マーケティング

マーケティング

安全で快適!クロームブラウザ向けVPN7選2018

本記事は、7 Best VPN For Chrome Broswer in 2018 | Free Extensions
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

166 views

読了時間 : 約6分19秒

安全で快適!クロームブラウザ向けVPN7選2018

 

バーチャルプライベートネットワークまたはVPNは、お使いのデバイスのインターネット接続を保護し、システム内外のすべてのデータが暗号化され、思いもよらないデータの盗難トラブルを防ぎます。

また、サイトの管理者や政府の監視の目をかいくぐることができます。VPN業界は、間違いなく急激なスピードで成長していますし、星の数ほどの多くのサービスが提供されています。今やほとんどすべての人がVPNサービスを利用しています。

VPNサービスの利用がここまで普及している理由は、全世界でプライバシー保護の観点やデータ漏洩の心配があることが主な原因です。

これらのアプリケーションを使用する方法もまた変化してきています。 簡単に数回クリックするだけでどんなVPNサービスをも利用することができます。クロームだからできることです。

ほとんどの端末で最初からインターネットブラウザとしてインストールされているクローム、しかしどのアプリを使うのが一番でしょうか?

 

クローム向けVPNサービスリストを作成しましたのでぜひご活用ください。さらに便利なVPNサービスとは、セキュリティ、パフォーマンス、および価格のバランスが大切であることをお忘れなく。

お伝えする前に、私たちはこれらのサービスとは収入上何も関係ないことをご承知ください。あくまでパフォーマンス、セキュリティプロトコル、およびその他の重要な機能に基づいて厳密にランク付けされています。これらのツールのほとんどは無料(広告からのサポート)でご利用いただけます。

Blockless

Blockless

Blockless

 

 

価格:7.50ドル/月

Blocklessは簡単に使えて初心者向けです。使いやすいインターフェイスに加え、セキュリティやプライバシー保護をすばやく行ってくれます。他のサービス同様に、プラットフォームには無料のプランもありますが、ブラウザの拡張機能を使用するにはサインアップする必要があります。

無料で使えるプランには、使える地域はひとつだけで後々変更不可能、使用できるデバイスは1つのみ、TunnelBearのようにダウンロードスピードに上限は無い、といった制限がつきます。

スピードとパフォーマンスを確認するために、いくつか自身でテストしてみましたが

すこしスピードは遅いですが、おおむね満足できる結果でした。

 

あくまで私の意見ですが有料版の値段がまっとうな価格だと思います。とても速いスピードで接続することができますし、全てまたは複数の地域のブロックを解除し、同時に5つの異なるプラットフォームからの接続をサポートしてくれます。

6.Nord VPN

価格:$11.95/月~

サーバーロケーション:62箇所

NordVPNはスピードとセキュリティ保護がしっかりしていることで有名なVPNです。それには、DNSリーク保護を含む重要な機能が備わっていて、ネットワークを遮断するとすぐさまアプリケーションを閉じることで個人情報を保護します。これはOnion routerにもKill Switchとして搭載されている重要な機能です。

AES 256ビット暗号化キーを使用し、1つではなくOpenVPNとIKEv2/IPsecの2つのタイプのセキュリティプロトコルを提供しています。こちらはまた、決してログの記録を残さないような方針を取り決めているので、それもいいポイントです。

さらにNordVPNは匿名の違法なダウンロードができまして、いくつかのサーバーは、Netflixのようなサイトが設けている地域制限をくぐりぬけることもできます。

クロームの拡張機能に関しては、どうしても有料版にくらべて無料版は劣ってしまうことを頭に入れておくべきです。

 

5.Tunnel Bear

価格:$5/月~

サーバーロケーション:20箇所

 

TunnelBearは、VPNサービスではよく知られているもののひとつで、基本的に安全で安心なプラットフォームといわれています。セキュリティ対策を始めてからは、ずっと継続していく必要があります。

これは最初から信頼できるOpenVPNプロトコルを使用します(iOSデバイスの場合はIPSec / IKEv2r)強力な暗号化により、漏洩することの無いVPNです。

クロームの拡張に関して言えば、インストールも簡単にすみます。

心に留めておいていただきたいのは、独立しているデスクトップのソフトウェアと違い、

TunnelBearの拡張機能はブラウザのデータのみを暗号化します。

それでもTunnelBearはいかなるあなたの個人情報も記録しないと、個人情報保護方針にて明確にされています。

TunnelBearはP2Pの働きはサポートしていません。

 

 

4.SaferVPN

価格:$10.99/月~

サーバーロケーション:34箇所

 

もしスピード・セキュリティ・価格とすべてにおいてバランスのとれたものが欲しい場合はSaferVPNがおすすめです。私がSaferVPNを初めて使ったときに

インストールがとてもシンプルで、使いやすかったと思いました。

追加費用がかからず毎月データを500MBまで使用できます。

有料会員になると3つのプランから選べます。どのプランも長く使うことを考えればお得なプランです。

 

最初に、SaferVPNはあまり使い勝手の良くないVPNプラットフォームのベーシックバージョンのように見えるかもしれませんが、提供しているいくつかの機能に特化しているからです。

それには、キルスイッチと5つ同時接続の制限が含まれています。このプラットフォームは、オランダのサーバーを通じてP2Pの活動をサポートしています。

調べていくと、定期的なセッションデータを含むさまざまな統計をログに記録していることがわかりました。

あなたのデータは、想像しているよりはるかに安全に守られています。

 

3.Zenmate VPN

 

 

価格:$9.99/月 $5.99/月

サーバーロケーション: 30箇所

ZenMateはとてもシンプルです。とても使いやすく作られていて

VPNに一番求められているインターネット上でのガードマンを探しているような人にピッタリです。

簡単に調べた後、私は、ZenMateがまだL2TP / IPSecセキュリティプロトコルを利用していないことを知りました。それでもまだ多くの人に使われていますが、もはや上級ユーザーにとっては安全なものではありません。

このサービスはトラフィックを監視せず、一時的に接続IPアドレスのみを記録するため、いくらか「合理的」なプライバシーを提供します。

それでも、その個人情報保護方針が示すのは、個々のデータサーバは、関係する管轄のプライバシー法に基づいて、ユーザのデータの一部を保存することがあります。

ZenMateは他のサービスと比べてほんの少し値段が高いですが、7日間の無料お試し期間があるのがいいところです。有料版では4つのサーバーロケーションを切り替えて使用することができて

データの制限はありません。無料版と比べてみてもいいでしょう。

 

2.HotSpot Shield

 

価格:$12.99/月~

サーバーロケーション:24箇所

ユーザーベースは50億以上あり、Hotspot Shieldは世界で最も人気のあるVPNサービスの1つであり、人気を博し続けています。

他と同様、Hotspot Shieldは無料のアカウントとして知られており、多くのユーザーにとって、最高の無料VPNです。

拡張機能も数回のクリックで簡単にインストールできます。

セットアップした後は、ユーザーは自動的にランダムにサーバーに接続できて

その後も利用可能なサーバーにいつでも切り替えて使うことができます。

 

ではセキュリティとプライバシーについてお話をしましょう。

これは256ビットAESの安全な暗号化を使いますが、OpenVPNトンネリングプロトコルのユーザーのみ制限されます。

Hotspot shieldはOnion routingの技術とも互換性があります。

一方では、プラットフォームの記録と個人情報保護方針は少し信用がおけない部分があります。

最近のこのサービスに対するプライバシー侵害の告発がこの不確実性の原因となりました。

 

ただ重要なポイントはHotspot Shieldは、その問題もはねのけるくらい優れたパフォーマンスを発揮します。いくつかのサーバーの場所を除いては、平均以上の接続スピードをだしてくれます。

このプラットフォームは匿名の違法なダウンロードが可能であり、他のVPNサービスにはない特徴です。

 

1.ExpressVPN

 

価格:$10.99/月~

サーバーロケーション:148箇所

全体を通してのパフォーマンスに関して言えば、ExpressVPNの右に出るものはありません。

数年をとおして、この企業は顧客との間で強い絆を築き上げてきました。多くの比較サイトでは、このプラットフォームを高速で最も安全なものとしています。

誇大宣伝があまりにも多かったため、最初にわかには信じがたかったです。

そのため自分で簡単なテストをしてみました。ずばり言いましょう、全くがっかりするようなものではありませんでした。いくつか欠点はありましたが、ほとんどのユーザーにとっては完璧だといえるでしょう。

ExpressVPNはきびしい記録を残さない方針をとっていて、あなたの個人情報をほとんど使用しません(良質なサービスを提供するために多少のデータは使用します)。

セキュリティ上、信頼性の高いAES-256暗号化を使用して接続を保護します。

デフォルトのExpressVPNでのトンネリングプロトコルはOpenVPNでもL2TP / IPsec、SSTPと PPTPプロトコルもサポートします。

また、位置特定用途向けのキルスイッチも付属しているので、あなたのネットワーク接続が失われた場合に備えてあなたの機密情報がもれるようなこともありません。

 

こちらもどうぞ:試す価値あり!便利なクロームOS8選

 

私が見つけた唯一の欠点としては、同時に接続できるデバイスが3つのみというところですが、

ほとんどのユーザーにとってそれはそんなに問題ではないでしょう。他のプラットフォームがExpressVPNのレベルでサービスを提供する場合ではもっと高い価格の商品になってしまうことでしょう。試用期間が無いことは、新しいユーザーにとっては多少の欠点といえることぐらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ