担当するという仕事の詳細を、ここで初めて伝えられることになります。

そして驚くべきことに、その翌日にはもう採用担当者から内定が届いたのだとか。

 

 

Gartenberg氏の話の内容だけでは正確な期間はわかりませんが、おそらく半月もかかっていないんじゃないかという短さですね。同氏の言葉を借りれば「これがApple」とのことですが、とんでもないシンプルさとスピードで判断が下されることがうかがわれます。

 

筆者がAppleの重役の目に留まることは限りなくゼロですが、こうした話を聞くと着信履歴をコッソリとチェックしてしまうのは、なぜなんでしょうか……?

 

 

 

(※本稿は「What happens when an Apple executive decides he wants to hire you」を翻訳・再編集したものです)

関連記事

おすすめ記事