話題

話題

デジタル資産管理ツール(DAM)を導入して効率的にユーザを惹きつける

199 views

大きな制作スタジオから個人的なブログまで、現代では誰もがコンテンツの制作者です。

サイトやアプリに写真や動画を組み込めば、ユーザーの心を惹きつけることができます。しかし写真の美しさとコンバージョンの目標を同時に達成するには、デジタル資産を適切に管理するという新たな困難に立ち向かわねばなりません。その困難には、デジタル資産管理(DAM)ツールで対応しましょう。

 

なぜDAMが必要?

DAMは膨大なデジタル資産の管理を容易にし、適切なものを適切な場所に届ける手助けをしてくれます。ユーザーごとに異なるデバイスや帯域幅、場所に対して自動的に最適なものを配信してくれるのがDAMなのです。

 

 

DAMを比較するポイントは?

増え続けるメディアライブラリを管理するには、制作チームを横断して使用できるツールが必要です。業務プロセスを最適化し生産性を高めるポイントは「自動化」で、導入するDAMがアップロード、ストレージ管理、メタデータ管理、画像や動画の操作、配信ワークフローを自動的に行ってくれるかどうかを確かめましょう。

 

UIのわかりやすさも大切です。パフォーマンスや使用状況がひと目で把握できるダッシュボードが搭載されていると便利です。状況を分析すれば最適化を進めるための方法やマーケティング目標の達成に向けた手がかりが得られるでしょう。

 

 

DAMにあると便利な機能は?

ここからは導入するDAMに搭載されていると便利な機能を紹介します。こうした機能があれば業務の効率がより高まります。

 

  • ・メディアを異なるビューポート、デバイス、ブラウザに最適化してくれる機能
  • ・大きさの変更やクロップ、フィルターの適用などの操作をパラメーターを与えるだけで動的に行ってくれる機能
  • ・ユーザーごとに適したコンテンツを配信する機能
  • ・デバイスやネットワーク状況に応じて最適な画像形式や圧縮率、大きさを選択してパフォーマンスを最適化してくれる機能

 

 

最適なDAMを選択することで、手動で行っていた作業が自動化され、効率が高まるでしょう。膨大なデジタル資産も容易に管理・操作することが可能になります。ユーザーにとってもストレスの要因が減るため、エンゲージメントの向上が期待できます。管理と最適化をDAMに任せて、メディアの質の向上に集中しましょう。

 

 

※本記事は、Giving a DAM About Your Digital Assetsを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事