話題

話題

【AIに仕事を奪われる未来はありえる?】WebデザイナーとAIの未来

331 views

数十年前はただのサイエンスフィクションであったAI(人工知能)の概念は、技術、コンピュータ、通信などの急激な進歩のおかげで、今や現実のものになろうとしています。

AIとは、状況を評価し、目標を実現する行動を起こす能力を持つインテリジェントなコンピュータシステムですが、人間はAIにどんなことができるかを模索し始めたばかりなのです。

 

私達はどこまで辿り着いているのか?

Google、Facebook、マイクロソフトなどのテクノロジーの大企業は、様々なシナリオにおける顧客体験を改善するAIの開発に躍起になっています。ウェブ開発業界におけるAIに関する論争の一つが、AIが何百万人もの人間の仕事を奪ってしまうというものです。

 

 

ロボットが私達の仕事を奪う!

AI①

先進的なロボットや仮想知能は最低賃金の様々な仕事を行うことができます。いずれは、より洗練されたロボットが、製造、機械組立、小売、飲食業などの人間の仕事を奪うでしょう。実際、多くのファーストフード店では、デジタルのオーダーマシーンが導入され、カウンターやドライブスルーの受付で人間の仕事を奪っています。

 

様々な業界働く人がロボットに仕事を奪われる危険を感じている一方で、クリエイティブな業界でそのような危険を感じている人は少ないようです。AIはデータを加工し、過去のデータの分析から有効なトレンドを導き出すことを得意としていますが、複雑でクリエイティブな仕事をまだまだ苦手にしています。

 

 

AIにクリエイティブな仕事は可能か?

AI②

Web開発には、様々なクリエイティブな創作が必要なので、AIがそのような複雑で抽象的なコンセプトを人間と同じように扱うことはできないという考えることは論理的に見えましたが、最近のWeb開発は、多くの人が考える以上に厳格なものです。

 

最近のWebデザイナーは、ウェブサイトが様々なデバイスできちんと表示されるように厳格なルールに従って仕事をしています。先進的なAIは、このようなより正確性を求められる技術的な仕事を奪うでしょう。

AIの進歩が人間の開発者の必要性を奪うわけではなく、開発者やデザイナーはよりクリエイティブな側面の仕事に注力することができます。

AIがクリエイティブな仕事を担えるには、もう少しの時間と技術的進歩が必要ですが、Web開発者は技術的問題、バグ、機種依存問題などの解決にAIを活用すべきです。

 

 

Web開発における自動化

Webデザイナーは、パフォーマンスを犠牲にせずに、すべてのデバイスで機能するWebサイトを構築し、顧客に合った情報や機能を提供しなければなりません。AIや自動化は、複数デバイスのテストや直感的なデザインワークフローが可能です。

 

 

AIとの適応型インターフェース

AI③

Webデザイン業界は、AIを有効に利用することで非常に恩恵を受けることができます。適応型インターフェースを利用している開発者は、ユースパターンやユーザーインプットに基づいて自動的に構造を変えるウェブサイトやアプリケーションの構築をすぐにできるようになります。これがAI駆動型デザインと呼ばれるものです。

 

過去数年間におけるスマートフォンの登場で、デザインはよりわかりやすく、そしてより効果的に進歩しました。ウェブデザインにおける適用されたAIは、Web開発者が直面した多くの難しい技術的課題を取り除いてきました。

 

近い将来、AIはウェブページのコンテンツや情報をすべてのデバイスで適切に表示されるようにソートすることができるようになるので、人間の開発者は、より高品質のコンテンツ、ターゲット顧客により密接に結びつくための仕組みなどの構築に時間をかけられるようになるでしょう。

 

 

ウェブ開発のトレンドは変化し続け、消費者の好みも移ろいやすいので、Web開発のプロフェッショナルは、困難な課題に挑戦しつづけなければならないでしょう。Web開発者は、AIに仕事を奪われる心配をするのではなく、自分の仕事の中でAIを有効に活用するための方法を考えることに注力すべきです。

 

 

 

※本記事は、Is Artificial Intelligence a Threat or Opportunity for Web Designers?を翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事