話題

話題

【AI】人工知能搭載みまもり介護ロボットが介護施設で活躍できる時代に!

1,992 views

エルステッドインターナショナル株式会社は、9月19日(月)敬老の日の13:30〜15:00、サービス付き高齢者向け住宅の青山メディケアに「Tapia(タピア)」を贈与する贈呈式を開催するそうです。

 

「タピア」は、人の心を理解する人工知能(AI)を搭載する、みまもり介護ロボットです。

 

同社は、これからの介護業界の新たな即戦力、シニア世代の人生に元気と笑顔をもたらす新しいライフパートナーとしてのロボットを提案しています。

 

「タピア」ができるのは高齢者を癒すことだけではありません。

 

介護施設内での暴力や窃盗などが最近ニュースなどで取り上げられています。防犯カメラで監視することは可能ですが、入居者にとっては我が家であり生活の場です。カメラに監視されながら生活をすることはストレスだという意見が数多くあったことから、同社は、そのストレスを軽減すべく、見た目も愛らしいタマゴ型の「タピア」に、みまもり機能を搭載しました。

 

家族がスマートフォンから「タピア」のいる現場を確認できる機能も搭載。見たい時に見れるので、家族も安心です。

 

これまでのロボットとは違い、癒しに加え防犯の要素も含みました。さらに、今年中に自動アップデートされる機能として、AIを使ってロボットが独自に危険を判断する機能も搭載予定なのだそうです。

 

「タピア」の機能
sub2
みまもり機能
一定時間、タピアと交信がない場合、家族への通知をし、離れた場所にいてもスマートフォンからリアルタイムにモニタリングができます。また、写真撮影もでき、いつでも家族の近況を報告できたり、健康状態をチェックできます。さらに、ビデオ通話機能もあり顔を見ながら会話ができるので離れていてもつながりを感じられます。

 

生活サポート機能
起床や就寝の時間などのスケジュール管理に天気予報やニュースの読み上げ、登録したスケジュールお知らせ機能も搭載。

 

会話機能
顔認識機能・感情表現と好感度システムにより、ユーザーの喜怒哀楽の認識や会話のペース、会話内容などを判別し、状況に応じて表情豊かに会話をします。

 

将来的な機能を含むそうですが、タピアは介護業界の頼もしいパートナーになりそうですね。

関連記事

おすすめ記事