デザイン

デザイン

グラフィックデザインの2019年最新トレンド15選 デジタルアートで好まれる手法とは?

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、15 Top Graphic Design Trends and Predictions in 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

328 views

読了時間 : 約6分8秒

デジタルアートは、2019年のグラフィックデザインのトレンドを見ると、非常に印象的です。現れては消えるものもありますが、いくつかは長い間そのポジションを保持しています。 これは、デザイナーとユーザーの間でのニーズがあるということだけでなく、その安定性をも表しています。ここでは、2019年のトレンドをご紹介します。すぐにでも新しいプロジェクトで使えるものばかりです。

 

2019年のグラフィックデザインのトレンドを、短い言葉で説明すると、「退屈と落胆の反意語」でしょう。一言で言うなら、印象です。 トレンドは明るさ、そして驚きです。 時に、現代のデザイナーの作品は狂ったかのように見えるかもしれません。しかし、その人気の高さや巻き起こす現象は、専門家やエンドユーザーの間で認められているということを実証しています。

 

CRまたコンプレメンタリーリアリティ

 

誰も予想していませんでしたが、昨年すでにトレンドになりました。出だしの結果は驚くほど素晴らしいもので、Adobeは今年に入り、多用しています。専門家の何人かは、マイクロソフトのような会社ででも使われると予測しています。

 

では、グラフィックデザインにおけるコンプレメンタリーリアリティとは一体何なのでしょうか。デザインの専門家が言うには、デザインにおけるコンプレメンタリーリアリティは、2つのオブジェクトで構成されたもので、一方はスキューモーフィズムスタイルで描かれ、もう一方はデジタルメタファーで描かれます。 グラフィックで表示する最も簡単な方法ビジュアル画像は非言語表現として使用されます。

 

Mereheadのデザイナーは、2019年にコンプレメンタリーリアリティデザインで非常に有名になることを狙っています。グラフィックデザインだけでなく、私たちはウェブとグラフィックデザインの交わりで新たな融合を目にするかもしれません

 

 

色か3Dか?

 

2018年、明るいデザインは特に重要視されました。 そのデザインが3D要素と組み合わされれば、素晴らしい変化を成し遂げるでしょう。2019年には、この傾向が一般的になると見ている専門家もいます。仮想領域での仕事をも含め、全てのプロジェクトは異なるものです。Robinhoodがそれを示してくれています。色は、設計および仮想通貨ICO開発において非常に重要なのです。

 

映画館のポスターでは3D構図が見栄えがします。レストラン、ファッショナブルなホテルや他の施設で開催されるイベントの告知にも効果的です。もしビジネスの認識度を上げ、それに伴うイベントの宣伝をしたいのであれば、次がお勧めです。

 

人々

 

人々に焦点を合わせることは、2019年のグラフィックデザインの特徴の1つになるでしょう。 日本の代表的デザイナーが言う理由は以下の通りです。

「私達はこの2年間、デザインがすでに製品からインタラクションデザインへ移行するのを目にしてきました。 様々なやり方がある中、トップ企業は長期間に渡りこの技術を使っています。 デザイナーと心理学者のシナジーが一線を越え、今何かが変化しています。」

 

マーケティングと販売に成功するためには正しいパッケージでなければなりません。 人は人とやり取りします。 社内では、これが「適切な」効果をもたらすことを望んでいます。

 

フォントとタイポグラフィー

このテクニックは、ポスターや看板、ロゴと様々なデザイン分野を網羅しており、2019年のロゴデザイントレンドにおいても、フォントの使用は重要になっています。フォントは単なるテキスト情報の伝達方法ではないのです。

 

興味深いことに、フォントというのは定型化されたデザイン要素です。 このような重要なコンセプトを理解すれば、デザインされたフォントのあらゆる可能性が利用できるようになります

 

2019年もう一つのトレンドはフェーディングフォントになります。 ネガティブスペースの使用はもう新しいものではありませんが、これは人の注目を集めるのに絶好のやり方です。このような効果を使いこなすには、高いスキルが必要です。 やりすぎれば、逆効果になりえるからです。大事なことは、読みやすくすることを忘れないことです。

 

フォントによるバリエーションの話しを続けると、今のトレンドは文字や単語を混沌と配置することにあります。 前の方法と同様に、過剰にやりすぎないことが重要です。 ターゲットの人々へのメッセージは読みやすく。さもなければ、単に人々をイラつかせる結果となるでしょう。

 

2018年、時々デザインのフォントは予想外の方法で姿を現しました。例えば、それを通して他のデザイン要素を見ることができる柵の機能など。オリジナリティ溢れ、エレガントに見えるのでユニークな効果が得られます。フォントの背後に隠れている不完全な絵は、視線をもっと近くに止めて見るように人々に促します。 このように、視線を止めることができるのです。

 

現代のグラフィックトレンドは、特に仮想通貨の開発分野では、ディープラーニング、AI、さらにはブロックチェーンにまで及んでいます。 これは見るユーザーの変化を示し、その後ろにある技術がどれほど複雑であるかに関係なく、刺激的なUIとグラフィックを見たいと思っていることを示しています。

 

フォントに関連するトレンドとして最後にご紹介するのは、実空間における文字使用です。 こうした文字は、背景で描かれている人々の中で、他の構成要素と調和し相互作用を起こします。

 

波効果

この視覚効果は、昨年人気になり、現在、しっかりとその地位を築いています。 それはまるで画像がダメージを受けたかのように意図的に加工されています。「ダメージを受けた」写真はデザインの世界を捉え続け、誰も予想しないバージョンや加工で姿を現しています。

 

ホログラフィックデザイン

 

デザインを偏見なしに分析する際には、ホログラフィーに一目を置かざるをえません。しかし実際、数年前、高い人気を誇っていたホログラフィーは、現在、他のトレンドと共存するトレンドの1つにすぎなくなっています。 大変魅力的な見た目にもかかわらず、ホログラフィーでは誰も驚かなくなっています。

 

ダブルライト

この効果はダブリング効果と似ています。 しかし、これはダブリングの意味する二重の画像を指すのではなく、2色の光や影が使われたものを示しています。この効果により、単純で些細な構成でも、よりダイナミックでシャープに見えてきます。実際に行われるのは下の2つです:

 

  • 2つの光源を使用する。
  • 光のチャンネルの分割。

 

この効果を利用するには、複雑な技術は必要とせず、かなりシンプルな方法で独創性がえられます。

 

ネガティブ

 

ネガティブスペースの使用は、面白い視覚変化を作り出します。プロフェッショナルが使うと、そのデザインは人々から認識され、高い関心が得られます。ネガティブスペース(空スペース)を背景に、魅力的なストーリーや写真が生まれるのです。

 

 

3Dデザイン&モノカラー

 

背景の色と商品が一致するポスターをよく目にします。 2019年のウェブデザインのトレンドとご紹介した3D技術のおかげで、広告は際立ち、非常に魅力的に見えています。物体が滑らかに飛び出しているに見え、ターゲットとされる人々が、製品へ目をとめ、じっくり見るようにできているのです。

 

手仕事のデジタル化

グラフィックスオブジェクトで仕事をするための最新ツールは、非常に進化しています。手描きの絵はデジタル空間に美しく転写され、ユニークな効果で完成されます。

 

グラデーション

グラデーション人気はグラフィックデザインだけにとどまりません。グラデーションは完全にウェブデザインとロゴデザインに入っています。他のトレンドにも効果的に適応し、それらと組み合わされてもいます。専門家は、グラデーションは近いうちにツートーンになると予測しています。デザイナーとその顧客の需要でということで、とても興味深いことです。

 

3D アニメーション

3D画像に加えて、これらのアニメーションも関連性があります。 スポーツシューズや衣料品、自転車、車などの宣伝に使用される場合、アニメーションは有益な選択肢となり得ます。高品質のアニメーションは見た目だけでなく、雰囲気も作り出します。

 

クリエイティブ写真

最新のコンピュータグラフィックスと共に、通常の写真も今年と来年と需要があるでしょう。マーケティング会社は大胆なソリューションを提供していますが、多用しすぎないことがとても重要です。

 

この分野で使用可能な技術は、沢山あります。ボディーアートから始まり、撮影エリアの珍しいデザインまで、すべてが広告キャンペーンの方向性と宣伝する製品によって異なってきます。これら二点と、さらに写真における適切なテクニックを使用する必要があります。

 

グラフィックデザインで、このテクニックはよく知られているものです。高齢の方へのレトロスタイルは、彼らの感情に近いものを表しており、若者の注目をも集め、興味を引き起こしています。 したがって、現代に適応したレトロスタイルは、さまざまな年齢層にとってメリットがあるのです。

 

手描きの絵

現代のグラフィックの流行がどうのようなものであれ、手描き作業は常に評価されます。 2019年でも描かれた絵は、グラフィックデザイン業界から消えることはありません。 おそらく、需要があり続けるでしょう。2019年のウェブ開発トレンドのトップにさえも入る可能性があります。

 

マニュアルでの作業がコンピュータ技術と組み合わされれば、デザインにおいてユニークなものを生み出し、そして時代を超越したものになるはずです。

 

 

退屈しないアニメーション

 

レトロスタイルは定期的にその時のトレンドの上に出てきます。トップには上がらず、技術革新に道を譲るわけではありませんが、それ自体を完全に忘れているわけではないのです。2019年以降、レトロはグラフィックデザインのトレンドだけでなく、2019年のUIデザインのトレンドにおいても人気を持ち続けるでしょう。

 

自律的でいるのではなく、一般的なトレンドに順応しています。これによって、レトロスタイルを模した現代のアニメーションを見ることができるのです。

 

グラフィックデザイン分野は、最も多様なトレンドが共存しています。特定のプロジェクトでの成功は、選んだウェブデザイン会社の技術に大きく左右されます。

 

<このページはMereheadの記事を翻訳して掲載しております。翻訳元の記事はこちらから確認することができます。>

おすすめ新着記事

おすすめタグ