デザイン

デザイン

【完全版】UXを効果的にするプロセス・アプローチ方法を丁寧にご紹介

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Creating a Solid UX Process
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

126 views

読了時間 : 約2分55秒

この記事では、特定のツールを紹介しません。他の記事で紹介されています。アプローチやプロセスにフォーカスします。

 

プロセスには、よく作用するものとそうでないものが含まれます。しかし、全てのプロジェクトは、改善や調節を続け、よりよくなります。経験して数年後でも、ビジネスに大きな影響を与えるために改善を続けます。

 

「どちらが変化したら良いとは言えません。言えることは、よくなるためには変化する必要があるということです」ージョージ・G・リッチンバーグ

 

我々のプロセス

 

ユーザーを深く理解するためには、デザインプロセスを始める前に、重要なエリアを考えることです。それぞれのユーザーがポイントを持っています。異なるユーザータイプ向けの製品の場合(マーケットプレイスアプリなど)異なる理由でアプリを使用します。そのため、その点を最初に理解しておくことが大切です。

 

どのようにするのか?ユーザーのペルソナを作成し、ユーザー研究をしましょう。特定の問題の素晴らしい解決策を見つけるためには、これらのペルソナにフォーカスしなければいけません。

 

UXの問題を解決するのは、アナログな方法です。このプロセスは、紙のプロトタイプに基づきます。このアプローチはラピッドプロトタイピングとさらに速いイテレーションに向いています。クライアントの観点から、それはまた魅力的で楽しい経験です。

 

クライアントと顔を合わせて仕事していなくても(リモートデザインスプリントなど)内部ではいつも同じアプローチを使用します。うまくいくのです。紙のプロトタイプは、完璧でなくても大丈夫です。簡単にフローをテストします。アイディアの問題点を理解することができ、意見の不一致を防いだり、費用の使いすぎや低いコミットメントをすぐに解決します。これがうまくいかなかったら、紙をリサイクルしてまた次のアイディアを試してみてください!

 

ホワイトボードに主題を書いている間、Realtime Boardに新しいボードを設定します。簡単に早くプロジェクトの多くの情報を(短く、利点、インスピレーション、ワイヤーフレームなど)を集めることができます。また、Realtimeはこれを維持する最適な方法です。大きなデジタルホワイトボードだと思ってください。

 

クライアントと面と向かって会議することは理想的です。これが我々のプロセスの一番大きな部分であり、満足度の高い方法でもあります。

 

これら全てのコラボレーションの成果は、トップレベルの製品フローです。次のステップは、これをワイヤーフレームの形でデジタルで再現することです。我々のデザインストックはこの挑戦と信頼を積み重ねてきました。全ての製品デザイナーには、各自の好みがあり、ツールは幅広くあります。igma, Invision Studio, Adobe XD, Balsamiqなど、リストはたくさんあります。しかし、我々は、実験的なケースを使用します。自分にあった方法を探しましょう。

 

考えなくてはいけないことの1つは、コラボレーションです。ドキュメントを共有したり、コメントをしたり、同時に1つのドキュメントで作業したりすると便利ですね。Marvelプロトタイプでは、直接レビューしコメントすることができます。フィードバックがもらえる単一の情報源です。これはクライアントにとって素晴らしいことであり、フィードバックを確認し、解決する最も簡単な方法です。

 

 

我々は、正確なワイアーフレームをプロデュースする傾向にあります。完成品の細部の多くを捉えています。こうする最も重要な理由は、効率性です。この時点でインタラクションとコンテンツに関するすべての詳細情報を取得するために余分な時間を費やすことで、UIプロセスがはるかに効率的になります。

 

スクリーンのすべてが最終決定されたら、Marvelでそれらをプロトタイプし、ユーザー間のやりとりの核となるエリアを追加します。これで製品フローを詳細にテストできます。これは、先に進む前に、前提条件をテストしたり、懸念事項にフラグを立てたりするための理想的な機会です。

 

我々は、進行中のユーザーテストを大いに支持しています。それはそれ自体でもう一つの投稿ですが、ターゲット市場にあったユーザーで製品をテストする以外に価値はありません。この段階では何も決まっていません。画面を素早く更新し、シームレスなユーザーエクスペリエンスが得られるまで再度テストすることができます。

 

結論

 

すべてを説明できたわけではありませんが、これが我々のUXプロセスです。時間が経つにつれて変化するだろうと思いますが、冒頭で述べたようにそれはすべてのプロセスがするべきことです。テクノロジーは変化します。新しいデザインツールは、発表されますが、これが面白いところです。常に改善をし、よりよいクライアントエクスペリエンスを運び、クリエイティブな仕事をします。

 

あなたのUXプロセスを教えてください。eメールやソーシャルメディアなどで連絡が取れます。どのように仕事するのが好きなのか、どのようなデザインが好きなのかを教えてください。

おすすめタグ