デザイン

デザイン

【デザイン力、コンテンツ力アップ!】デザイナーに必要なライティングスキルとは?

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Why writing is a valuable design skill
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    283 views

    読了時間 : 約2分46秒

    ライティングスキルがデザイン力アップのための近道だと知っている人は少ないのではないでしょうか?

     

    私たちが日常的に使うテクノロジーでは、最近、視覚以外の要素を重要視するようになってきています。より人々の記憶に残り、共感を生み出すためにはデザインなど視覚に訴えるだけでは不十分なのです。そこで必要なのがライティングスキルです。ライティングスキルがあれば、コンテンツをもっと魅力的に見せることができ、様々な場面にも対応でき、頭の中にあるアイデアをクリアにそしてインパクトをもって伝えることができるでしょう。

     

     

    上級ライティングスキルで、コンテンツをより効果的に!

     

    効果的なコンテンツでは、サイトに訪れた読者が探さなくても欲しい情報を素早く手に入れることができます。そこに効果的なライティングが加わることで、より説得力をもち、整理されていて、わかりやすいコンテンツに仕上がります。効果的なライティングは、より多くの人にわかりやすいように書く前に熟考されていて、論理的で、ぱっとみただけで欲しい情報を伝えることができるのです。また、読者の疑問を想定して、その答えをわかりやすく書いておくことも大切です。

     

    読者は、目的をもってウェブサイトにアクセスします。効果的なコンテンツは素早く確実に読者の欲しかった情報を与えることができるのです。

     

    そして、効果的なライティングとは、ただ言葉の羅列ではなく、トーンやスタイルを工夫することで人々の記憶に残り、共感を生み出すことができるものです。コンテンツにユニークな魅力や色をもたせることができます。

     

     

     

    上級ライティングスキルで様々な場面に対応しよう!

     

    デザインとは物をどのように見せるかだけでなく、その物が、想定された場面でどのように対応できるかを見せなくてはいけません。ライティングによって、より多くの人に、考えうる様々な場面を思い起こさせることができます。

     

    なぜなら、ライティングを通して、色々な視点から考えることで、「読者が欲しがっているものは何か?」「手に入れるための障害は何か?」「手に入れるためにできることは何か?」をより深く理解することができます。一人ひとりの読者の人生をより鮮明に思い描くことができるのです。

     

    同時に、デザインは抽象的ですが、ライティングは複雑な内容を簡単な内容に変えることができます。物事を組み立て、時にはバラバラにし、難しさを取り除き、どんな複雑な内容でも再構築することができるのです。

     

    スケッチすることも、あらゆる場面を想定する手助けになるでしょう。ライティングとスケッチという二つの手段を自由に使い分けることができると、誰もあなたを止めることはできないでしょう!

     

    大切なのは、頭の中にあるアイデアをわかりやすく相手に伝える手段を持つことです。ライティングはその手段の一つになるでしょう。

     

     

     

    上級ライティングでわかりやすくインパクト大のコンテンツを!

     

    「すぐれたコミュニケーションとは、言いたいことを上手伝えることではなく、どれだけ上手に相手に理解してもらうかである。-アンドリュー・グローブ」

     

    ライティングによってデザインは意味を持つことができ、より多くの人に理解してもらいやすくなります。書かれた文字によって、アイデアは多数の幅広い読者に素早く広がり、説得力を持ち、楽しませることができます。

     

    視覚で訴えることも大切ですが、言葉はデザインの裏に隠れた苦労や重要な決断も見せることができます。ライティングによるクリアなコミュニケーションは、アイデアをわかりやすく伝え、より深く理解してもらうのに役立ちます。また、アイデアが間違っていた時にもすぐにわかります。

     

    すぐれたコミュニケーションは、他の人があなたを理解する手助けもしてくれます。Eメール、テキストメッセージ、Slackメッセージでもライティングスキルがあれば誤解されることを防ぐことができます。昨今、仕事において、クリアで効果的なライティングが重要なのはいうまでもありませんね。

     

     

    最後に

     

    上級ライティングスキルがあれば、なんでもいいデザインになるというわけではありません。

     

    しかし、デザイン力の一つとしてライティングスキルがあれば、 コンテンツをより効果的にし、あらゆる場面にも対応でき、アイデアをわかりやすく伝えることができるでしょう。言葉はデザインと同じくらい重要なのです。

     

    いいライターになるために必要なことは、ただ書くこと。それだけです。職場に参考になる人がいたら、その人を良く観察してみてください。そして、あなた自身のライティングスタイル、すなわちコミュニケーションスタイルを作りましょう!

    おすすめタグ