デザイン

デザイン

【2018保存版】チームビュアーTeamViewerの代わりに使えるパソコン遠隔操作ソフトウェア13選

本記事は、13 Best TeamViewer Alternatives Of 2018
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    389 views

    読了時間 : 約6分53秒

    TeamViewerは間違いなく、最も有名なパソコンで使用できるソフトウェアの一つでしょう。自分のパソコンを遠隔で操作できるように設定することのできるアプリケーションで、オンラインの会議やリアルタイムで人を援助する時などに使われます。システム開発者もデプロイをやりやすくするためにTeamViewerを使います。

     

    他の物事にも言えることですが、こういったものには下位互換が存在します。TeamViewerは様々な討論を巻き起こしていました。が、ついに2016年には、プラットフォームがハッキングを何度も受け、ユーザーはお金などを失うことになったものの、その会社はそのような事実はないと否定を繰り返しました。

     

    さらに、TeamViewerや似たようなソフトが詐欺グループによって使われ、テクニカルサポート詐欺が横行するということも起こりました。専門的にいうと、セキュリティとは関係がないのですが、会社のイメージを傷つける結果となりました。そのため、他のサービスをお探しなら、選択肢を総ざらいしてから使うソフトを決めるべきでしょう。

     

    この記事では、TeamViewerの代わりとなる遠隔操作を行うことのできるソフトウェアを13個も取り揃えました!

     

    13.Supreme Remote Desktop

    値段: 38ドル〜

     

    プラットフォーム: Windows、Android、iOS

     

    Nanosystemsによって開発されたこのソフトウェアは、完璧な遠隔操作を可能とします。ファイヤーウォールやルーターを必要としない効率的なデータ転送プロトコルを備えています。同時に多数のユーザーが同じデバイスにアクセスすることが可能で、単純なドラッグとドロップだけでファイルを転送することができます。

     

    高機能なチャット機能も付いていて、簡単にコミュニケーションをとることができます。セキュリティのことが心配ならば、SupremoはAES 256-bit暗号化を使っている上に、ランダムな4-digitのパスワードを発行します。さらに凝固なパスワードを発行することも可能で、あなたのデバイスを安全なものにすることや特定のIDをブロックすることもできます。

     

    12. Be AnyWhere

     

    値段: 29ドル〜

     

    このソフトウェアは一方的な監視や遠隔操作で問題を解決することのできるプラットフォームとなっています。シンプルかつ効果的で力強いアプリなので、使っていないシステムにもアクセスすることが可能です。管理セクションがシステムマネージャーにサポートチームを監視するのに必要なツールを与え、行動の指導をします。

     

    注目に値する特徴は、ファイル転送やVolP、チャット、サポート機能となります。TLSやAES暗号化を使っているのでプライバシーはバッチリ守られます。ちなみに2015年にSolarWindsという会社がこのプラットフォームを買い取りました。

     

    11. LogMein Pro

    値段: 月49ドル〜

     

    デメリット: 値段が高い

     

    LogMein Proはアメリカの会社のSaaSによって作られたデスクトップ共有ツールとなります。遠隔操作で容易にドキュメントにアクセスできるし、同僚と情報を共有したり、協力し合うことができます。さらに遠隔操作で印刷することも可能なのです。

     

    他とは卓越した機能を持つ一方、無料バージョンがないことや高いプランというのがデメリットとなってしまっています。

     

    10. GoToMyPc

    値段: 月20ドル〜

     

    デメリット: 無料バージョンがないこと

     

    ブラウザベースのアプリとなっていて、ユーザーは安全にPCを遠隔操作することができます。簡単にファイルを転送することもできるし、ボイスメールを聞くこともできます。こちらのソフトウェアを始めるには、オンラインアカウントを用意し、アプリケーションをダウンロードする必要があります。

     

    あとはログインするだけでどのようなパソコンにも遠隔操作で操作を加えることができます。3種類ものプラットフォームが用意されていて、それぞれプロフェッショナル、プロ、法人となっています。まとめるととても速く、TeamViewerに匹敵するソフトウェアとなります。

     

    9. TightVNC

     

    値段: 無料

     

    TightVNCはクロスプラットフォームをもつオープンソースの遠隔操作ソフトウェアとなります。さらにRFBと提携して、遠隔操作のファイヤーバッファー(GUIsの遠隔操作を可能とするオープンプロトコル)を兼ね備えています。完全無料で使うことができ、個人用にも商業用にも使うことができます。

     

    このソフトウェアはタイトエンコード技術を用いていて、データのサイズを削減したり、インターネットにそこまで繋がってなくても良いパフォーマンスを行います。DFMirageドライバーを使ってスクリーンのアップデートを探知する機能やズームアウトやズームイン機能、ファイル転送機能を含みます。

     

    8. Remote Desktop Connection

     

    値段: 無料

     

    メリット: 完全無料でWindowsに内蔵されている

     

    デメリット: Windowsでしか使えず、セットアップが複雑

     

    Windowsのプラットフォームで無料なデスクトップ共有ツールをお探しならば、こちらのツールがぴったりです。WindowsユーザーのデスクトップをLANやインターネットを通じて他のWindowsの機器につなげることができます。

     

    簡単に言うと、オフィスのPCを使いながら、家のデスクトップにあるファイルやプログラム、素材を動かすことができるわけです。とても速く、TeamViewerに匹敵するくらい高機能なのですが、Windowsでしか使えないのがデメリットです。

     

    7. Mikogo

     

    値段: 月14ドル〜

     

    メリット: オンライン会議をまとめるのに最適

     

    デメリット: シームレスウィンドウがない

     

    マルチプラットフォームとなっていて、オンライン会議を開いたり、他の人と協力してプロジェクトを進めることを可能にしてくれます。ミーティングのスケジュールやハイクオリティなVoIP、遠隔会議、レコードツール、ファイルの転送といった特徴を持っています。セキュリティには256bitslにAES暗号が使われています。

     

    他のアプリと同様に個人用の場合は無料で使うことができ、商業用の場合はいくつかのプランがございます。

     

    6. AnyDesk

    値段: 無料、有料版は月79ドル〜

     

    メリット: ファイル転送機能、企業サポート

     

    AnyDeskは有名な遠隔操作ソフトウェアで、とても特徴的な特色を備えています。速く、信頼ができて、何よりもセキュリティがしっかりしているのです。高等なTLSq.2プロトコルとRSA2048bit暗号使っているので、誰もあなたのネットワークに忍び込むことはできません。

     

    とても速いので、野獣とも呼ばれているこのソフトウェアはインターネットのコネクションが弱くてもしっかりデータを転送することができます。

     

    商業用に使いたいユーザーは自分の企業ネットワークを組み上げることができ、企業のデータをフルコントロールすることができます。どのような遠隔操作を記録もしています。

     

    AndroidやLinux、FreeBSDのようなOSで使えるので、互換性の心配をすることなく仕事ができます。個人用にも商業用にも完全無料のソフトウェアとなっています。

     

    5. UltraVNC

    値段: 無料

     

    メリット:オープンソース

     

    デメリット: Windowsでしか使えない

     

    UltraVNCはWindowsにための無料でオープンソースのソフトウェアです。インターネットやネットワークを通して離れたデスクトップに簡単にアクセスすることのできるRFBを使っています。

     

    遠隔操作はデスクトップを複製することやカーソルやキーボードの動きと遠隔先に送ることによって可能となります。どちらのシステムともVNCもシステムを必要とします。

     

    リモート操作以外にもUltraVNCによってサポートされたチャットやファイル店沿いといった機能が備わっています。セキュリティには暗号プラグインを使っていて、認証作業が必要です。

     

    4. Chrome Remote Desktop

    値段: 無料

     

    メリット: クロームベース、互換性が高い

     

    デメリット:  ファイル転送機能がない

     

    グーグルクロームの遠隔操作システムはchromotingと知られるプロトコルを使用しています。このアプリによって両方のデスクトップとも自分のパソコンのように見たりコントロールすることができます。

     

    こちらのシステムを使うにはクロームのブラウザと拡張子が必要です。無料で使えて互換性が高いのはとてもポイントが高いのですが、大事なファイル転送機能がないのがデメリットとなってしまっています。

     

    3. TigerVNC

    値段: 無料

     

    メリット: オープンソース

     

    デメリット: 転送機能なし

     

    こちらもオープンソースの遠隔操作アプリとなっていて、VNCプロトコルによってアクセスを可能としています。クリーンでシンプルなインターフェイスを持っていて、アウトプットするのに最適な要素をしっかり持っています。

     

    コネクションを築くには、手動でIPアドレスを打ち込まなくてはなりません。そして、データ圧縮や色の具合を決めることができます。セキュリティはTLS暗号そ使っています。さらなるセキュリティのための拡張子もあります。

     

    2. Remmina

    値段: 無料

     

    今現在使える無料の遠隔操作ソフトウェアで最高峰のものがこちらとなります。無料で安全でシステム管理の必要性を完全に満たしているのです。ネットワークプロトコルの半分を支え、RDPやXDMCP、VNC、NX、SPICEを含みます。

     

    Ubuntuのためのデスクトップ共有ツールとなっていて、Deibiamのパッケージにも含まれています。Remminaはドラッグやドロップによる転送機能や多数のセッション、AES-256bit暗号を使用しているので、情報をしっかり守ることができます。

     

    コネクションを築くには、どのプロトコルやIPアドレスを使うかしっかり決める必要があります。コネクションの質や色の具合を決めるのも無料となっています。

     

    1. VNC Connect

    値段: 無料、有料版は40ドル〜

     

    RealVNCとして知られているこちらのソフトウェアは、違うプラットフォーム間での遠隔操作を可能とし、WindowsやAndroid、iOSを含みます。RFB/VNCプロトコルを導入しているのでとても速く遠隔先のパソコンを操作することができます。

     

    VNCコネクトは3種類のバージョンがあり、それぞれオープン、プロフェッショナル、企業エディションとなっています。オープンエディションは無料ですが、転送機能がなかったり、128bit AES暗号でセキュアされています。プロフェッショナルエディションは遠隔印刷や転送機能がしっかりとついています。

     

    最後に、企業エディションはメディアや大企業にぴったりの代物です。高いセキュリティ(128bitsの代わりに256bits AESを使用)、細かなサポート、チームマネジメントのオプション、設定の厳重さ、集中されたデプロイメントといった特徴を持っています。

     

    おすすめタグ