ワークスタイル

ワークスタイル

【MFクラウド】会計士いらず?ぐんぐん伸びているクラウド会計ソフト「MFクラウド会計・確定申告・MFクラウド給与」の実情を独占インタビュー!

    131 views

    読了時間 : 約10分11秒

    今回は、ぐんぐん伸びている「MFクラウド会計・確定申告」「MFクラウド請求書」を

    提供している株式会社マネーフォワードの河野様にお話をお伺いしてきました。

    最初に運営会社である株式会社マネーフォワードさんについて教えていただけますか?

    テクノロジーの力を使って、「お金のプラットフォームを作る」ことを目指している会社です。
    大きく分けて、2つのサービスを提供しています。

    申し込みはこちら

     

    クラウド会計とは

    従来は会計ソフトをパソコンにインストールをしてデータもパソコン上に保存をしていました。

    クラウド会計では、インターネット上で会計ソフトを使用することができるため、
    パソコンにインストールする手間がありません。
    また、データもインターネット上にあるためいつでもどこでも使用することができます。

    インストール型の会計ソフトよりも大幅に手間が削減されており、
    近年非常に着目されています。

    会計ソフト利用者の内、クラウド会計ソフトの利用率は
    13.2%と成長
    しており、

    今後もさらに成長していくと考えられます。

    クラウド会計ソフトの認知度は69.5%に上昇し、
    着実にクラウド会計ソフトの浸透は進んでいます。

     

     

    1つは個人向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」。利用者数は500万人を超え、このたび実施した「家計簿アプリの利用」に関するインターネット調査(実査委託先:楽天リサーチ)では、「現在利用している家計簿アプリ」でシェア第1位*となりました。

    2,600以上の金融関連サービスに対応しているので、ユーザーは、銀行、クレジットカード、電子マネー、証券、マイルなど、すべてのお金の情報をマネーフォワードのアプリやウェブサイト上で一元管理できます。*2017年4月14日現在

     

    もう1つは、個人事業主や中小企業の方向けのクラウドサービス「MFクラウド」です。こちらは「バックオフィス業務を可能な限り自動化して、もっと本業に集中できるようにする」ことを目指して開発しています。
    自動家計簿・資産管理サービスで培った金融機関との自動接続、使いやすいUIなどのノウハウに加えて、多くのユーザーや税理士先生のご意見を伺いながら開発しています。中小企業のバックオフィス業務では、会計データの手入力、毎月の請求書発行、入金確認、給与計算、経費精算など、まだまだ手間のかかる作業が多いのが実情です。これをどんどん自動化して手間をなくしていきたいと思っています。

     

    自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」とMFクラウド会計・確定申告のデータを連携させることでさらに会計処理が楽になります。詳しくはこちらをご覧ください。

     

    クラウド型会計ソフト MFクラウド会計

    MFクラウド確定申告と「マネーフォワード」の連携
    https://biz.moneyforward.com/info/final-return/moneyforward/

     

    クラウド型会計ソフト MFクラウド会計

    株式会社MM総研が2017年3月に実施した、クラウド会計ソフトの利用状況の調査でクラウド型確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』の事業者シェアが2015年12月時点より2倍以上増加し*、シェアが第2位となったことからもわかるようにユーザーが右肩上がりに伸びています。
    *2015年12月時点の結果との比較。 詳しくはこちらをご覧ください。

    [参考] ラウド型確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』、シェア第2位に浮上
    http://corp.moneyforward.com/service/20170414-mf-press/

    メインユーザーは個人事業主や中小企業の経営者や経理担当の方です。
    業種は、IT、コンサル、小売、不動産、飲食、デザイナーなど多岐にわたります。会計はどの会社にも必須業務なので、幅広くご利用いただいています。

     

    ◆MFクラウド会計・確定申告ユーザーの声◆

    ・「手入力の手間が減って会計作業がとてもラクになった」
    ・「作業が減った分、経営について考える時間ができた」
    ・「会社の数字が見える化できるようになった」

    「MFクラウド会計・確定申告」は、OSを選びませんので、Macユーザーの方にもご利用いただけます。対応金融関連サービス数No.1*を誇り、金融機関やクレジットカード、電子マネーなど約3,600のサービスに対応しています。

    口座やログイン情報を一度ご登録いただければ、毎日自動で入出金データを会計ソフトに取り込みます。取り込んだデータを解析して会計処理に必要な勘定科目を自動提案します。さらに、勘定科目をユーザーご自身で修正いただくと、その内容を会計ソフトが自動学習していきます。つまり、使えば使うほど、仕訳精度がアップする会計ソフトなのです。ユーザーからは、「入力作業が減った」、「入力ミスも無くなった」という声をいただいています。会計データを元に様々なグラフやレポートを自動生成できるため、経営に関する情報を可視化することも可能です。

    MFクラウドには、会計・確定申告のほかに、給与、請求書、消込、マイナンバー、経費の製品がありデータ連携をさせることにより、バックオフィスをさらに効率化させます。
    *2017年4月末時点

    クラウド型会計ソフト MFクラウド会計

    ■MFクラウドの強み

    【各種ソフトを連携し管理可能に】

    MFクラウドには「会計」「確定申告」「請求書」「経費」「給与」「マイナンバー」のバックオフィス向け業務効率化ソリューションがあり、経理や人事労務などに関するデータをクラウドで連携し、業務の自動化を実現することで、生産性向上・経営の見える化を実現できることがMFクラウドの強みです。

    【クラウドだから買い替え不要】

    パッケージソフトの場合は税制変更で毎回ソフトの入れ替えが必要ですが、法令改正や消費税の増税への対応や日々のサービス改善にも自動アップデートで素早く対応。従来のパッケージ型の会計ソフトと異なり、全て無料で最新機能に更新します。

    【クラウドだからいつでもどこでも、Macでも使える】

    移動中や自宅でも、データ入力や残高・売上の確認ができます。
    複数人でも使えるので、離れた場所で同じデータがリアルタイムに確認できます。
    Macでも使える点もクラウド型のメリットです。

    【必要に応じて利用サービスを選べる】

    MFクラウドには、会計、確定申告、請求書、経費、給与、マイナンバー等の各サービスがありますが、お客様のニーズやビジネスの成長に合わせて、単体でもセットでもご利用いただけます。

    クラウド型会計ソフト MFクラウド会計

    確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」
    https://biz.moneyforward.com/tax_return

    まずは、確定申告をラクにする自動会計ソフト「MFクラウド確定申告」をぜひご紹介いただきたいです。

    先程も申し上げましたが、当社の会計ソフトは、金融機関からのデータ自動取得が最大のウリですが、この恩恵を最大限受けるには、1日でも早くご利用開始いただくことをおすすめしています。

     

    なぜかと言いますと、例えばクレジットカードからデータを自動取得する場合、カード会社によっては過去数ヶ月分しかデータを取得できない場合があるんです。

    確定申告では当然1年分の会計報告が必要ですので、申告シーズンから会計ソフトの利用を始めてしまうと、1年分の会計データを自動取得できない場合も出てきます。

    結局その分は手入力しなければならなくなってしまいますので、ユーザーご自身の負担が増えてしまいます。

    まずは一日も早くアカウント登録(無料)いただき、データ自動取得設定だけでもしていただくことをおすすめしています。

    申し込みはこちら

     

     

    クラウド型会計ソフト MFクラウド会計

    連携サービス紹介|会計ソフト「MFクラウド会計」
    https://biz.moneyforward.com/alliance

     

    会計自体は毎月必要な仕事です。特に当社の会計ソフトは毎日自動でデータ取得しますので、早めにご登録いただいて、クレジットカードや銀行からデータを自動取得しておくだけでも、いざ確定申告の準備をはじめる際にラクになります。

     

    ■MFクラウド会計・確定申告の強み

    クラウド型会計ソフト「MFクラウド会計・確定申告」は、確定申告や会計・経理業務を、可能な限り自動化し、確定申告や会計処理を簡単で身近なものへと変えるために開発されたクラウド型会計ソフトです。

    製品は、個人事業主向けの「MFクラウド確定申告」、中小法人向けの「MFクラウド会計」の2種類ご用意しております。

    【クラウド会計ソフトシェア第2位!】

    個人事業主向けのクラウド会計ソフトで第2位のシェアを誇り、多くのお客様から支持されています

    ※2018年3月(株) MM総研 [ 東京・港 ] 調べ
    マネーフォワード:21.1%
    クラウド会計ソフトの利用状況調査(2018年3月末)
    https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=299

    【自動入力で経理がラクに。自動連携数も国内No1※】

    ※2016年12月末日時点。マネーフォワード調べ 
    銀行やクレジットカードの連携で、会計処理や経理が大幅にラクになります。
    また、連携可能な銀行やクレジットカードなどの金融関連サービス数は国内No1の3,600以上。最も幅広く自動入力をご利用いただけるクラウド会計ソフトです。

    【人工知能・機械学習(AI)で、使うほど学習、賢く便利に】

    人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案。MFクラウドは使うほど賢くなって、自動入力・自動仕訳がどんどん楽になります。

    【業界最安水準】

    個人事業主は、初期費用無料、基本機能無料。
    全機能をフルに使える有料プランは個人事業主が月額800円、法人は月額1,980円と業界最安水準です。

    【ユーザー満足度93%】

    2018年3月度のユーザーアンケートによると、93%のお客様が引き続きMFクラウドを利用したいと回答しました。また、MFクラウドを利用して確定申告がラクになったと答えたお客様は8割以上と、高評価をいただいております。
    ※ユーザーアンケートより(2018年3月実施)

     

    MFクラウド給与

    申し込みはこちら

    MFクラウド給与のメリット

    • クラウドだから、料率・税率が自動でアップデート
    • パソコンにインストールしないから、いつでもどこでも利用できる
    • 給与計算がはじめての人も、ガイド通りに設定すれば自動で計算される
    • MFクラウド会計と連携できるから、給与データもMFクラウド会計で自動仕訳される
    • MFクラウドマイナンバーと連携できるから、マイナンバーを法定調書などに印字できる
    • 年末調整も自動で計算。さらに印字までできる
    • 従業員の給与明細はWebで見られるから、紙の手間とコストを削減できる
    • サポートも電話・チャット・メールで充実(無料プランでもサポートを使える)
    • 1名なら無料、2名以上でも2,500円~
    • 初期コストは無料
    • 最初の30日間は2名以上でも無料

    株式会社マネーフォワード 亀井さん

    MFクラウド給与のメッセージ

    現在、クラウド型給与ソフトの利用者がとても増えております。既存のインストール型給与ソフトやエクセル管理と比べ、使いやすく、とても便利と思っていただけているためです。

    しかし、インストール型と比較すると、まだまだ浸透していないのが現状です。

     

    MFクラウド給与は、過去に給与ソフトを使っていなかった方も、給与ソフトを使ったことがある方も、ご利用いただくととても使いやすいと評価をいただいています。

     

    個人事業主の方が「一人だからとそれまでは給与計算ソフトを使わずにエクセル管理をしていたが、MFクラウド給与を使うと、作業効率も上がり、しかも無料(MFクラウド給与は従業員が一人の場合は無料)」と驚いてご利用されることもあります。

     

    MFクラウド会計をご利用いただいている方が、MFクラウド給与を使うと自動的に給与支払い分を会計と連動して仕訳をすることが出来るので、MFクラウドサービスを使い倒すことでより便利になる点もとても満足度が高いです。

     

    MFクラウド給与では、常日頃ご利用者様の声を聞き、フィードバックを受けることで、チーム全員でサービスの使いにくい所、わからない所を改善し、良い評価をいただいています。

     

    近い将来、給与ソフトはクラウド型が主流になります。

     

    ■MFクラウド給与の強み

    「給与計算」「賞与計算」「所得税計算」「社会保険料計算」「雇用保険料計算」「年末調整」「勤怠管理」と複数機能を使用できるソフトです。

    間違いやすい所得税や保険料など自動で計算され、面倒な勤怠管理もできるので効率アップが可能なシステムです。

     

    【安心できる給与計算】

    知識がなくても法令に準拠した給与計算を行えることは、MFクラウド給与のテーマの1つ。
    知識がなくても労働基準法に準拠した給与計算ができるように、45時間超残業手当や60時間超残業手当にも標準対応している。
    また、間違いがちな社会保険料の控除時期も、入社日や退社日をキーにシステムが自動で判断。

     

    【3パターンの給与体系に対応】

    所得税の計算に必要な扶養人数も、家族の誕生日や同居の有無等を入力することで自動で集計。
    また、「電子計算機を使用する場合の計算式」「税額表(月額表)」のいずれにも対応済み。

     

    【銀行口座振込にも対応】

    給与計算を正しく行うことはもちろん、その後の給与振込みまで間違いのない仕組みを提供。MFクラウド給与では、給与計算結果からFBデータをボタン1つで作成できるため、振込金額を間違えることもありません。

     

     

     

     

    ■MFクラウド請求書の強み

    【たったのワンクリックで郵送が簡単にできる】

    「MFクラウド請求書」は、郵送ボタンをクリックするだけで、請求書を郵送できる。
    請求書郵送のたびに手間だった印刷・封入・送付作業を、「MFクラウド請求書」が代行してお客様の業務効率化を支援。

    【利用ユーザーに応じた権限管理で作業ミスを削減】
    事業所ごとにメンバーを追加することができ、複数人で共通のデータの閲覧が可能。また、「閲覧のみ可能なメンバー」や「編集も可能なメンバー」というような権限の管理を行うこともできる。
    管理者や作業者に応じた適切な権限を付与することによって、意図せずして請求書が上書きされてしまうといったようなリスクを回避することができる。

     

    【毎月の請求書は、定期発行で自動作成】

    「毎月自動作成」機能を使うと、同じ内容の請求書を毎月作成する手間がなくなる。
    毎月作成する請求書は、一度スケジュールの登録をしていただくと、自動で定期発行ができるようになる。 また、繁忙期に起こりがちな請求書の発行漏れを防ぐこともできる。

     

    【会計ソフトとの自動連動で売掛金管理の手間を削減】

    マネーフォワードが提供するサービス「MFクラウド会計・確定申告」との自動連携が可能。 請求書を作成して送るだけで、「MFクラウド会計・確定申告」に支出データが自動的に記帳され、会計処理の効率が格段に上がる。
    また、入金時の消込処理とも連動しているため、売掛金管理が非常にカンタンになる。

     

    【金融機関から入金情報を自動取得、毎日自動で消込】

    金融機関を登録しておくことで、毎日自動で入金データを取得します。このデータをもとに、請求書から作成された入金予定データと自動的に消込を行う。
    自動的に消込ができなかったデータも、一度手動で消込を行えば学習し、次回から自動で消込が行われるようになる。
    許容誤差を設定しておくことも可能。

     

     

    ■MFクラウド経費の強み

    レシートをスマートフォンアプリで撮影し、自動取り込みで簡単に明細入力。移動時などのちょっとしたスキマ時間に経費の申請、承認ができる。
    金融機関の口座やクレジットカード等と連携して、経費登録をするための設定もできるので手入力の必要がなくなる!
    ICカードリーダー by マネーフォワード (Androidアプリ)をしようすると各種交通系ICカードの読み取りが可能となり、交通費精算も簡単に。

    【領収書を撮るだけ!簡単入力】

    専用のスマートフォンアプリでレシートを撮影したり、PCからMFクラウド経費上にアップロードするだけで「日付/支払先/金額」を自動で読み取り明細に。(OCR機能)
    手動で入力する必要が無いため、経費精算の時間を大幅に削減できる。

     

    【カード利用も連携で経費データを自動取得】

    金融機関の口座やクレジットカード等と連携して、経費登録をするための設定を行うと情報が自動連携され手入力の必要がなくなる。登録できる口座やカードは3,500以上あるため、ほぼすべての口座・カードに対応。

     

    【ICカードリーダーで交通費精算も簡単に】

    ICカードリーダー by マネーフォワード (Androidアプリ)をダウンロードすると、Android端末(NFC機能を実装している)で各種交通系ICカードの読み取りが可能に。
    読み取ったデータを「MFクラウド経費」に転送し、経費登録が簡易に行える。
    1台のAndroid端末に上記アプリをインストールし、複数のメンバーで利用することも可能。社内の入り口等に設置し、営業から帰ったらかざし、データを随時読み込む運用が便利。

     

    【スマホアプリで簡単経費処理】

    アプリをダウンロードしたスマートフォンを利用して「経費登録」「経費申請」「経費承認」をすることができる。
    オフィスにいなくても外出先から登録、申請、承認ができるので移動時などのちょっとしたスキマ時間に処理できスピーディーな対応が可能に。

    株式会社マネーフォワード 今井さん

    MFクラウド経費メッセージ

    経費精算業務は手作業で紙の取り扱いも多く手間のかかる業務で、効率化されていない企業がほとんどです。
    経理担当者だけでなく、営業などの一般の従業員も
    煩わしいと感じており、MFクラウド経費を使うことによって、
    作業量の減少や、業務にかかる時間の削減、
    心理的な負担の軽減など様々なメリットがあります。

    申し込みはこちら

    (※本稿は「クラウド会計ソフト「MFクラウド」シリーズの
    実情を独占インタビュー!

    」を許可を得て引用、掲載したものです)

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ