デザイン

デザイン

今後のビジネスに活かすチャンス!リアルタイムな情報入手が大切な理由

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Real-Time Information: Information is King
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

243 views

読了時間 : 約4分3秒

かつては、商品を目立たせる方法は簡単に見つけることが出来ました。

ですが最近では、商品やサービスは当たり前の存在になってしい、大量のブランドが知らないうちに存在しています。消費者側は、わずかな違いで商品の優劣を決めているので、ちょっとした差別化を図った商品が作り続けられているのです。

素材:Design Week

 

数分ごとにアップデートする方法というのは、消費者の気を引くには割と簡単なやり方です。単に彼らの心を焦らすのではなく、印象に残るようにすることで収入のチャンスを増やしています。結果的には、数多くの企業がこの方法で消費者向けのデジタル構造を作り上げていますが、単に目立つアプリやSMSの更新をすればいいというわけではありません。オペレーションの効率の悪さが世界中に広まる可能性だってあるのです。それゆえ、自分のビジネスを始めるにはリアルタイムな情報入手が欠かせません。

 

注目を集めたもの

 

クリエイティブな表現の上で、リアルタイムな情報は、感情を動かすトレンドになります。Uberは、ドライバーが今どこにいるのかを教えてくれるサービスを長年提供していますが、家族向けの旅行追跡サービスも最近推してきています。

広告のコピー

“すぐに乗れて、途中まで同じ道を辿ること。そこから得るものは大きい”

 

Gartner氏によると、2019年にはモバイルアプリの20%はその価格ゆえに無くなるだろうと予測されています。最近では、ビジネスコミュニティや起業家を取り込もうとたくさんの企業がサービスを展開させてきました。SOHO Houseは、一番初めにそのトレンドを取り入れたメンバーの1つでしたが、ウェブアワードの受賞ではノミネートされませんでした。

他にも、RegusというサービスがオフィスグループとFOMAを通じて似たような作業スペースの提供を始め、すぐに浸透していきました。成長過程にある企業やスタートアップの会社の一体化を目的として、会員専用のアプリが開発されました。

 

素材:Regus

 

オンデマンドの共同作業プロバイダであるBreatherと、世界的なオフィススペースの先駆けであるWeWorkは、お客様サービス向上のためのアプリも開発しました。

この業界では、コミュニティの需要やネットワークの機会がどんどん増えています。ブランド側は、デジタル製品としてアプリを開発することで、これらのニーズを全て満たそうとしています。しかし、彼らの思惑とは別に、利益が見込まれている製品があります。それはチャットボットです。常に在宅で、24時間体制で質問に返信するというのは、非現実的です。お客様サービスの補助としてコストの高い軍隊でも抱えない限り、全ての質問にタイムリーに答えるには1日では時間が全然足りません。仮にそんなシステムがあったとしても、無限に持続可能ではないでしょう。一方、チャットボットは、コミュニティや快適な作業スペースの作成にスタッフが集中出来るため、同じような質問には効率よく返答することが可能です。

 

リアルタイムの勝者

 

Gartner氏のレポートは続きます。

 

“より多くの時間をお客様自身に充ててもらえるよう、Facebook MessengerやWeChatのようなメッセージアプリの存在を高めるために、ブランドはなお調査を続けています”

 

また、おもてなし産業というものも普及しつつあります。カナダのFour Seasonホテルでは、独自のアプリに加えてお客様が選択したインターフェース(Messenger、WeChat、Lineなど)からもメッセージを送れるサービスが実施されています。

 

お客様サービス係がその担当を担っており、ホテル側曰く90秒以内で返信するそうです。

 

“当ホテルのお客様は、Four Season Chatを使ってぜひお問い合わせください。おすすめのレストランやご予約、ルームサービス、ゴルフや温泉のご予約、近隣のショッピングエリアのご紹介などさまざまなサービスにご利用いただけます。”

リアルタイムな情報は、ブランドにとっては有利かもしれません(温泉の予約が増えるチャンスです)。しかし非常に分かりやすいサービスではあるものの、Googleを使えば(実際のサービスとは反対に)全ての情報が簡単に手に入ります。ホテルの朝食時間さえ、オンラインで予約可能です。これが、便乗したことによるリスクです。すでに、大手のハイテク企業が情報を独占しています。事実、マーケティング界のScott Galloway教授は、世界中のホテルで採用されている音声検索の機能についてのリスク拡大を危惧しています。

 

“音声ベースの発注により、パッケージング、デザイン、エンドキャップなど、ブランドが何十億もつぎ込んで何十年にも渡って完成させてきた全てのことが不要になってしまいます”

 

購入の主導権を握っている大手ハイテク企業は、ほとんどの消費者向けの業界にとって必要不可欠な存在であり、高価なものとなっています。彼らはまた、オンラインでのやり取りも支配しているので、消費者にとっても必要不可欠な存在になっています。リアルタイムな情報は、ブランドにとってお客様に新たな機会を提供する可能性を秘めているのです。

 

快適な旅行

 

Googleとco.は、他社よりも簡単に進出してきました。そして不思議なことに、イギリス政府はイングランドから旅行するドライバー向けに、リアルタイムな運転データを表示する” Street Manager“というサービスの発売を計画しています。Wazeという言葉を聞いたことはありますか?交通やナビに基づいた世界的に有名なコミュニティで、日々の通勤通学の時間やお金の節約に便利なサービスです。

改善の余地

 

Tencentという名の会社は、自身のブランドで中国のお客様をほとんど独占しています。DiDi(Uberの中国版)だけでなく、乗車サービスを利用したWeChatもあり、中国のほとんどの情報はオンラインアクセスによるものです。消費者の80%が毎日利用しています。西部では、そのようなソーシャルチャンネルがまだ十分普及していませんが、段取りはすでに準備が出来ています。”Whatsapp”という青い目印や、Facebookの”安全としてマーク”と表示される機能、インスタントメッセージなど、比較的小さな進歩が日々の生活に増えていくことで、巨大なテクノロジー産業の一部が進化していくのです。

素材:7 Things You Can Learn From WeChat Product Development, Medium

 

しかし、すでに自動運転車を作っているのにも関わらず、Googleのタクシーは必要あるのでしょうか?リアルタイムの情報を正確に管理することで、より多くのお客様をキープすることが出来るでしょう。Facebookが大きく統合され、アプリなしでユーザーが直接やりとり出来るようになったことを知っていましたか?お客様を独占するためにハイテク企業と戦うか、すでに整っている環境を借りるのか、ブランド側は選択に迫られています。その挑戦による利益は、どちらにせよ保障されています。

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1000円分招待コード】
当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等

金額:※さらにメルペイスマート払で2000円分ポイント!
友達招待でお互いに1000円分ポイント!2人以上招待でUSJ貸し切りイベントに抽選招待も!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

 

【Uber初回利用2000円オフクーポン】
【Uber初回利用2000円オフクーポン】
130v4g

プロモーション コードを追加するで「130v4g」を入れてください。
※プロモコードは日本国内でのみ利用可能
 
»当サイト限定の初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber

Uber

 

【UberEats初回1000円オフクーポン】
【UberEats初回1000円オフクーポン】
ins6je2v

対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き
 
»当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

おすすめ新着記事

おすすめタグ