ガジェット

ガジェット

PC動作安定度をテスト 今すぐ試せるメモリ・CPU・GPUの高機能ストレステスト無料ツール16選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、16 Best Tools To Stress Test Your PC [CPU, GPU and RAM] In 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

114 views

読了時間 : 約8分5秒

新しいPCの電源をつけて、正しく機能するのを見るととても満足するでしょう(少なくともパソコンオタクにとっては)特に、検索、購入などに1日を費やす人にとっては。

 

大抵、MS Office、Chrome、メディアプレーヤー、PDFリーダーなどのアプリを毎日使い新しいパソコンはきちんと機能します。しかし、しかしYoutubeに何時間もビデオストリーミングしながらFortniteをロードする場合はどうでしょう?

 

オーバーヒートなしにCPUはタスクを完了すると思いますか?RAMは何時間も作用しますか?GPUは1秒ごとにフレームを作成しますか?

 

これらの質問に答えるために、ストレステストを行いました。PCハードウェアをストレスに晒し、システムが正常に作用するのかを調べたのです。

 

この記事の目的は、ストレステストのツールとベンチマークソフトウェアの価値です。PCがどのような状況でも作用するか観察できます。これらのツールの目的は、PCが失敗しないようにテストすることとタスクを与え、最大パフォーマンスをテストすることです。

 

始める前に、ストレステストを実行することの本質的な危険性について警告します。下記のツールのリストは、ハードウェア産業により定義された制限を超えるかもしれません。絶えず全てのパラメーターを監視することをお勧めします。CPUクロックや温度を含めて、何か変化があったらすぐにテストをやめてください。

 

16. Core Temp

価格:無料

対応機種:WindowsとAndroid

 

Core Tempは、軽いけれどパワフルなツールで、気温や他の情報を観察します。システムの各プロセッサーの気温をロードと同時にモニタリングします。

 

メジャーな製造元(IntelやAMDを含む)は、Digital Thermal Sensor (DTS)をx86プロセッサーにしました。そうすることにより、高い解決力とより確かな気温読み取り技術を可能にしました。Core Tempは、DTSから直接データを読み取り、外部センサーやマザーボード回路によってもたらされる不正確さを排除します。

 

15. FurMark

価格:無料

対応機種:Windows

 

FurMarkは、GPUパフォーマンスをアルゴリズムを使用して測ります。画像処理によるオーバーヒートのために作成されました。全てのOpenGL2.0で作用し、画像処理をします。 Intel HD Graphics 2000/3000, MD/ATI Radeon 9600以上、NVIDIA GeForce 6 以上

 

FurMarkのインターフェイスは簡単に使えます。そして新しいシステムがどの程度うまく機能しているのかを知りたいのか、それともシステムをアップグレードしたいのかなど、完全な情報を提供します。

 

マルチGPU構成でテストを実行している場合は、ウィンドウモードはプライマリGPUしか使用されないため、これをフルスクリーンモードで実行する必要があります。

 

14. Tsung

 

価格:無料

対応機種:Windows、Linux、MacOS

Tsungは、MsSQL、SOAPのストレステストの開発者に向けてデザインされました。WebDAV, PostgreSQL, HTTP,XMPPサーバー。システムで起こる何百もの現象をシミュレーションします。

 

これによりユーザーは、SNMPおよびminin-modeエージェントを介してプロセッサ、RAM、およびネットワークトラフィックを監視できます。ユーザーはロード中にレポートを(HTML形式で)生成し、応答時間、サーバーのCPUおよびその他の統計を分析できます。

 

13. PassMark BurnInTest

価格:無料・スタンダードエディション$59

対象機種:Windows

 

PassMark BurnInTestは、すべての主要サブシステムの耐久性、安定性および信頼性をストレステストできます。CPU、G PU、RAM、SSD、ハードディスクドライブ、光学式ドライブ、プリンタ、ネットワークポート、およびサウンドをテストします。

 

有料版には、USBポート、webカメラ、マイク、テープドライブなど、さまざまな追加テストが付属しています。そのインターフェイスには、警告や詳細な情報とともに、テストサイクルの数と各テストで発生したエラーが表示されます。

 

12. HeavyLoad

 

価格:無料

対応機種:Windows

 

HeavyLoadはユーザーのニーズに合わせてカスタマイズできます。例えば、ユーザーは複数のプロセッサコアで使用可能なコアの数を選択するか、テキストファイルをハードディスクドライブに書き込む速度を設定できます。

 

このツールは、プロセッサの負荷をシュミレートするために複雑な計算を実行し、GPUの負荷をシュミレートするために3Dレンダリングされたグラフィックを使用します。また、ユーザーは特定の量のメモリーを割り当てて、システムが不十分なメモリーでどのように動作するのかを確認できます。

 

11. UserBenchmark

 

価格:無料

対応機種:Windows

 

こちらは1分以内にPCをテストし、同じサブシステムを持つ他のユーザーと結果を比較します。ハードウェアの問題を素早く検出し、適切なアップグレードを調査するための最も無料のツールの一つです。

 

このツールは、システムの4つの主要のコンポーネント、CPU、RAM、GPU、ドライブをテストします。CPUをテストするために、整数と浮動小数点で複雑な計算を実行しますが、GPUテストでは、6つの3Dゲームシュミレーションを実行します。RAMテストには、マルチコアと待ち時間が含まれ、ドライブテストでは、いくつかの読み取り、書き込み、および混合IO操作を実行します。

 

10. MemTest64

価格:無料

対応機種:Windows

 

Memtest64は非常に軽いツールで、RAMのチェックができます。Windowsでは、メモリーエラーが原因でデータを破損したり、アプリが大きくクラッシュしたり、ブルースクリーンが表示されたりします。これは主にメモリ頻度か不完全なハードウェアが原因で起こります。

 

こちらではテストパターンで物理メモリを起き、他のプログラムをページファイルにプッシュすることで、テスト用にメモリを解放します。オーバークロッカーはこのツールを使用し、周波数とDRAM速度を変更することでメモリのパフォーマンスを最大化することができます。

 

9. MSI Afterburner

価格:無料

対応機種:WindowsとAndroid

 

こちらは、GPUのフルコントロールです。GPUの電圧、クロック周波数、ファン速度を上げて、温度と性能の間の完璧なバランスを見つけることができます。

 

このツールは、ハードウェアの詳細な洞察を提供し、ゲーム内のベンチマークの実行、ゲーム内スクリーンショットの撮影、ゲームプレイの記録を可能にします。オンスクリーンディスプレイには、システムのパフォーマンスに関するリアルタイムのデータが表示されるため、ゲーム中にオーバークロック設定の影響を監視できます。

 

8. Intel Processor Diagnostic Tool

価格:無料

対応機種:Windows

 

その名が示すように、こちらはブランド識別をチェックし、Intelマイクロプトセッサの機能を検証し、そしてCPUのストレステストを実行します。プロセッサの動作周波数とその特定の機能を確認します。

 

このツールには、頻度テストを実行する「クイックテスト」、数分間ストレステストを実行する「機能テスト」、および2時間ストレステストを実行する「バーンインテスト」の3つのアプリセット設定があります。

 

7. HWMonitor

価格:プロ版は$22

対応機種:Windows、Android

 

HWMonitorは、システムのメインヘルスセンサーを読み取り、CPU情報、パワー消費量、利用、GPU、マザーボードの電圧、ファンの速度、およびハードディスクドライブの温度。Pro版は、あなたが別のデバイス上の情報を見ることができるようにあなたのローカルネットワークを介してモニタリングデータを転送する能力を与えます。現在のバージョンでは、Androidスマートフォンから最大10システムを監視できます。

 

6. Intel Extreme Tuning Utility

価格:無料

対応機種:Windows

 

Intelシステムにとって、こちらは最もすぐれたツールでしょう。オーバークロックを可能にし、CPU、メモリ、GPUのストレステストをします。

 

このインターフェイスは、Intelマザーボードおよびアプリケーションプロセッサで利用可能な新機能とともに、一連の機能を示しています。グラフ機能を使用して、パッケージ温度、最大コア周波数、CPU使用率、サーマスロットル、および電力制限スロットルを継続的に監視できます。

 

5. PCMark

価格:無料、アドバンス版$30

対応機種:Windows、Linux、MacOSX

 

PCMarkは、実際のアプリに基づいてテストを実行することによってシステムのパフォーマンスを決定します。これらのテストには、ゲームのプレイ、写真、ビデオの編集、webサイトの閲覧などの日常的なアクティビティが含まれます。

 

ベンチマークの実行ふぉとに、低レベルのワークロードスコア、中レベルのテストグループスコア、および高レベルのベンチマークスコアが作成されます。これらはツール内で並べて比較できます。全体として、これはシステムを比較してアップグレードを選択するための正確で偏りのないツールです。

 

4. Prime95

価格:無料

対応機種:Windows、Linux、MacOSX

 

Prime95は、CPUストレステストのユーティリティの一つです。これは、Lucas-LehmerとProbable primeの2つのアルゴリズムを実装することによって、CPUを絞ってMersenne primeを見つけます。通常、お使いのシステムがこのアプリを6時間連続して(中断やエラーなしで)実行できる場合、その有効期間にわたって問題が発生する可能性は低くなります。

 

こちらには、特にPCサブシステムのエラーをテストするための「拷問テスト」モードがあります。高速フーリエ変換のサイズを変更し、システムの様々なコンポーネントをより適切にテストするようにソフトウェアを構成できます。

 

「スモール」モードでは、CPUのキャッシュと浮動小数点ユニットをテストできます。ただし、すべて(RAMを含む)をテストしたい場合は、「ブレンド」モード設定に切り替えることができます。

 

64ビット版のWindowsでスレッド数が64を超えている場合、こちらはすべてのプロセッサスレッドに完全に負荷をかけることはありません。この場合、オペレーティングシステムはプロセッサをグループで処理し、各グループには最大64個のスレッドが含まれます。

 

3. 3DMark

価格:アドバンス版$30

対応機種:Windows、Android、iOS

3DMarkは、システムビルダー、ゲーマー、オーバークロッカーのためにん設計された強力なベンチマークツールです。ノートブックやタブレットから最新の4Kゲーム用PCまで、幅広いデバイスのCPUワークロード処理と3Dグラフィックスレタリング機能を決定するために使用できます。

 

それは自動的にハードウェアをスキャンしてあなたの機器に適したベンチマークを提案します。テストを開始すると、GPUとCPUの温度、フレームレート、クロック速度がリアルタイムで表示されます。またデバイスを他のモデルと比較して、アップグレードの時期が来たかどうかを判断するのに役立ちます。

 

2. Unigine Heaven

価格:無料、アドバンス版$15から

対応機種:Windows、Linux、MacOSX

 

Unigine HeavenはGPUを限界まで打ちのめします。集中的にストレスの多い条件下でグラフィックスカードの安定性を判断するための最も強力で正確なツールの1つです。同時に、最大発熱量の下での冷却システムの可能性もチェックします。

 

このツールは、すべてのマシンで真のゲーム内レタリングワークロードを作成し、偏りのない結果をもたらします。正確なFPSおよびGPUスコアを提供するために、ハードウェアスコアを提供するために、ハードウェアセレーション(ポリゴンを自動的に細かく分割するためのスケーラブルなテクノロジ)が広く使用されています。

 

1. AIDA64

価格:$40から

対応機種:Windows、Android、iOS

AIDA64は、専門家向けに設計された包括的なシステム診断ツールです。多くの独自機能が搭載しています。GPU、CPU、およびRAMを含むすべてのPCコンポーネントのストレステストに使用できます。

 

こちらには、偽造のPCI識別と書き変えられたBIOSイメージを持つ偽のNVIDIAグラフィックカードを検出する機能があります。また、RGBデバイスのCPUメモリの温度、使用率、電圧、ファン速度、およびネットワークトラフィックを監視するための高度なRGB LEDモジュールも備えています。

 

エキストリームバージョンは、最大1280の同時処理スレッド、およびマルチプロセッサ、マルチコア、サポートできます。さらにLSI RAIDコントローラーなど、最新のハードウェアテクノロジーをすべてサポートしています。

 

おすすめタグ