話題

話題

早稲田大学が今年の世界電子政府ランキングを公開!さて日本は何位だったのでしょう?

212 views

早稲田大学は、国際CIO学会の傘下にある世界主要大学と提携して「世界電子政府進捗度ランキング調査2016」の結果を発表しました。

 

今回の結果は、世界のICT先進国をメインに65か国が対象。研究活動12年目の成果として世界中から関心を集めています。

 

今年は、

 

1位 シンガポール
2位 アメリカ
3位 デンマーク
4位 韓国
5位 日本

 

という結果になりました。

 

なお、日本は部門別指標の「政府CIO」と「電子政府振興」の2項目でトップ3に入っています。

 

この調査研究は、早稲田大学電子政府・自治体研究所が中心となって、世界11大学の代表者が調査チームに参画。2回の専門家による分析会合や、国際会議、国連やOECDなどの国際機関、関係国政府、研究所などと意見交換を実施して、まとめられたそうです。

 

日本は、今回、5位にランクインしています。「電子政府振興」並びに「政府CIO」の項目は2位にランクイン、「行政管理の最適化」は4位という結果でした。

 

また、日本は、モバイル・ブロードバンドが普及しているにもかかわらず、マイナンバーを含むスマホなどの利活用のためのシステム化が遅れているなどの問題提起もしています。

 

なお、詳細は下記サイトに掲載されています。

 

興味のある方はアクセスを!

 

早稲田大学電子政府・自治体研究所HP
http://www.e-gov.waseda.ac.jp/

関連記事

おすすめ記事