デザイン

デザイン

世界の有名航空会社のロゴ40社一挙紹介 世界に通じるブランドロゴをデザインの参考に

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、40 Most Famous Airline Logos In The World [In 2019]
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

460 views

読了時間 : 約9分47秒

航空会社のロゴは、商業上および企業上の理由から、独自のものを提供しています。会社と国民のアイデンティティを合わせたシンボルです。

 

デザイン会社にとって、大手航空会社のブランド設定は最も権威のある仕事であり、非常に高報酬な仕事の1つです。毎日何千人もの人々がそれを目にします。その国の国旗が航空会社のロゴによく付けられることがあります。

 

したがって、ロゴをデザインするのは、簡単なことではありません。あらゆる側面から考えなければならないので、それは十億ドルの問題で、どんな機関にとっても大きな責任がかかる仕事です。ここでは、世界中で有名な航空会社のロゴをいくつかご紹介したいと思います。プロジェクトのためのインスピレーションとして参考にしてください。

 

画像は全て、航空会社の公式ウェブサイトのものです。私たちの所有物ではなく、これらのロゴの商業的使用は、商標権の侵害となる可能性があります。

 

40.エジプト航空

エジプト航空のロゴはホルス、最も重要な古代エジプトの神の一つです。ホルスはエジプト学者によって神として扱われていて、鷹や鷹の頭を持つ弾性として描かれていました。

 

航空会社はその古代の象徴性のためにホルスを「王と空の神」として選び、2008年以来このロゴを使用しています。

 

39.タイ国際航空

タイ航空は、1970年代半ばまでに世界的大きく成長しました。1975年に、より現代的で国際的なイメージを投影した新しいロゴに変更しました。デザインは、マゼンタ、パープル、ゴールドの「ジャンピー」で、タイの伝統的なイメージ、熱帯の蘭の豊かな色彩、金色の寺院、タイの光沢のあるシルクを取り入れています。

 

2005年に、ロゴ(活気に満ちた色に修正)に若干のマイナー調整をし、少しフォーマルな見た目になりました。

 

38.海南航空

1993年に設立された海南航空のロゴは、中国の神話の中に出てくる鳥、黄金のガルーダの羽、黄金の角、縁起の良いとされる雲など、いくつかの要素で構成されています。

 

37.サウスウェスト航空

世界最大のローコスト航空会社サウスウェスト航空は、1971年に最初のロゴを発表しました。これは、パイロットウィングに飾られたハートがあるロゴでした。それから心は1998年にもっと企業的なものに取り替えられました。

 

2014年、航空会社は再びそのロゴを変更し、新しいカスタムサンセリフ書体でビンテージハートのロゴをよりカラフルでモダンなデザインにしました。ハートは航空会社名の最後に表示され、オレンジ、赤、青のストライプでできています。

 

36.イベリア

スペインの国旗を掲げたフラッグキャリア航空であるイベリアは、創業(1927)以来、そのロゴを8回も変えました。2013年にデザインされたものは、ブランドの3つの重要な要素を特徴としています:イベリアの頭文字、「I」、シートの快適さと羽の動きです。

 

曲線のためにロゴは球状に見えます。テキストは見る人に向かって膨らむように見えます。少し丸みを帯びた大文字で、暖かさと権威、堅固さ、そして長い歴史を表しています。

 

35.ベトナム航空

2002年、ベトナム航空は、2003年のBoeing 777就航と時期を同じくして、現在の金の蓮のロゴを発表しました。この金の蓮は、ベトナム国民の最も永続的で意味のあるシンボルの1つです。

 

34.エチオピア航空

エチオピア人は乗客数および収入の点ではアフリカ最大の航空会社です。 2010年に、ロゴの再デザインをして、新しいスローガン「アフリカの新しい精神」を加えました。ロゴの配色(緑、黄、赤)は国旗からのもので、航空会社名は英語とアムハラ語のテキストで書かれています。

 

33.マレーシア航空

マレーシア航空のロゴは2012年に更新されました。1971年のオリジナルロゴからインスパイアされた、三日月型のマレーシア凧が左から右へ向かい、以前のバージョンよりも比較的長い尾を持っています。新しい書体に更新され、「航空会社」という単語が小さい文字で表示されるようになりました。

 

32.ジェットエアウェイズ

ジェットエアウェイズ航空のロゴは、飛行機の尾にラインのある楕円形の太陽を表しています。このロゴは、1992年にK. V. Sridhar氏によりデザインされ、「飛ぶ太陽」と名付けられました。

 

31.スリランカ航空

1979年に就航したスリランカ航空は、航空機と就航地の数でスリランカで最大の航空会社です。そのロゴはカラフルな孔雀と優雅な書体を特徴とします。

 

ロゴはスリランカの神秘的な生き物であるダンドゥモナラヤンサラからインスピレーションを受けています。それは孔雀の形をした生き物で、孔雀はこの国の在来種でもあります。

 

30.アエロメヒコ

メキシコの古代文化にインスパイアされ、アエロメヒコの現在のロゴはアステカのワシの戦士を示しています。それはリーダーシップ、勇気、そして大胆さの象徴です。1998年以来このロゴを使用しています。

 

29.カンタス航空

オーストラリア最大の航空会社であるカンタス航空は、1944年に最初のロゴを展開し、それ以来、カンガルーのシンボルを維持しながら、4回の変更がなされました。

 

現在のロゴ(「フライングカンガルー」と呼ばれることが多い)は、航空会社の新世代航空機の構造の変化を反映しています。以前のバージョンよりも滑らかで輪郭が細かくなったロゴは2007年にHans Hulsbosch氏によってデザインされました。

 

28. ニュージーランド航空

2006年に、ニュージーランド航空は新しいブランドアイデンティティ、新しいロゴ、そして新しい配色に変えました。この新しいロゴは、シルバーのシダの前部が開いていることを表現し、マオリ族のコルを特徴としています。マオリ芸術に欠かせない存在であるコルは、新しい命、成長、力、そして平和を象徴しています。

 

27.ブラジルアズール航空

アズール航空は、2012年にTRIPリナスアエレアス(ブラジル最大の地域通信事業者)を買収しました。この買収後すぐに、ロゴを微調整し、文字「u」を淡い青にしました。

 

26.エアロリンガス

アイルランドの主要航空会社であるエアロリンガス航空は、年間1200万人を超える乗客が利用しています。最初のロゴは、シャムロックを特色としたロバートローガン氏によってデザインされました。1996年、彼らはシャムロックを斜めに見せ、現在のロゴは、現代の航空会社に合ったロゴになっています。葉の形を柔らかくし、非対称性と角度は保持されました。

 

シャムロックはアイルランドの象徴として使われており、それはアイルランドの守護聖人であるセントパトリック教会とつながっています。

 

25.ブリティッシュエアウェイズ

ブリティッシュエアウェイズの最初のロゴには、上に「British」、下に「airways」と表示されたワードマークがありましたが、それほど見栄えがよくありませんでした。1982年に、より高級な見た目にすることで正しい方向に向かうことができたのです。

 

1932年の最初のインペリアル航空BOACで使われたのと同じ「スピードバード」を象徴する青と赤の色のリボンを1997年に追加しました。

 

24.キャセイドラゴン

香港を拠点とする国際航空会社キャセイドラゴン(旧ドラゴン航空)は1985年に運航を開始しました。以前の赤い龍が特徴のロゴは、2016年に変更されました。現在は翼、および英語と中国語で書かれた航空会社の名前になっています。

 

23. メキシカーナ

メキシカーナ航空は、2010年に運航を停止するまでは、メキシコの最大かつ最重要航空会社でした。ロゴはデザインサクセスというデンマークの機関によって作成されました。ロゴの青い色はワシを表し、一貫性と安定性を象徴しています。

 

22. エアインディア

エアインディアのロゴは、中にコナーク太陽神殿の輪を持った空飛ぶ白鳥を特徴としています。赤とオレンジ色の組み合わせは進歩と活力を象徴し、そしてコナークの車輪は太陽神の戦車の象徴です。エアインディアは2007年以来このロゴを使用しています。

 

21.トルコ航空

トルコ航空は、2010年にそのロゴを一新しました。世界で最も高い最高8,850メートルまで上昇することができる鳥である野生のガチョウを描写します。青、赤、白の色の組み合わせはプロフェッショナルに合った外観です。

 

20.KLM

KLMオランダ航空はオランダの大手航空会社です。そのロゴは創設以来(1919年)何度も変更されています。現在のロゴはプラス記号、4つの青い円と(上から下へ)線で作られた王冠からなっています。

 

王冠は、KLMの設立時に付与された航空会社の王位を表します。ロゴの水色は、誠実さ、卓越性、そしてあらゆる悪条件下で遂行する勇気の象徴です。

 

19.エアカナダ

フューチャーブランドワールドワイドによってデザインされた、エアカナダのロゴは赤と黒の完璧な組み合わせです。大胆な書体で航空会社の名前とカナダの国民的シンボル、円で囲まれたカエデの葉が目をひきつけます。

 

18.ハワイアン航空

ハワイアン航空は、ホノルルを拠点とするアメリカハワイ州最大の航空会社です。全歴史の中で致命的な事故のない最も古いアメリカの航空会社です。ロゴは、シンボルとして人間の顔で安全で確実な要素を表しています。ロゴのデザインは、カラフルでリラックスした「休暇」という印象です。

 

17.アルゼンチン航空

アルゼンチン最大の航空会社は2010年に航空会社の外観をより近代的にするためにそのイメージを一新しました。新しいロゴは、コンドルとグレーとライトブルーの色を組み合わせています。コンドルは多くがアルゼンチンに生息する鳥で、青い色は国の旗から取られています。

 

16.インディゴ

インディゴは、2006年に発売されたインドの格安航空会社です。ロゴは、ワードマークの右上に航空機の形の20個のドットで、「定刻、毎回」とのキャッチコピーと共に時間厳守に焦点を合わせています。

 

15. ライアンエアー

アイルランドの航空会社ライアンエアーは、最小限の運航コストと低運賃で知られています。最初のロゴは1987年にデザインされ、長年にわたって数多くの調整を行った後、現在のロゴは大胆な白い文字と黄色のシンボルを特徴としています。このシンボルは、伝統的なアイルランドの楽器の1つハープで天使と融合したデザインになっています。

 

14.エアチャイナ

エアチャイナのロゴには、鮮やかな線の芸術的なフェニックス模様が描かれています。英単語「VIP」からきています。フェニックスは「鳥の王」であると信じられており、古代から中国で崇拝されています。社名は中国語と英語で書かれています。真っ赤な色は通常、中国文化で縁起の良い、お祝いや幸せなものに使われ、このロゴにも使われています。

 

13.日本航空

日本航空は1959年にその最初のロゴを採用しました。そのロゴは、何十年もの間会社の一部となりました。ロゴは鶴のマークで、このロゴのアイデアは日本の伝統から生まれています。日本では、鶴は繁栄、健康、および長寿の象徴とされています。

 

日本航空の広告代理店は、鶴が最適であることに気付きました。強さと忠誠心で何マイルもの間飛ぶ。また、赤い色は幸せを象徴しています。

 

12.スイスインターナショナルエアラインズ

2002年にスイスエアーが破産した後に結成されたスイスインターナショナルエアラインズは、現在ヨーロッパ中でトップクラスの航空会社の1つです。2011年に、新しい企業ロゴとキャッチフレーズを含むブランドプロフィールを強化する計画を発表しました。目的は、スイスの航空会社は即座に「スイスインターナショナルエアラインズ」と認識されるようにすることでした。

 

11. 大韓航空

大韓航空のロゴは、誤解する人もいるかもしれません。アメリカの製品ペプシのロゴに非常によく似ています。どちらのロゴも、球状に渦巻く「赤、白、青」のデザインをしています。航空会社のロゴには陰陽のシンボルがあり、ペプシのロゴにはより薄い白い線があります。両方のロゴがとてもよく似ているのは、単なる偶然の一致でしょう。

 

大韓航空のロゴは「究極」を表すシンボルで構成されています。国旗の一部として、このシンボルは朝鮮の伝統で、宇宙におけるバランスを表しています。

 

10. アビアンカ

アビアンカは、KLMに次いで世界で2番目に古い航空会社です。2009年にTACAと合併した後、アビアンカとTACAの伝統をそのままに新しいアイデンティティを必要とし、新しいロゴを描写しました。

 

新しいアイデンティティ(ロゴを含む)は、コンドルから構築されました。コンドルは西半球で最大の鳥で、現在はアヴィアンカと関連付けられ、北、中央、南アメリカを結び付けています。

 

9.デルタ航空

1924年以来、デルタ航空のロゴは20回変更されました。主なデザインはギリシャ文字のデルタから取られ、航空会社の起源ミシシッピデルタを思い出させます。

 

現在のロゴは、3次元の赤ウィジェットと呼ばれ、2007年に発表されました。これは、ブランドの最も単純で最もわかりやすいもので、全大文字と赤のシンボルで、丁寧で誠実で直接的な企業ポリシーを表しています。

 

8. ガルーダインドネシア

2009年、ガルーダインドネシアは「自然の翼」として知られているデザインで、新しいブランディングイニシアチブを開始しました。この自然の羽のデザインは、水の上の波紋(水色)と熱帯の鳥の羽(青い色合い)から構成されています。

 

航空会社の名前は、ロゴの左側にMyriad Proフォントで書かれています。全体として、ロゴの目的はインドネシアの親しみやすさとプロ意識の精神を表すことです。

 

7.アメリカン航空

2013年、アメリカン航空は1967年以来使用されていたものに代わるロゴを含む新しいブランド変更およびマーケティングキャンペーンを開始しました。この新しいロゴはクラシックデザインに普遍的で現代的な感じを加えたものです。

 

新しいデザインはオリジナリティ要件を満たしておらず、著作権保護の対象にはなっていません。したがって、ロゴはパブリックドメインにあります。

 

6. ガルフエア

ガルフエアはバーレーンの航空会社です。現在のロゴ(2018年に変更)は過去数十年を通してのブランドの伝統と優雅さを保持しています。それは鷹とアラビア語と英語の活字体で書かれた航空会社名からなっています。

 

鷹は企業アイデンティティ、伝統的なアラビアの価値観、そして大胆でモダンな起業家精神を表しています。全体として、ロゴは新しい時代の顕著で力強いアイコンになるようにデザインされています。

 

5. フィジー航空

2013年、以前はエアパシフィックとして知られていた航空会社がフィジーエアラインズへとブランド名を変更しました。新しいシンボルは、シンプルで独特のデザインで、他社とは一線を画しています。

 

4. ルフトハンザ

ドイツ最大の航空会社であるルフトハンザは1955年に就航を開始しました。それ以来、航空会社はロゴを数回変えました。ロゴで変わっていないのは、「飛ぶ鶴」です。

 

鶴のロゴが円で表示され、Helveticaがメインのフォントとして使用されています。現在のロゴは古いものとそれほど変わりませんが、現代的な外観を与えるためにアイコンとテキストが比較的スリムになっています。

 

3. カタール航空

その名前が示すように、それはカタールのフラッグキャリア航空です。現在のロゴはブルゴーニュのオリックス(カタールの代表動物)で、灰色の背景に精巧に描かれています。アラビア文字で、小さく書かれていますが、航空会社の名前は英語でも書かれています。

 

2. シンガポール航空

シンガポール航空のロゴはシルバークリスと呼ばれる鳥です。航空会社の設立以来変わっていません。しかし、1987年にストライプとロゴのフォントは微調整されました。

 

民間伝承と神話に登場する東南アジアの短剣ケリスは、ケリスワールドエンターテイメントシステムやシルバーケリスラウンジなどのシンガポール航空のブランドの重要な要素になっています。

 

1.エミレーツ

ドバイを拠点とする航空会社エミレーツは、1990年代にスローガンを付けて最初のコマーシャルを発表しました。現在のロゴは1985年にネグス&ネグスアソシエーツによってデザインされたオリジナルに少し修正がかけられたものです。

 

ロゴはアラビア文字で書かれ、その下に英語で書かれた企業名から成ります。白は優雅さ、純粋さ、そして貴族を象徴し、人目を引く赤い色は情熱、自信、そしてリーダーシップを表しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ