話題

話題

WordPressのREST APIとは…?【どういったところで、何のために使われる?】

385 views

WordPressのREST APIは、2009年に導入されたカスタム投稿タイプ以来の大きな前進です。これにより開発者はWordPressの核となる部分とフロントエンドを切り離し、高いカスタマイズ性を持つアプリを作成することができます。

 

今回はWordPressのREST APIとは何なのか、どういった所で使われているのかを紹介します。

 

REST APIとは?

API①

REST APIはWordPressサイトのコンテンツを簡単に取得することができるAPIです。これを利用すれば、CMSをコンテンツ発信のストレージとして使うことができます。サイトのデータをシンプルなJSON形式で取得し、HTTPリクエストの送信と同じくらい簡単にデータを更新することが可能です。

 

現在、ウェブサイトの28%はWordPress上で制作され、そのフロントエンドはPHPとWordPressのテーマシステムで構築されています。REST APIを使うことで開発者はWordPressのフロントエンドに縛られることがなくなり、好みのプラットフォームからデータの取得・更新が可能になります。

 

 

REST APIの使用例

REST APIは既に大手ウェブサイトで利用されています。いくつか例を見てみましょう。

New York Times

API②

New York TimesはリアルタイムブログにおいてREST APIを活用しています。ジャーナリストはカスタマイズされた管理インターフェースで新たなニュースが入ると同時に記事を投稿できます。REST APIのおかげでSlackからの投稿も可能になっており、ジャーナリストは突然事件が起こった場合でも近くのコンピューターを探してログインする必要がなく、自分のスマートフォンから記事を投稿できるようになっています。

 

 

Wired

API③

WiredもREST APIをリアルタイムブログに使用しており、Slackからの記事投稿が可能になっています。またアップルのニュースアプリへの記事配信にもREST APIを利用しています。通常はOutbrainを使用して記事の末尾に広告を挿入していますが、何らかの問題が発生した場合に備えてREST APIでも同様のことが行える体制が整えられています。

 

 

REST APIの普及により、開発者はWordPressを訪れることなくWordPressを使うことができるようになりました。そして実際に、そうした使い方が普及しつつあるのです。

開発が進むにつれてWordPressと他のサービスとの連携が進み、CMSを単なるブログツールから大きく変身させることになるでしょう。大きな可能性を秘めたREST APIをぜひマスターしてください。

 

 

 

※本記事は、How the REST API is Helping WordPress Evolveを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事