デザイン

デザイン

PR

iPhoneのカメラで素敵な写真を撮るための10のヒント

2,284 views

読了時間 : 約2分36秒

質の高い一眼レフで素敵な写真を撮りたいと思ったことはないですか?

高価な一眼レフがないからとあきらめていませんか?

iPhoneのカメラを利用し、適度に光を調節すれば、一眼レフに引けを取らない素晴らしい画像が撮れるんです!

本記事で提案する10のヒントの助けを借りれば、iPhoneで一眼レフと見間違うくらいの素晴らしい画像が撮れるはずです。

 

 

1.ズーム機能は使わない

 

つい使ってしまうのが、ズーム機能です。しかし、ズーム機能はお勧めではありません。遠距離から撮影するば、クオリティが格段に下がり、ノイズのある背景、ざらざらした質感は避けられません。ズーム機能を使用する代わりに、出来るだけ被写体に近づいて撮影をしましょう。

 

 

2.フラッシュ機能を使用しない

 

iPhoneのフラッシュ機能は、十分に光らず、背後は真っ暗で素敵な写真とは程遠いでしょう。背後は暗いのに、被写体は、露出過度で真っ白に光り過ぎてしまうのです。代わりに自然光または屋内の光を代用しましょう。

 

 

3.手は固定する

 

ピンボケを防ぐには、被写体をしっかりと固定することです。そして、自分の手の揺れを防ぐには、iPhoneをカメラと同じように手に持ち、3,2,1と撮る前に数を数えます。壁や椅子など、何かにもたれながら撮影するとより揺れを防止できます。シャッターボタンは、光をより多く吸収するために、できるだけゆっくりと押します。

iphonetips_01

 

 

4.フォーカスをしたい箇所を指でタップ

 

新しいバージョンのiOSには、オートフォーカス機能が搭載されています。カメラが自動でフォーカスポイントを認識し、そこに焦点を当ててくれる機能です。自分でフォーカスポイントを指定することも出来るのです。フォーカスしたい箇所をタップすればその箇所に光を集めてくれます。

iphonetips_02

 

 

5. 異なったアングルを試してみる

 

真っすぐに直立して写真を撮るばかりでは平凡でつまらない、iPhoneならもっといろいろなことが出来ます。その軽量性を利用した画像を撮りましょう。しゃがんで、低い角度から撮影したり、混雑した場所で床に座りながら撮ったり、はたまた椅子に昇って撮影してみたり。被写体だけでなく、空間を広く見せることも可能なのです。被写体を小さく見せたり、大きく見せたり、より深くしたり強調したりすることでドラマが生まれます。

iphonetips_03

 

 

6.iPhoneのカメラは清潔に保つ

 

iPhoneを常に持ち歩いていれば、ケースに入れていてもカメラは汚れているはず。iPhoneカメラのレンズは非常に小さいので、小さな汚れや指紋があっても撮影した写真の品質に影響します。たまに、眼鏡を拭くような優しい布でお掃除してあげましょう。アルコールや化学物質を含んだ液体で拭くのは絶対にやめましょう。

iphonetips_04

 

 

7.最高だと思えるまで撮り続ける

 

一昔前は、出来栄えを見るためには現像をしなければなりませんでした。しかし、デジタルカメラでは、ほぼ無料で飽きるまで何度でも何度でも撮り続けられます。もちろん、バッテリーとメモリーは必要ですが、現像する労力とは比べ物になりません。マルチショット機能を使ってその中から良いものを選ぶことも可能です。また、気に入らない画像でも編集アプリを使えば、改善できるのです。

iphonetips_05

 

 

8.アプリを利用してみる!

 

先ほども述べましたが、iPhoneには数多くの画像編集アプリがあります。コラージュを作ったり、画像を合体したり、フィルターやオーバーレイ機能、コミック風に加工するなど様々な機能が備わっています。

iphonetips_06

 

 

9.周りを探索してみよう!

 

少し動き回ってみれば、被写体になるものが多く見つかるはずです。街角の看板や斜面、普段の生活に驚くほど魅力な被写体があるのです。魔法の時は一瞬です。いつでも撮影の準備をしておきましょう。

iphonetips_07

 

 

10.長押ししてから離す

 

被写体を鮮明にし、背後をぼやけた感じに撮りたいですか?そのヒントは、ボタンを数秒押し続けた後、ボタンから手を放してみます。これは手ぶれを防ぐにも最適です。

 

 

※本記事は、10 Tips for Better iPhonographyを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ