話題

話題

「モノのインターネット」に必要な5つの階層

344 views

参考元: TechCrunch

編集部記Jim HunterはCrunch Networkのコントリビューターである。Jim HunterはGreenwave Systemsのチーフサイエンティストとテクノロジーエバンジェリストである。

数ヶ月前に投稿したモノのインターネット(IoT)の「モノ」の捉え方が変わってきたという内容の記事に多くの反響があった。

その記事で書いた私の主張は、「モノ」を人のように扱うべきというものだ。選挙権を与えたり、税金の支払いを求めたりということではなく、特定の役割を満たす従業員を採用するのと同じように考えるということだ。スマートな「モノ」を「人っぽく捉える」と言えるかもしれない。

前回の補足として、そのような「モノ」は何で構成されているかを明記し、形式化した方が良いと思いついた。何故なら、世の中は数えきれないほど大量の物であふれているが、全てがIoTではなく、また全てをIoTにすべきでもないと考えているからだ。

IoTの「モノ」を定義するために、マズローの欲求5段階説を用いたい。これは良く知られた心理学の概念で一般的にピラミッドの形で表されるものだ。一番下には人間の基本的な欲求(生理的に必要な空気、食べ物、水)があり、一番上には高次の欲求(自己実現欲求や潜在能力の発揮)に向かって上がっていく。

次の表は、IoTの「モノ」の各ニーズをその段階に置き換え「モノの自己実現」までの過程を表している。

関連記事

おすすめ記事