話題

話題

マイクロソフト社が考えるAI による変革の可能性とネクストブレイクとは?

421 views

画像はマイクロソフト社Windows Innovation Dayのものです。

 

マイクロソフト社が昨日付で「AI による変革の可能性、そして次に来たるべきもの…」と題したボリュームのあるプレスを公表していますのでご紹介します。

 

以下、筆者が原文を読み、書き起こしたものです。

 

…………………

 

人工知能(AI)は、新しい時代のイノベーションの鍵を握っています。

 

このイノベーションは、人間の命令ではなく、私たちのためにコンピューターが動作するようになることを指します。

 

最終的にはいくつかの世界の最重要課題を解決してくれるとのこと。

 

マイクロソフトは、AIによる変革の可能性を軸にグローバルな対話拡大を支援しているそうです。

 

コンピューターが情報を活用して人間と同じように学び、推論できる方法がブレークスルーによってもたらされAI分野の進歩により第4次産業革命が加速しているのだとか。

 

これは、すべての企業がデジタル化しつつあることを意味するそう。

 

今はまだAI のルネッサンスではなく過去の大きな変化の時代を考えるとメインフレーム、爆発的に普及する強力なテクノロジの初期段階だといいます。

 

AI をここからPC・モバイルの世界へと進化させ、すべての人がアクセス・活用できるようにする必要があるといいます。

 

AIの可能性は膨大で、ゲームで人間に勝てるレベルに留まりません。自動車、製造、医療、教育、農業、研究開発、公共セクターといった産業を変革するものです。

 

都市はますますハイテク化し自動車は周囲の物体を認識判断できオンラインサポートのエージェントソフトウェアは人間と対話し問題解決ができます。

 

生産システムは、膨大な量の履歴データを分析し将来を予測します。医療画像システムは臨床医が腫瘍をより正確に発見するサポートができます。

 

これらはすべて AI のパワーです。

 

AIに対するマイクロソフトのアプローチはAIの能力を向上させ時間の余裕をつくりだすことです。

 

AIツールに独自のインテリジェンス機能を構築するのは企業、公共機関、開発者で、誰もが人工知能の恩恵を得て利益を得るべきであると確信しています。

 

つまり、マイクロソフトは「AIの民主化」にフォーカスしているようです。

 

…………………

 

コンピューター業界を牽引してきたマイクロソフト社が想うAI がある未来、そして次に来たるべきもの…

 

クリエイター必読のプレスです。

 

詳しくはマイクロソフト社のプレスリリースをご覧ください。

 

関連記事

おすすめ記事