マーケティング

マーケティング

2021年、誰もが知っておくべきソーシャルメディアの9つのトレンド

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、9 SOCIAL MEDIA TRENDS EVERYONE MUST KNOW ABOUT IN 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

345 views

読了時間 : 約7分51秒

 

2020年にソーシャルメディアで展開された、さまざまな大きなトレンドがありますが、いずれも、ユーザーがSNSに関心を持ち続けていることで生まれたものです。これは、長期的な視点に立った革新的なソリューションを生み出す特別な原動力となっています。

 

まず、おそらくその基本となるのはストーリーです。予想通り、ストーリーを語る新しいフォーマットとして、短いビデオクリップがユーザーに好まれました。

同様の形式は、2013年にSnapchatで初めて登場し、2016年からはInstagramでも積極的に推進されています。新しいものではないとはいえ、この革新的で先進的なジャンルのおかげで何が起こったのか?


それは、次のような特徴を持つストーリーがトレンドになったことです。これらの特徴は、現代の大衆的なマスメディアに内在するもので、そのトップはもちろんインターネットです。

 

その中には他のものから派生したものもありますが、他の分野での統合がすでに功を奏しているため、個別に考察する可能性は失われていません。
それぞれを個別に語るのが適切でしょう。

 

自然さ

一見、昔から自然さが求められているように見えます。実際、ソーシャルメディアが発達した時代には、ビジュアルとテキストの両方のコンテンツにおいて、リアルな感情やポーズ、つまりリアルで率直な人生の瞬間を切り取ったものが最も重要なトレンドとなっていました。

 

また、「ワンプリセット」、つまり一色のデザインは人気がなくなってきています。以前は、一色のフィードを作成するためにフィルターやプリセットを購入し、配色のトレンドに応じて上位を期待していましたが、現在は、色合い、写真の内容(例えば、ミニマリズムとオールオアナッシングの交互)、ポーズ、感情など、写真の要素に基づいてフィードを整理しています。

 

インターネット上には「完璧な」写真がたくさんあるので、現在のユーザーの高い基準を忘れてはいけません。質の高いコンテンツは常に求められています。こだわりの強いユーザーは、”はい、チーズ!”のようなスタンダードなものではなく、リアルでオープンで正直な生活を求めています。

 

ストーリーテリング

ストーリーの文脈では、この言葉は、ストーリーの相互関連性を意味します。これにより注目を集め、製品やサービスの必要性ではなく、人間の強い興味によって観客をストーリーに集中させることができます。ストーリーに一定の論理性を持たせることで、エピソードがいくつあっても最後まで見たいと思わせる1つのシリーズになります。

 

ストーリーがスムーズにInstagramなどのSNSアプリへの投稿につながると嬉しいですね。要は、長い文章を読みたい人は投稿を、短いストーリーに興味がある人はストーリーを選ぶということです。クライアントに選択の可能性を与えることが成功の秘訣です。

 

パーソナルブランド

よく似たInstagramが、非常に人気のあるソーシャルメディアアプリであるだけでなく、現代のインターネットにおける最も効率的な取引プラットフォームになっていることは否定できません。そのため、ビジネスマンは、自社製品をより効果的に宣伝するために、インスタグラムにプロフィールを作成する必要があります。自営業者やフリーランサーは何をしているのか?


まず、自分がその分野の専門家であることをメディアでアピールすることが重要です。自分の成功した作品を紹介し、できるだけ有益な情報を提供することです。専門家を紹介するページなのに、投稿の大半がナイトクラブでのパーティーやセイシェルへの旅行を紹介していたら、専門家としてではなく、クラブ通いや浪費家としての意見が形成されてしまうでしょう。そうなると、無意識のうちに著者の信頼性が低下します。

 

個人情報については、専門家としてのあなたのことを伝え、あなたの理念や信念を聴衆に紹介するものであれば適切です。自分がどれだけ努力してきたか、どれだけ成功しているか、どれだけ責任感があるか、どれだけ自分の評判を気にしているかなどを伝えましょう。あなたのニュースは、プロとしてのあなたに興味のある人たちだけでなく、あなたのアカウントを平易な言葉で気に入った人たちからもフォローされ、あなたの潜在的な顧客になる可能性があるのです。

 

エンゲージメントに重点を置く

以前は、「いいね!」がたくさんついていれば、その情報は注目に値すると考えられていました。多くの人が「いいね!」と言ってくれているのであれば、それを読むのは当然のことだからです。問題は、「いいね!」を買うことや、情報の宣伝が目立ちすぎることなどにより、「いいね!」がそれほど重要ではなくなってきていることです。

 

「いいね!」で情報を評価するという反応は、私たちの神経系からあっという間に消えてしまいました。今、極めて重要なのはエンゲージメントです。それが何であるかを理解するには、より広い概念である「インサイト」を掘り下げる必要があります。

 

それは、プロフィールのプロモーション、ユーザーのコンテンツへの興味などを示すものです。多くの基準で構成されていますが、最も重要なものをここで紹介します。

 

●リーチとは、コンテンツを見たユーザー(ユニークユーザー)の数の合計です。

 

●エンゲージメント – 投稿やストーリーについた「いいね!」や「コメント」の総数です(ストーリーの場合、「いいね!」の代わりに投票やクイズが表示されます)。

 

●インプレッション – ユーザーではなく、アクションの数をポイント化したもの(ある人の5回の閲覧は5回のままで、1回には換算されません)。

 

●セーブ – 「いいね!」とは異なり、セーブを購入することはできません。


これらの要素の中でも、エンゲージメントは最も重要な要素です。この指標は、2つの要素(「いいね!」と「コメント」)を組み合わせることで、オーディエンスがどれだけ素材を気に入っているかを客観的に示します。

 

簡単な例を挙げると、あなたのアカウントのフォロワー数は5,000人、エンゲージメントは45人です。つまり、インスタグラムのあなたのアカウントは、フォロワーにすらアピールされていません。簡単に言えば、あなたのコンテンツは面白くない – 人々はそれに反応していない – 誰も見ていないということです。

 

このように、メインのトレンド(エンゲージメントのパラメータ)があるからこそ、さらに選択的なトレンドが生まれているのです。面白い文章と美しい画像の重視」や「高品質なコンテンツ」という当たり前のことはさておき、最も理解しやすく重要な3つのことを強調することができます。

 

まず1つ目は、ゲーミフィケーションです。何歳になっても、広告がクリエイティブでインタラクティブなおもちゃに変わることを評価します。

今やユーザーは、質問、投票、クイズのポップアップウィンドウを自動的にクリックします。この斬新なアイデアの成功の鍵は明らかです。ユーザーは、ミクロのストーリーを見るだけでなく、それに参加する機会を得たのです。指が自らアクティブな空間をクリックしているのです。

 

ユーザーは、誰かが自分の意見に興味を持ち、その意見を一つの動作で表現することが許され、長いコメントを入力する代わりにミニゲームをすることで、道徳的な満足感を得ることができます。

 

そして、作者は、より大きな関心と各ユーザーのエンゲージメントを得ることができます。ゲーミフィケーションがストーリーの中にあり、それが多様であればあるほど、視聴者はこれらのストーリーをずっと見ていたいと思うようになるのです。

 

2つ目は、密度の低いハッシュタグです。ハッシュタグは何のために必要なのか?ルールとして、答えは標準的で、必要な情報を検索するためです。それは真実ですが、理論的にはそうではありません。なぜならば、時間の経過とともに多くの外部サービスが出現したため、高密度のハッシュタグを使った無関係な情報が増えてきたからです。

そのため、このようなハッシュタグをつけて投稿することは、無意味なだけでなく、有害でもあります。

 

第一に、優れた内容で素晴らしい写真の投稿であっても、同じハッシュタグをつけた似たような投稿やストーリーの中に紛れてしまう可能性があります。そのため、ユニークなハッシュタグがトレンドとなっており、著者やそのビジネスに関する情報を見つけやすくなっています。このハッシュタグが言及される回数は少ないほど良いです。

 

3つ目は、大量のフォローをあきらめることです。今のところ、ソーシャルネットワーク、特にInstagramのフィードは、オーディエンスが興味を持っている投稿で構成されており、「いいね!」の数が多い投稿は含まれていません。時間とお金をかけて「いいね!」や「フォロワー」を購入しても、最終的には最低限のフォロワーをクライアントや顧客、パートナーに変えた競合他社に負けてしまいます。

 

「いいね!」や「フォロワー」を購入することは、ネットワークのアルゴリズムを刺激し、あなたのプロフィールがブロックされる危険性があることを忘れてはいけません。

 

ボイスマーケティング

コンサルティング会社のCapgeminiは、音声アシスタントに対するユーザーの関心について調査を行いました。その結果、24%の回答者がウェブサイトよりも音声アシスタントを利用したいと考えていることがわかりました。これは控えめに言っても大きなシェアです。しかも、この数字は年々増加しています。音声アシスタントがネットワーク上に登場し、音声アシスタントとの連携に焦点を当てた特別なマーケティングの方向性が計画されています。

 

このことは、Bloomberg Companyのメッセージによって確認されています。Bloomberg Companyは、Messengerアプリを介して送信された音声メッセージが、何百人ものFacebookユーザーによって(明らかに、これらのメッセージの完全な匿名性を条件に)聞かれ、書き取られたと述べています。これは、人工知能によって生成されたトランスクリプトが、話された言葉や文章に対応しているかどうかを確認するために行われました。

 

SiriやGoogleアシスタントなどは、ユーザーとのコミュニケーションによって学習し、より多くの操作を手助けすることができるため、ますます普及しています。Napoleon retailの予測によると、2021年までに音声アシスタントが組み込まれたデバイスは世界で約75億台になると言われています。

 

ソーシャルメディアの新しいジャンルとして、ポッドキャストも忘れてはなりません。

例えば、仕事に行くときやデッキチェアに横になっているときに、時間を無駄にしたくないとします。それならば、有益な情報を聞くのはどうでしょうか?

 

現在、市場には多くのプレーヤーが存在していますが、最も有名なものといえば、Brand Analyticsによると上位に位置しているものを挙げることができません。YouTube、Soundcloud、Apple Podcasts、VK Podcasts、Mixcloud、Yandex Music、Google Podcasts、Spotify、Castbox、Podsterなど様々です。

出典: Brand Analyticsの調査


上記のようなストーリーは、音声アシスタントの普及に大きな役割を果たしています。なぜなら、ソーシャルネットワークのユーザーは、音声を主な情報源として見ることに慣れており、自分の声を使うからです。

 

あなたの会社に導入する価値はありますか?ターゲット層にイノベーターやハイテクに憧れる人がいる場合、コンテンツが同様のアシスタントに適応できる場合、結果が予測されていて自分に合っている場合、間違いなく実施する価値があります。

 

ここでは、「トレンドツリー」のようなものをご紹介しました。トレンドは互いに派生し、統合されますが、別々に存在することもあります。だからこそ、SMM(ソーシャルメディアマーケティング)の現段階では、どれだけ次のトレンドに影響を与えても、どれだけ前のトレンドに依存しても、それぞれが自給自足であり、自立しているのです。

 

いいことばかり言っていられません。9つのポジティブなトレンドに加えて、Tik-Tokとブロガーによる広告という2つのダークな巨人も現れました。

これらを「ダーク」と呼んだのは、当初は素晴らしい可能性を秘めていたのに、不適切な処理によってそれを失ってしまったからです。

 

Тik-Tok


Тik-Tokは、誰もが簡単なビデオ編集ソフトを使って、お金をかけずに、情報に富んだビデオから人目を引く面白い商品を作ることができるので、このプラットフォームの人気を過信することはできません。

 

問題は、Tik-Tokが公開されているということです。つまり、世界中が見ている低品質のコンテンツが散らばっているということです。これでは、せっかくの優秀なコンテンツ制作者の努力が無駄になってしまいます。

 

だからといって、このアプリを無視すべきではありません。シンプルで面白くないものを持っているユーザーが、運が良ければ国際レベルのクリエイティブなプロに勝てるかもしれないのですから、コンテンツの継続的な開発が必要だということを忘れてはいけません。

 

ブロガーによる広告

ブロガーによる広告は、ずいぶん前から人気があり、今でも実際のトレンドとなっています。視聴者を増やし、収入を得ることができますが、何が問題なのでしょうか?

 

問題はTik-Tokと同じで、飽和状態です。Tik-Tokでは、人気はあるがそれほど面白くないコンテンツメーカーを支持する多くのユーザーの嗜好の変化に順応しましたが、この分野では激しい憎悪を引き起こしています。

 

人気ブロガーは2人に1人、広告をコンテンツに組み込んでいます。動画の情報部分に影響を与えないのであれば、悪いことではありません。この2つの要素が対照的になると、ユーザーの頭の中に不協和音が生じ、より調和のとれたものに切り替えることで、目障りな広告から能動的または受動的に自分を遠ざけることになります。


SMMという素晴らしい空間で頑張りましょう!

おすすめ新着記事

おすすめタグ