話題

話題

ECサイトにはAIが不可欠に!?今後のECサイトとAIの深い関係とは…

220 views

ネットショッピングはますます広がりを見せています。実店舗を運営していた企業も、オムニチャネルへの進出などでネットを利用することが増えています。しかし消費者の注目を集め続けるのは難しく、新たな魅力を提案しなければすぐに飽きられてしまうでしょう。

 

その試みの一環としてネットショップがAIを取り入れ始めており、近い将来ショッピングを大きく変えるかもしれません。今回はAIが実現する、新たなネットショップの姿を紹介します。

 

 

  1. 1.新世代の体験

ショップが顧客のスタイルやサイズを予測できれば、売り上げの増加と返品の減少につながります。AIを活用すれば顧客ごとのニーズを特定したり、より関連性の高い提案が可能です。顧客は自分で好みを選ぶことなく、AIが最適なものを提案してくれるようになるでしょう。

 

 

  1. 2.見ているものを見つける

スマートフォンを使うことで、目の前にあるものを撮影し類似した商品を検索できます。これもAIを活用して実装されており、顧客はほしい物をネットで簡単に見つけられます。PinterestやShazamがいち早くこの技術を活用しています。

 

 

  1. 3.自分だけのスタイリスト

ショップは顧客の性別、好み、ニーズをはじめアクセスに使用した端末情報まで蓄積しています。こうした情報をAIに渡すことで個人個人の好みに合った商品をおすすめできます。ショッピングアプリが自分だけのスタイリストとして働き、過去のデータを参考に自分好みの商品を提案してくれるのです。セールの通知などと連携すれば売り上げの向上も期待できるでしょう。

 

 

  1. 4.より賢いオムニチャネル

ショッピングサイトはあらゆる方法で顧客との接点を作ろうと試みています。AIを使ってオンラインと実店舗の連携をより緊密にし、商品選びから配送までの流れを効率化できます。

 

 

  1. 5.ソーシャルアシスタント

ソーシャルメディアはショッピングでも重要です。大手ブランドはどこもソーシャルメディアで商品情報を共有し、サイトやアプリへ顧客を導こうとしています。中には影響力のある人々に商品を提供するスポンサーとして活動しているブランドもあります。AIによりソーシャル上の顧客データを収集・分析し、求められている商品を特定できます。

 

 

 

 

まとめ

AIを活用した世界はもう現実となりつつあります。新世代のショッピングは顧客のパターンを理解し、最適な商品を提案してくれます。こうした世界で競争力を維持するためには、AIを取り入れたデータの分析と活用が必須となるでしょう。

 

 

 

 

 

※本記事はFuture eCommerce Won’t Exist Without Artificial Intelligenceを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事