デザイン

デザイン

見る人の目を引き付けるロゴデザインは?2019年のトレンドを一挙にご紹介

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Logo Design Trends 2019: Colors, Gradients, Experiments
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

177 views

読了時間 : 約4分41秒

何かを開発するといは、共通のトレンドフローを考慮して行われることが多いです。ロゴデザインも例外ではありません。専門家と顧客の両方が知っておくべき特定のトレンドがあります。

 

まず第一に、そのような知識は高いレベルの競争がある環境で「生き残る」ために必要とされます。 そして第二に大切なのは、提供する完成品のレベルを理解することです。

 

ロゴデザインかブランディング全般

 

専門家コミュニティでは、ロゴデザインを別トピックとして話すのは正しくないという意見があります。ブランディングの一部として扱う方がより適切でしょう。会社のロゴと企業アイデンティティが互いに補い合いながら包括的に機能するべきであるということです。

 

ミニマリストロゴは、よく考え抜かれた会社スタイルとその哲学に一致する場合には有利に働くことがあります。

 

形と色のトレンド

 

鮮やかな色は、ロゴデザインだけでなく、来年のウェブデザインにおいても確かなトレンドになるでしょう。 そして、予測では、この傾向は長い間続くとされています。2019年のロゴデザインの分野では、変わった色調と奇妙であるけれど見栄えのよい形が一般的になると見られています。 人気のある企業と複雑な色と角張った幾何学の組み合わせは、他の多くの人の間で現代のブランドを際立たせるものになるはずです。

 

デザインでの機能の優位性

 

以前はのロゴ開発では、デザイン要素が重要視されていましたが、現在では、単純さと機能性が重要視されるようになってきています。ロゴの見た目はそれほど重要ではありません。会社に関する情報を顧客に要約した形で見せることがより重要です。

 

しかし、そのような傾向は必ずしも有益に働くというものでもありません。ビジネスの分野ですでに評判の良い成功した企業にとってより適切なものでしょう。そのようなブランドは、その認識が他の要因に基づいているため、ロゴの中の個性は無視する余裕もあるのです。

 

2019年のロゴデザインでは、シンプルな幾何学的形状を組み合わせて使用することが重要です。この手法は技術的な観点から見ると非常に単純ですが、多様なロゴデザインの可能性を無限に広げています。これは、ターゲットオーディエンスが幅広い企業にとってはよい選択肢です。

 

スーパーハードカラー

 

現代のロゴデザインの方向性は非常に多様なので、最も相容れないとおもわれるトレンドが共存しているようです。 例えば、明るいスーパーハードカラーと太線を使用することです。ポップアートのスタイルがブランドに合っているなら、これは最適です。そうでない場合では、これはやめておいたほうがいいでしょう。このタイプのロゴは使用範囲が重要です。楽しくパーティなどをする娯楽分野にある企業に合っています。

 

古典主義の変容

 

ロゴデザインの新しいトレンドは、さまざまなスタイルで複雑なグラフィックを生成することです。古典的な彫刻、デッサンおよび浮き彫りは、現代ロゴと組み合わせれば使えるものです。一方で、この傾向はほとんど使われなくなってきています。その一方で、新しい方法で作られたロゴを目にすることもあります。間違いなく、そのトレンドに従うことは、他の多くのブランドの中で認知度を高めることでしょう。

 

フォームを単純化する

 

上でご紹介した組み合わせのトレンドは、基本的に反対現象でロゴのデザインにおいて完全共存しています。より正確に言うと、これら2つのトレンドは、2019年に共存し、互いに悪影響を与えることはほとんどありません。 自社のロゴに複雑なグラフィックを選択する会社もあれば、シンプルなロゴもあります。複雑なものをミニマリストなものに変更する企業もあります。

 

オーバーラップの効果

 

互いに重なり合う明るい形を使ったデザインは、来年非常に人気が出るでしょう。重複領域に形成される新しい色は、オリジナリティが出ての人の目を引くロゴを作ります。効果的なブランド変更を目指している企業にとって、これは非常に面白く、興味深いものです。

 

色の変化とグラデーション

 

グラデーションは、2017年にロゴデザイン業界で新たな勢いをもちました。翌年には、この方向性を専門とする専門家によって使用され、勢いが更に高まりました。今年に入っても、グラデーションや色の変化の勢いは続いています。トレンドは依然としてロゴのデザインに影響を与え続けていて、特に、オリジナルの巨大フォントと組み合わせが主流になってきています。

 

フォントを使った実験

 

昨年のトレンドを分析した専門家は、テキストロゴの時代であったと言います。この傾向で、フォントを試す機会が増えました。そこには、いくつかのテクニックが積極的に使われています。

・インデント

・カーニング

・文字の配置

・文字の変換

・さまざまなフォントの組み合わせ

 

これらのテクニックは、テキストロゴを新鮮なものにしてくれ、ブランドのターゲットオーディエンスの目にもより面白く映るようにしてくれます。

 

ネガティブスペースの優れた使い方

 

ロゴにネガティブスペースが使われるのは、今年急に始まったことではありません。以前から行われています。ただし、2019年の開発にはいくつかのトレンドがあります。文字の交差部分、また文字自体が、隠れた空間のイメージにスポットを当てるになりました。

 

文字からなる構成

 

このトレンドは、テキストロゴの人気の高まりに関係しています。長文のものは特に関連性があります。ロゴのテキスト要素の配置が長すぎないようにするという論理的な問題が生じます。

 

通常、デザイナーはテキストのレイアウトで、問題を解決します。これは、明るい色や幾何学的形状と組み合わされている場合に使えます。こうすることで、2019年の人気トレンドを1つのロゴで使用することが可能になるのです。

 

スロット

 

他のトレンドの中でも、スロット付きのロゴは需要が高いでしょう。 複数の平行線の形で一般的に使用されるスロット。縦、横、斜めなど、さまざまな方法で配置できます。スロット付きのロゴは見た目が良く、スタイリッシュです。見る人に心地よいものです。なぜならそのようなデザインは視覚空間を過負荷にせず、さらにコーポレートアイデンティティを伝えるメッセージの認識を容易にするからです。

 

 

2019年のロゴデザインの一般的なトレンド

 

今回ご紹介したトレンドをすべてまとめると、来年のロゴデザインの特徴となる一般的なパターンを導き出すことができます。まず第一に、これはデザインの意味を求めていることです。現代のデザイナーにとって、トレンドに基づいてロゴを作成するだけでは不十分です。仕事の過程で、その製品がどこでどのように使われるのかを理解することも重要です。 デザインは会社の仕事範囲に対応する必要があります。

 

ロゴをデザインする際には、ポスター、名刺、包装、広告などにどのように使用されるかについて、考慮しなくてはなりません。高品質のロゴデザインはそれを使用する企業のための優れた広告なのですから。

 

もう一つの一般的なパターンは、元気なロゴを求めていることです。多くの人々が現代社会の社会的混乱と不確実性にうんざりしていて、ポジティブなものを求めています。このとき、デザイナーは悲観主義に抵抗し、異なった方法で現代の問題を探り、解決策を見つけることが可能なのです。

 

この社会的現象から、面白いロゴに対する要求が高まり、人々のユーモアの感覚を目覚めさせています。ロゴに明るさと、ポジティブなものを伝える機会はたくさんあります。デザイナーはそれを完璧に学び、使うことが必要です。

 

ロゴデザインは、小さなシンボルで企業メッセージをターゲットオーディエンスに伝える複雑な領域です。そのため、必要なものを画面に表示できる適切なウェブデザイン会社の選択も重要です。今年トレンドの豊富さは、デザイナーが認識を捉え、本当の傑作を作成するのに十分な技術的手段を持っているという証でしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ