マーケティング

マーケティング

ビットコインと仮想通貨取引ソフトのつくり方

236 views

この記事では、ビットコインと仮想通貨の取引を始めるための主要な項目、手順、コンポーネント等を紹介します。投資家、起業家、ビジネスマン、さらには仮想通貨を大量に保有する人たちやトレーダーに特にお勧めの記事です。

 

 

 

仮想通貨に関する規制

 

 

ご存知の通り、仮想通貨市場は不安定で、依然として信用していない人がいるのもその不安定さが理由です。ある意味では、これはバブルだといっても良いのかもしれません。

 

結局のところ、ビットコインやライトコインに投資してお金を失ったとしても、政府は救ってはくれないのです。 そのため、リスクを理解しておく必要があります。 儲かることもあるでしょうが、失ってしまうこともあるのです。 それにもかかわらず、この業界は急速に発展し続けています。

 

仮想通貨プラットフォームはビジネスになります。でもどうやって?仮想通貨の取引ソフトウェアを選択する時に必要な知識とは何なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

企業の登録する

 

起業する時には、まず企業の法的な登録を行い、銀行口座を開設しなければなりません。仮想通貨の取引も例外ではありません。 2017年12月、ベラルーシは仮想通貨、特にビットコインの合法化を発表しました。このことは、仮想通貨市場と業界にどのような影響を及ぼすのでしょうか。この発表の際、ベラルーシは、仮想通貨を管轄する世界の中心地に、そして仮想通貨に対して非課税国になる準備が整ったと発表しました。これが真実となるのは時間の問題です。

 

 

会社を設立する場所として選らばれる国のリストの中には、アメリカ全体ではなくテキサス州等の州単位で登録されているものもあります。シンガポールもこのリストに載っています。法律をよく知っている国で、将来あなたのプラットフォーム開発を支援してくれる国を選びましょう。特にヘルスケア分野におけるブロックチェーンは注目に値するものです。2017年には、情報技術と結びついていないような公的企業でも、ブロックチェーン導入後、株式価値が3倍から5倍増加したのです。

 

 

 

メンバー

 

仮想通貨取引のメンバーは、ビジネスの成長させてくれます。この段階では重要なポイントは2つだけです。

 

 

1.KYC(Know Your Customer 顧客を知る)

 

2.AML(Anti-Money laundering マネーロンダリング防止)

 

 

2番目のポイントは、1番目のと比べてはるかに簡単な問題です(すべての管轄区域で必要になるわけではありません)。最初の点に関して言えるのは、顧客のことを知るのは間違いなく大切だということです。 ユーザー識別は、暗号交換において最も大切なことです。顧客について、どれくらい詳しく知っておく必要があるのでしょうか。 国際パスポート、身分証明書または運転免許証による確認が最低でも必要です。たとえば、オーストラリアでは、公共料金の領収書、住所登録証または銀行支払いの証明が必要ですが、 通常、重要な確認ポイントは2つ(電話番号でも電子メールでもありません)。身元の確認と住所の確認です。

 

 

たとえば、身元確認に非常に厳しい要件が必要とされているものもあります。WebカメラやPCのカメラで姿を見せることによって検証する必要がある場合があります。 このユーザーの規制と検証は、AmazonやEtsyなどの多くのサイトではよく行われています。ユーザーは検証を通過して初めて、完全なアクセス許可を取得できるようになります。その後、取引活動を行い、ウォレットを預けることができるようになるのです。

 

 

 

コンポーネント

 

 

P2P分散プラットフォーム上で仮想通貨を取引するソフトウェアには、以下のコンポーネントが含まれている必要があります。

 

 

1.グラフィカルユーザーインターフェイス。

2.管理者、モデレーター、およびオーナーのための安全な私設システム。

3.通貨取引エンジン。

4.流通性。

5.暗号通貨ウォレット。

6.セキュリティ。

 

 

以上が主要なコンポーネントのリストです。これが無ければ生き残ることができないでしょう。 管理システムがなければ制御能力と透明性が失われ、流通性が十分に確保されていなければビジネスの成長は見込めませんし、脆弱性があればシステム全体が崩壊につながる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

グラフィカルユーザインタフェース

 

正確にはモジュールと呼んだ方が正確なのでしょうが、このコンポーネントは、ユーザーが暮らしている国、社会、および地域的な特徴を考慮に入れて、視覚的に魅力的であるだけでなく使い勝手が良いように設計されなければなりません。

 

 

一度、ある科学者が実験を行い、ソーシャルネットワークに触れたことのなかった人たちが、最大級のソーシャルネットワークであるFacebookを使えるようになるまでにどれくらいの時間がかかるのかを調査したことがありました。詳細は省きますが、その結果は57分だったのです!

 

 

 

しかし、仮想通貨取引システムのユーザーはIT初心者ではありません。 少なくとも彼らは技術に精通しており、システム開発、資金調達や投資、銀行システムや政治に興味があるはずです。仮想通貨交換ソフトを設計する時には、このことを頭に入れておきましょう。 ユーザーエクスペリエンスは最高のレベルに達していなければならず、ナビゲーション、構造、使用することで得られる成果は以前から使っていてよく知っているシステムかのように、すべての操作が簡単でなければなりません。

 

 

 

次に重要になってくるのはデザインです。まずUXが挙げられます。 直感的でシンプルであることが大切です。 仮想通貨は依然として普及途中の段階。この業界はまだピークにも達しておらず、新規参入者の多くはこれから初めて取引を行うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

安全な私設システム

 

 

もちろん、どのプラットフォームやWebサイトでも、コンテンツ管理システム(CMS)が必要です。 使用者が数回のクリックで現在の状況を確認できるように、幅広い機能とデータが必要です。

 

 

 

必要な機能の中には、取引、ユーザー、預金などの重要な指標を表示するダッシュボードがあります。プロジェクトでは、手作業による資金の引き出しと柔軟な料金調整の可能性が確保されなければなりません。 多くのオーナーが無視する機能の1つは、システム上で、どの仮想通貨が関心を集めているのかを表示する機能です。 これを分析することで効果的なマーケティングを行うことができます。

 

 

 

また、Coinmarketcap APIと統合して、どの暗号暗号をすぐに実装するのかを調べるのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

通貨取引エンジン

 

このP2Pコンポーネントがなければ、ソフトウェアは正常に動作できません。 ここで重要なことは何でしょうか。 それは非常に簡単で、ユーザーは自由かつ安全に注文を行うことです。 すべてのデータ、取引、オーダーリスト、および予約は、あらゆるデバイス上の便利なチャートでユーザーに表示する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流通性

 

ここで、あなたが頭の中に構築したプラットホームがすでに稼働していると想定してみましょう。そこには必要な機能――サインアップ、ログイン、検証、注文など――が全て整っています。全ての機能は何度もテストされています。 さあ、実際のユーザーがサインアップします。 身元検証を経て、システムに資金を入金するところまでいきました。そこで、売買注文のリストに目が行ったとします。そこには当然まだ何もリストがないので「売上はありません」という表示を目にするでしょう。そうすると、入金をすることが途端に不安になるかもしれません。

 

そうなるとプラットフォームの流通性はゼロになります。始めたばかりなので売り手も買い手もいないのは当然です。そこからどうすればいいのでしょうか?

 

選択肢の1つとして、AIやボットを使って流通性をシミュレーションできる機能を備えておきましょう。仮想の売り手と買い手の仮想注文を表示しておくのです。それを見て、新規ユーザーは自分でも取引を始めるようになります。

もう1つの選択肢は、Kraken(クラーケン)・Poloniex(ポロ二エックス)・Binance(バイナンス)といった他のプラットフォームとも流通できるようにしておくことです。どこか1ヶ所と提携するのが不安なら複数のプラットフォームを利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

仮想通貨ウォレット

 

皆が一番関心を持っているアイテムです。 もしかすると、あなたはビットコインあるいはイーサリアムの熱心なファンだからこの記事にたどり着いたのかもしれませんが、システム設計の観点から言えば、ウォレット自体が持つ意味はあまり大きくありません。ウォレットの システムをいかにユーザーフレンドリーにできるかの方が重要なのです。

 

 

より多くの仮想通貨を取引できるようにすることで、取引の数が増えることは明らかです。しかし、仮想通貨の全てがそんなに簡単に扱えるのでしょうか。 実はそうでもないのです。 仮想通貨の特性を考慮すると、それぞれの通貨は独立しており、分散しています。 技術的な観点から言えば、それらをマニュアルで1つずつ統合する必要がありますが、それはつまりウォレットの実装にかかる時間、ひいては予算に影響することを意味しています。

主要なウォレットとしては、ホットウォレット、コールドウォレット、ディープフリーズウォレットの3種類があるのですが、 これについては別の記事で説明することにしましょう。

 

 

 

 

 

 

セキュリティー

 

エドワード・スノーデンは、情報保護の問題に対する注意を初めて喚起した人物です。特に金融ポータルやFacebookなどのソーシャルネットワークにおける、データのセキュリティ、保護、およびプライバシーが問題になっています。 では、仮想通貨ソフトにとってのセキュリティとは何でしょうか。 何に気を配る必要があるのでしょうか。

 

まず、ハッキングにはいくつの種類があります。

 

ユーザーによるハッキング。

管理者、モデレーター、またはプライベートシステムにアクセスできる他のスタッフによるハッキングまたは侵入。

システムの脆弱性。

 

 

ユーザーまたは管理者のハッキングは、ソーシャルエンジニアリングに起因する可能性があります。 一般的な推奨事項は、見知らぬ人からもらったファイルやインターネット上で配布されているファイルをダウンロードしたりインストールしたりしないことです。

 

 

システムの脆弱性となるのは以下のようなものです。 インジェクション、悪意のあるコード、ファイアウォールやサーバーのホール、そしてDDoS攻撃。 ほとんどの仮想通貨ソフトはいずれ人気が出てくると攻撃者の注意を引きつけてしまうのです。こういった攻撃から自分の身を守るにはどうしたらよいのでしょうか。まず、信頼できる、質の高いの開発パートナーを選択しましょう。

 

 

さて、ビットコインや仮想通貨交換プラットフォームやソフトウェアを開発することは理にかなったことなのでしょうか。 端的に答えると「イエス」です。 ビットコインの現状がどうであれ、 成長すれば市場はより強くなりますし、それが取引量を大幅に増やすことになったとすれば、その後何が起こるかは説明するまでもありませんよね。

 

 

 

 

※この記事はHow to Build Bitcoin and Cryptocurrency Exchange Softwareを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

急上昇ランキング

関連記事

おすすめタグ