話題

話題

女性たちはこう考えている。「扶養控除廃止」に賛成44%、廃止されたらもっと働く人は60%

162 views

人材派遣の求人情報サイト「はたらこねっと」では、はたらこねっとユーザー1444名に、扶養(配偶者)控除の廃止とその後の働き方についてのアンケート調査を実施。その結果を発表しました。

 

集計結果からは、その関心の高さが伺えます。WEB業界でも、もっと働きたいという女性が増えてくるかもしれません。

 

 

扶養(配偶者)控除廃止案に賛成44%、反対56%

扶養(配偶者)控除廃止が検討されていることの「賛成」「反対」について質問したところ、44%が「賛成」、56%が「反対」と回答。反対がやや上回っていますが、かなり拮抗した結果になっています。

 

・賛成者のコメント

「女性ももっと社会で活躍すべき」

「もっと働きたかった」

「独身や共働きで沢山働いている世帯が損をしている」

 

・反対者のコメント

「事情を抱え、働きたくても働けない」

「控除を廃止する前に女性の働きやすい社会にする制度を整えるべき」

 

 

制度検討への認知度は80%。働く女性の関心度は高い!

扶養(配偶者)控除廃止について検討されていることを知っているか質問したところ、「知っていた(57%)」「知っていたが、内容までは知らなかった(23%)」で、認知度は合計80%となりました。

 

また2016年10月から、一部のパートタイマーの方の社会保険の加入義務が130万円以上から106万円以上に引き下がりましたが、このことについて知っていたかを質問したところ、「内容までしっかり知っていた(44%)」「知っていたが、内容までは知らなかった(29%)」と回答。こちらもほぼ同じ79%の認知度となっています。

 

 

63%が控除廃止後は今までよりも多く働くと回答

扶養(配偶者)控除内で働いている、または働いた事がある方に、年収を質問したところ「103万円未満」が71%となりました。

働く女性の実態調査

また、廃止された後の働く時間・年収の目標についての質問では、働く時間については63%が「今までよりも多くするように働く」と回答。年収に関しても63%が「130万円以上で働くようにしたい」と回答しています。

 

働く女性の実態調査

 

 

それぞれの状況や考え方によって選択は変わってくると思います。もしかしたら、働き方や人生設計を考えるいい機会になるかもしれません。はたらこねっとのサイトには、より詳しいデータや、多くの女性たちのコメントも掲載されています。迷っている方がいらっしゃったら、他の女性たちはどのように考えているのか…参考にご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

はたらこねっとユーザーアンケート

「扶養(配偶者)控除の廃止とその後の働き方について」調査結果ページ

http://www.hatarako.net/contents/enquete/result/201610

関連記事

おすすめ記事