ワークスタイル

ワークスタイル

世界で活躍するインド人CEO10人

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、10+ Biggest Companies Lead by Indian CEO
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

62 views

読了時間 : 約4分25秒

最高経営責任者/ CEOは、組織の最高ランクの執行役員です。CEOには、取締役、意思決定者、リーダー、マネージャー、執行責任者の役割があります。Satya Nadellaは、1週間足らずで世界規模の企業の1つであるMicrosoftのCEOとして世界的に知られることになりました。ここでは、10人の大企業のインド人CEOを紹介します。

 

11. Sanjay Jha

 

Sanjay Jha写真: Engadget

 

Sanjay Jhaは、Global FoundriesのCEOであり、Motorolaの前CEOです。彼はインドのビハールで生まれ、リバプール大学で工学の学位を取得し、ストラスクライド大学で電子工学の博士号を取得しました。2014年1月7日、Global FoundriesのCEOに就任しました。 Global Foundries は総資産50億ドルの半導体ファウンドリです。

 

10. Sanjay Mehrotra

 

Sanjay Mehrotra

 

SanDiskは、1988年にEli Harari博士、Jack Yuan、SanjayMehrotraによって設立されたフラッシュメモリストレージを製造する多国籍企業です。 Sanjay Mehrotraは、2011年1月1日からSandiskの共同創設者兼CEOに就任しました。 製品は100か国以上で販売されており、総資産は62億ドルです。2012年、Thomson Reutersは、Sandiskをグローバルイノベータートップ100の1つに指定しました。

 

9. Ajaypal Singh Banga

 

Ajaypal Singh Banga

写真: Huffingtonpost

 

Ajaypal Singh Bangaは、2010年4月12日にMastercardの社長兼CEOに就任しました。彼は、デリー大学セントステファン校で経済学の学士号を取得し、IIMアーマダバードでMBAを取得しています。1981年にNestleに入社し、マーケティングとゼネラルマネジメントを13年間担当しました。その後13年間、PepsiCo とCitigroupのシニアマネージャーに就任しました。Mastercardには、世界中に7000人以上の従業員がおり、総資産は75億ドルあります。

 

8. Piyush Gupta

 

Piyush Gupta

写真: Forbes

 

Piyush Guptaは、2009年11月9日からDBS GroupHoldingsの最高経営責任者に就任しています。DBS bank Ltdはシンガポールに拠点を置く銀行です。DBS bank は、東南アジアで最大の銀行であり、総資産は80億ドルになります。50の都市に250以上の支店と1100以上のATMがあります。 また、2008年にはCitibank Singapore Ltdの東南アジアおよび太平洋地域の最高経営責任者を務めました。

 

7. Ajit Jain

 

Ajit Jain

写真: Hindustantimes

 

Ajit Jainは、インド生まれで、Berkshire Hathwayの社長兼共同CEOであり、総資産は100億ドルあります。 Forbes Global 2000によると、Berkshire Hathwayは世界で9番目に大きな上場会社です。Ajit Jain氏は、IIT Kharagpurを卒業し、アメリカのハーバードビジネススクールでMBAを取得しています。2014年2月3日の時点で、Berkshireの株は1,620億ドルで売却され、ニューヨーク証券取引所で最も高値の株となっています。

 

6. Rakesh Kapoor

 

Rakesh Kapoor

写真: Rediff

 

Rakesh Kapoorは、インド人で、ReckittBenckiserの最高経営責任者です。 ReckittBenckiserは、総資産160億ドルのアングロオランダの多国籍消費財企業です。この会社は、健康、衛生、家庭用品の一大企業です。約60か国で事業を展開し、200か国以上で製品を販売しています。Dettol、Strepsils、Veet、Air Wick、Durex、 Lysol、 Vanishは世界中でよく売れている製品です。

 

5. Ivan Menezes

 

Ivan Menezes

写真: NDTV

 

Ivan Menezesは、総資産190億ドルのDiageoの最高経営責任者です。Diageoは、イギリスのロンドンに本社を置く多国籍アルコール飲料会社です。この企業は、スピリッツの世界最大の生産者であり、ビールとワインの一大生産者です。Smirnoff(世界で最も売れているウォッカ)、Johnie Walker(世界で最も売れているスコッチウイスキー)、Baileys(世界で最も売れているリキュール)、Guinness(世界で最も売れているスタウト)は人気のある製品です。これらの製品は180か国以上で販売されており、約80か国にオフィスがあります。

 

4. Anshu Jain

 

Anshu Jain1

写真: wikipedia

 

Anshu Jainはインド出身で、2012年6月1日にドイツ銀行の共同CEOに就任しました。彼は、デリーのシュリーラムカレッジオブコマースで経済学を学び、マサチューセッツ大学でMBAを取得した後、2010年7月にドイツ銀行に入行しました。 ドイツ銀行はドイツにある銀行およびグローバルサービス企業であり、70か国以上に10万人以上の従業員がいます。1870年にベルリンで設立され、現在では総資産430億ドルです。

 

3. Indra Nooyi

 

Indra Nooyi

写真: wikimedia

 

Indra Nooyiはインド系アメリカ人で、現在はPepsicoの最高経営責任者です。 彼女は2006年から(CEOとして)働いており、同社は世界中で30万人以上の従業員を雇用しています。 Pepsicoは世界第2位の食品および飲料企業であり、純売上高は660億ドルです。 2013年、彼女はフォーブスの世界で最も強力な女性トップ100で10位に選ばれました。

 

2. Sundar Pichai

 

Sundar Pichai

 

Googleの共同創設者であるLarry page とSergey Brinは、Googleや他のブランドの親会社として新しくAlphabetを設立しました。 Sunder Pichaiは、プロダクトチーフを務めた後、2015年8月10日Googleの次のCEOとして発表されました。

 

Pichaiは2004年Googleに入社し、ChromeブラウザやOSなどのクライアントソフトウェアプロジェクトを主導し、Googleドライブ、Gmail、マップを主に担当しました。2010年に、彼は新しいビデオコーデックVP8のオープンソースを発表しました。

 

1. Satya Nadella

 

Satya Nadella - Biggest Companies Lead by Indian CEO

写真: wikipedia

 

2014年2月4日、SatyaNadellaは最も価値のある企業の1つであるMicrosoftのCEOに任命されました。 その日、SatyaNadellaは次のように述べています。「私たちは、私たち一人一人が自分の仕事に意味を見いださなければならないと心から信じています。 最高の仕事は、単に仕事をするというだけでなく、他の人々の生活を向上させることができます。」

 

現在Microsoftは、インド人CEOが率いる、総資産780億ドルの企業になりました。Windows、Bing、Office、Skype、Xbox、Azure、SurfaceなどのMicrosoft製品は世界中で使用されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ