ワークスタイル

ワークスタイル

適度な飲酒は存在しない?飲酒は必ず健康に悪影響を及ぼします。

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、There Isn’t Any “Safe Level” of Alcohol Consumption | New Study
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

357 views

読了時間 : 約1分47秒

・アルコールの健康リスクを調査した新しい大規模な研究が行われました

・1990年から2016年の間に195か国で実施され、2800万以上の人を対象にした597の研究を考慮しています

・研究によると、どんなレベル(適度含)のアルコール摂取も健康に害があると示している

 

 

アルコールは死や障害の主要な理由の1つですが、その健康との関係はまだ完全に解明されていません。アルコール摂取によって起きる危害を特定することは、個人の飲酒習慣や消費量に依存している中毒もしくは内蔵の怪我を引き起こすような急性酩酊のような、いくつかの要因があり複雑です。

 

 

アルコールの健康への影響を正確に分析するためには、これらすべての要因を注意深く考慮する必要があります。最近、ランセットが190以上の国や地域でのアルコール利用の体系的な分析や負担を載せました。

 

 

過去のレポートの改善

 

この研究で、研究者達はあいまいなアルコール摂取の予測や健康に関連する問題を5つの主なステップを改善しようとしました。

 

 

1.現在の飲酒者のアルコール量を測るため、彼らは690人以上かつ人口レベルデータソースを統合しました。
2.彼らは、旅行者が飲んだアルコール摂取の人口レベルデータソースを変更するテクニックを構築しました。
3.記録されていない人口レベルアルコール摂取量の考慮を強化した
4.アルコール消費と23の関連する健康問題について新しい調査を実施し、関連するリスクの用量反応曲線を構築しました。
5.新しいテストテクニックと関連するリスク曲線を利用して、彼らは個人の全体的な関連リスクを減らすアルコール摂取の露出を決定しました。

 

 

飲酒には安全なレベルはないという結果となりました。これは、一日2杯までのアルコール消費が有益とする健康ガイドラインと対立します。男性の6.8%、女性の2.2%が毎年アルコール関連の健康問題によって死んでいると研究で示されています。実は、一日1杯の飲酒は23個のアルコール関連の健康問題のうちの1つのリスクが0.5%上がります。さらに、15歳から49歳の間では、12.2%の男性の死と3.8%の女性の死がアルコール消費に関係しています。

 

 

アルコール消費量に関わらず、特に男性はアルコールが健康問題に依存していて、人口レベルでの消費量を減らすことを強調するガイドラインや規制は、アルコール摂取による健康の低下を効果的に減少させます。

 

相対的なリスク曲線を予測することにより、研究者は日々の飲酒量の増加によってリスクが単調に増加することを発見しました。

 

 

しかし、私達はあまりこの件に関して皆さんに気にしてほしくはないので、適度な消費のリスクはかなり低いと言及します。リスクの範囲は常に存在していますが、絶対禁酒主義者になれといっている訳ではありません。夜ごはんを食べることから道路を渡るなどの日常で行うすべての行動はリスクを伴います。ただ、これらのリスクを理解し管理する必要があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ