ゲーム

ゲーム

有名なOS「Linux]のゲームに最適なLinuxディストリビューション8選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、8 Best Linux Distributions for Gaming in 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

80 views

読了時間 : 約9分25秒

ゲームをするならマイクロソフトではないといけないという時代がありました。しかし、時代は変わります。無料のOS「Linux」が今は最も有名なシステムとなっています。もちろん、まだマイクロソフトやアップルのマックOSのような有名なシステムの後任となるには長い道のりがありますが、徐々にその便利さに人々は気が付き始めています。



「Linux」用のゲームは沢山存在します。クラッシックエミュレーター、windowsゲーム、スチームストアも加えると、「Linux」のゲームは他のプラットフォームより多く存在しています。



もちろん、ゲームをプレイするにはそれに適した「Linux」ディストリビューションが必要になります。どんな「Linux」ディストリビューションもLinuxゲーム機に変換できますが、ゲームに特化したディストリビューションもあります。




これらのディストリビューションはゲームに必要な機能が備わっているので、お気に入りのゲームをプレイするために、セットアップに時間をとられることはありません。8つのおすすめのディストリビューションをこれから紹介しますので、お気に入りの1つを見つけてください。

Steam OS

ベース: Debian
デスクトップ環境: Gnome
パッケージフォーマット: DEB

 


スチーム機械向けにデザインされたもので、ValveはダウンロードできるLinuxベースのOSですがサポートは制限があります。様々なビデオカードやコントローラ/ジョイスティックに対応したドライバが用意されています。



スチームストアとのスムーズな連携や、Linux用のスチームゲームなどゲームに適したOSです。しかし、今まで「Linux」を利用したことがない人にとって初期設定が難しいのと、ハードウェア要件が他のLinuxディストリビューションに比べて高いデメリットがあります。




また、多様な独自ドライバを利用しているため、OSに拘る人は不便と感じるかもしれません。ですが、最初の初期設定さえ乗り越えれば、これがゲームに適した最高のLinuxディストリビューションとなるでしょう。





メリット
✔見やすいUI
✔対応グラフィックカードが豊富
✔コントローラ/ジョイスティック対応豊富
✔スチームストアにすぐに対応


デメリット
✔高いハードウェア要件
✔初期設定はスチームゲームのみ対応
✔セットアップが難しい



ハードウェア要件
・Intel もしくは AMD 64-bit processor
・4GB RAM 以上
・250GB 以上
・USBポートもしくは DVD ドライブ



結論
スチームゲームが好きでお気に入りのゲームがあるならばおすすめ。利用してる機械が高いシステム要件を満たしているか確認が必要

 

Sparky Linux Gameover Edition

ベース: Debian
デスクトップ環境t: Openbox
パッケージフォーマット: DEB

 


Sparky Linux Gameover Edition」はLiniuxディストリビューションとして有名ではないですが、ゲーム向けとしてはかなりおすすめです。このディストリビューションは複数のエミュレーションタイプに適応しているので、インストールしたゲームはすぐに遊ぶことができます。



もし、SteamユーザーならすぐにSteam OSよりゲームに適していると感じるでしょう。Wine と PlayOnLinuxも含んでいるのでWindowsゲームもプレイ可能です。また、あなたのハードウェアにとってベストなドライバを探してくれるので。Linuxゲーム機以外でもベストパフォーマンスで利用することができます。



しかし、「Sparky Linux」は誰もが利用できるわけではありません。OpenBoxのグラフィックインターフェースを利用していて、強力ではあるものの、他のインターフェースほど洗練されていない点があります。もちろん、別のものを利用することもできますがそれには「Linux」の利用方法を習得する必要があります。


サポートも限られています。公式のヘルプや開発者のレスポンスも良いですが、このディストリビューションは有名ではないのでサポート体制が単に小規模になっています。なので、自力で解決策を見つけなければならない時もあります。



メリット
✔スチームゲーム対応
✔Windowsゲーム用のWineとPlayOnLinux
✔多数のエミュレーション対応

 

 

デメリット
✔インターフェースがあまり良くない
✔オンラインサポートに制限あり



ハードウェア要件
・Intel または AMD 64-bit プロセッサー
・256MB または RAM以上
・20GB 以上のハードドライブ
・USB ポート または DVD ドライブ

 


結論
もし、すぐに幅広いLinuxゲームで遊べるシステムが良く、インターフェースの悪さがあまり気にならないのであればおススメです。

 

 

Ubuntu GamePack

ベース: Ubuntu
デスクトップ環境: Unity/Gnome
パッケージフォーマット: DEB


UbuntuはLinuxディストリビューションの王ではないかもしれないですが、世界で最も知名度のあるディストリビューションであることは間違いありません。 「Ubuntu GamePack」はUbuntuではなくUbuntuをベースとしたディストリビューションです。今までUbuntuやLinuxを試したことがあるなら、すぐに慣れると思います。



Steam、Lutris、Wine、PlayOnLinuxが最初からインストールされているので、様々なプラットフォームの何千ものゲームに対応できます。ビデオカードやコントロールに対応したハードウェアに加えて、どんなゲーマーにとってもぴったりなLinuxディストリビューションになっています。



もちろん、完璧ではありません。Ubuntuがベースになっているので、サービス広告やそもそも多くの人がディストリビューションから逃げる原因となったアマゾンビルトインのわずらわしさを感じるでしょう。

 


Ubuntuは他のディストリビューションに比べて容量を必要とします。「Ubuntu GamePack」はより効率的に最適化されておりますが、やはりベストなパフォーマンスのためにはパワーを必要とします。



メリット
✔馴染みやすく進化したインターフェース
✔Steam,、Lutris,、Wine、PlayOnLinux out of the box対応
✔幅広いハードウェアに対応
✔サポート充実


デメリット
✔システム要件が高い
✔デスクトップ上に広告が表示される



ハードウェア要件
・2 GHz以上のプロセッサー (64-bit推奨)
・1GB RAM 以上
・9GB ディスク (多いほうがベスト)
・ スクリーン解像度1024×768の VGA ケーブル、スチームゲーム、その他GPU向けの Intel HD Graphics/AMD Radeon 8500



結論
Ubuntuは有名なディストリビューションかつ使いやすいものの1つで、GamePack 版は初めてLinuxを使う人におすすめです。ユニティインターフェースと膨大な機能数によって他の紹介サービス比べて容量が非常に大きくなっています。

 

Fedora Games Spin

ベース: Fedora
デスクトップ環境: Xfce
パッケージフォーマット: RPM

 


「Fedora」も有名なディストリビューションで商用Linuxディストリビューション、「Red Hut Linux」用のテストベットとして渾身の1つです。「Fedora」はその技術に関しては最先端の歴史があるため他のディストリビューションでは見られないバグに出くわすことがしばしばあります。



このGames Spin版は、Gnome 3と比べて軽量なXfce デスクトップに対応しています。しかし、根底の技術は「Fedora」のままなので、強力で最新のOSの1つとなっています。



最大の特徴の1つが、デフォルトで膨大な数のゲームが用意されていることです。何千ものゲームが用意されています。Linux用のゲームはまだ少ないですが、初回としては十分すぎるほどの数は用意されています。



残念ながら、ドライバは最新のハードウェアやSteam、Wine,、PlayOnLinuxには対応していないので、自分で追加する必要があります。


メリット
✔強力かつ最先端の技術
✔初期ゲーム量が多い
✔サポート体制万全

 

 

デメリット
✔最新のハードウェア向けのサードパーティードライバなし
✔Wine、Steam,、PlayOnLinuxデフォルト搭載なし


ハードウェア要件
・2 GHz 以上プロセッサ (64-bit 推奨)
・1GB RAM 以上
・10GB ディスク以上
・スチームゲーム用・他ゲーム用GPUのIntel HD Graphics/AMD Radeon 8500



結論
「Fedora Games Spin」は試行錯誤された技術で開発されたOSで、多くのFedoraに搭載されているGUIより軽く速いグラフィックになっています。しかし、スチームゲームやWindowsゲームを探しているのであれば、初期設定がやや大変です。

 

 

Game Drift Linux

べ―ス: Ubuntu
デスクトップ環境: Mate
パッケージフォーマット: DEB


「Game Drift Linux」は私が見てきた中で最も競争力のあるゲーム向けLinuxディストリビューションの一つです。ゲームを始めるのに必要なものが揃っています。ワンクリックでインストールできる質の高いゲームにフォーカスした独自のゲームストアもあります。


このディストリビューションはUbuntuを元にしているので、サポートが充実しており、稼働もとても安定しています。クロスオーバー技術で1200以上のWindowsゲームに対応していますが、ソフトウェアはディストリビューションをインストールする為だけに購入しなければなりません。


このディストリビューションはゲーム向けに設計されているものの、ベースはUbuntuなので他に比べて高いハードウェア要件を必要とします。しかし、グラフィックインターフェースとしてMateを動かしているので、Unity やGnome 3より効率的に動作します。


Game Drift Linuxは完璧で高機能なディストリビューションであり、ワンクリックでのインストールや多くのWindowsゲーム対応など使いやすくなっています。


メリット
✔簡単にインストールできるゲームストア
✔多くのWindowsゲーム対応
✔ 4 GBハードディスクドライブ(ゲームは含まない)
✔ ゲームに最適なATI, NVidia, Intel グラフィックアダプタ


デメリット
✔クロスオーバーはインストール後購入
✔他のLinuxディストリビューションほど軽くない


ハードウェア要件
・1-2 GHz プロセッサー(32 もしくは64 bit)
・1-2 GB RAM
・4 GBハードディスクドライブ(ゲームは含まない)
・ゲームに最適なATI, NVidia, Intel グラフィックアダプタ


結論
「Game Drift Linux」はUbuntuをベースにしており、ゲームに必要な全てのソフトウェアと技術を備えていますが、より最適に使うにはクロスオーバーにお金を費やす必要があります。

 

 

Lakka

ベース: OpenELEC
デスクトップ環境: カスタム
パッケージフォーマット: 適用なし


次にご紹介するのは、レトロゲームに適したLinuxディストリビューションです。もし、Atari、NES、 Sega Genesisなどの古いプラットフォームでクラシックゲームをプレイするのが好きなら、余計な機械が埃を被って積み重なってることでしょう。そうであれば、「Lakka」はおすすめです。


システムに構築された多様なエミュレーターやx86 PCs、the Raspberry Piを含む数多くのハードウェアにインストールができ、「Lakka」はクラッシックゲーム向けに柔軟なディストリビューションとなってます。UIは見やすく、基盤システムはKody、公式にはXABCとして知られているに基づいているので、インターフェースは洗練されており、どんなクラッシックゲーム好きにもぴったりになっています。


メリット
✔幅広いハードウェア対応
✔エミュレーターはプレインストール済
✔UIがきれい
✔スチームストアとの互換性あり


デメリット
✔Linuxのフルバージョンではない
✔最近のゲームへのサポートは限られている
✔手動セットアップは初心者には難しい


ハードウェア要件
どのデバイスにも対応


結論
レトロゲームが好きで、すべてのエミュレーターとゲームを一つにまとめたいなら、Lakkaはおすすめです。フルコンピュータとしての機能を必要とする場合や、より現代的なゲームも動かしたい場合は、他の製品を検討すべきでしょう。

 

 

Solus

ベース:なし
デスクトップ環境: Budgie
パッケージフォーマット: eopkg Package Manager


「Solus」は他に比べてそこまで有名ではないですが、紹介させてください。「Solus」は、パッケージ管理やアップデートを他のディストリビューションに依存しないように、ゼロから構築されています。完全にビッグプレイヤーから独立しています。他に比べて軽量ではないですが、最も頑丈でもありません。


「Solus」は、比較的新しくLinuxで唯一のデスクトップ環境であるBudgeデスクトップを採用しています。見た目も素晴らしく、通知センターなど、2018年のOSに多くの人が期待するようになった最新のOS機能を備えています。


メリット
✔独立したLinuxディストリビューション
✔通知などの最新のOS機能
✔UIがきれい
✔ゲーム機能が追加ソフトウェアなしで利用


デメリット
✔容量が少し重い
✔他の有名なLinuxプレイヤーほど有名ではない


ハードウェア要件
・Intel/AMD CPU (64 bit 推奨)
・最小2GB RAM , 4GB以上推奨
・10GBストレージ以上
・ゲームに適したATI, NVidia, Intel GPU


結論
「Solus」は、Linuxの大手企業に飽き、機能が豊富で、ゲームにも通常の使用にも十分な機能を備えたOSを試してみたいと思っている人にぴったりのLinuxディストリビューションです。

 

 

Manjaro Gaming Edition (mGAMe)

べ―ス: Arch Linux
デスクトップ環境: Xfce
パッケージフォーマット: Pacman


他のレトロゲーム向けのLinuxディストリビューションは「Manjaro Gaming Edition」で、「Lakka」よりも充実しています。軽量だが機能豊富なXfceデスクトップを搭載しユーザーはこのレトロパワーハウスをフルデスクトップとして利用でき、日常使いに必要なソフトウェアがそろっています。



しかし、「Manjaro」の魅力はレトロゲームだけではありません。スチームのサポートも含まれておりますがインストールはされていません。しかし、必要なものはほとんど含まれています。PlayOnLinux、 Wineのようなソフトウェアも含んでいます。


メリット
✔エミュレーターとゲーミングソフトウェアプレインストール済
✔軽量で最新デザインのXfce
✔簡単にインストールできるスチーム
✔常に最新版を利用可能



デメリット
✔スチームは手動インストール必要
✔いくつかのソフトウェアは手動インストール必要


ハードウェア要件
・1GHz プロセッサー以上
・1GB RAM以上
・30GB ストレージ以上
・ゲームとHDに適用したATI、 NVidia、 Intel GPU


結論
少し難しくても仕事、ゲームどちらにも使えるOSを探しているなら、「Manjaro Gaming Edition」はおすすめです。

 

 

最後に

「Linux」でゲームをするのに最適な時代はありません。今や「Linux」には素晴らしいゲームがたくさんあり、プレイに困ることはありません。PCゲーム、古いコンソール向けのクラシックゲームなどを動作させるすべてのエミュレーターと接続することで、「Linux」のゲームはゲーマー達に選ばれています。


これらのディストリビューションは「Linux」のゲーム向けのLinuxディストリビューションのいくつかです。すべてのディストリビューションは「Linux」ゲームの世界をあなたに提供し、どこからでもプレイできるようにしてくれます。ノートPCやデスクトップPCでプレイでも。これらのディストリビューションはぴったりで、思い描くフリーやオープンソースのゲームもプレイすることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ