マーケティング

マーケティング

2019年のビジネストレンドはこれです!

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Is your business ready for the top search trends of 2019?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

281 views

読了時間 : 約3分5秒

数年前は、携帯電話に話しかけると、今いる場所から一番近いソイラテのお店を教えてくれるというのは、夢物語でした。

 

近年では、電話やアマゾンエコーなどで、すばやく正確に調べ物をする人が増えてきました。

 

新しい技術の発達は、以前よりも、マーケッターやSEOにとって挑戦する機会を増やしました。

 

今の産業業界がどういう傾向にあるか、ClickZとChatmeterが共同で調べました。2社は、700人のデジタルマーケッターとSEOに、「次の12~18ヶ月で、産業界で変化するだろうと思うものを5つあげてください」と質問しました。

 

それでは、Chatmeterの創設者でCEOであるCollin Holmesが、企業が変化する為の検索とデジタルマーケティングの仕方について話した内容を紹介します。

 

 

我々の調査による、検索されているキーワードトップ5

 

それぞれのトレンドから、 時代の変化にどう対応すべきか、Holmesの調査も共有します。

 

1・技術の進歩により、顧客がどう動いているか

 

我々の調査では、マーケッターの大多数が、新技術が発表されて数ヶ月で、顧客が動くと見ています。

 

回答者の約半分、50.7%が、近い将来、新技術が新しい機会を提供してくれると予想しています。Holmesの見解によると、音声検索のような新しい技術は、パーソナルアシスタントと携帯電話をより重要なものにしています。

 

結局、すべての新技術は、簡単に使えるようになることと、使う人が求めている事を可能にすることです。Holmesによると、マーケッター向けの新技術は、結局のところ、データの量を増やすことです。これは、使う人が求めている情報を見つけやすくするために、とても大切な事です。

 

 

2.データを保護する

 

2018年のGoogleやFacebookの事件は、その会社がどのくらいのデータを持っているのかわかりました。

 

GDPRはEU内の会社にデータの透明性を求めています。それは、US以外にあるすべての会社が、データ保護法に従っているということを意味します。これで、なぜ41.9%のマーケッターが、情報の保護とプライバシーの規約を重要視しているかがわかります。Holmesによると、この傾向は、強くなるだけでなく、多くの会社が売り上げを上げるために変化する必要があります。

 

多くの会社が、EU内にある会社とパートナーシップを結んでいます。そして、GDPR対策をしなければいけません。Holmesは次のように発表しています。2020年に、カリフォルニアで似たような法律が作られようとしています。なので、近いうちにUSの他の州でも作られると予想できます。これは、予備知識を得ることが難しくなるだけでなく、マーケッターは何が出来て何をしてはいけないのか、ちゃんと知っておく必要があるということです。

 

 

3.音声検索の高まり

 

Gartnerによると、2020年までに、検索の50%が音声検索になるとされています。そしてパーソナルアシスタントの場合、あなたのビジネスを先に入力しないと、検索結果が下になります。

 

マーケッターは、音声検索の上位36.1%に表示されるために、最適化します。Holmesによると、音声検索は一般的になってきていて、検索結果は正確になってきています。企業は、あらかじめ質問される事項を想定しておく必要があります。

 

今すぐに解決したい質問には、こういう事です。「街中でソイミルクバニララテの売っているお店は?」Holmesは、「企業は、あなたのページにタグがあって、音声検索に対応しているか確認する必要がある」と言っています。それは、少し早いですが、時代はその方向に向かっています。だから、今はじめるだけでいいのです。みんなが何を調べようとするか考えて、キーワードを更新してください。

 

 

 

4.機械を学ぶ

 

 

近年、産業界で「ビッグデータ」が流行語になっています。しかし、これらのデータは、マッケッターが思っているより多くのデータにつながっています。しかし、AIの向上と機械での学習ツールが、データ収集を単純化して、短時間で集められるようになりました。

 

我々の調査では、33.2%のマーケッターが、機械で学ぶことで新しい機会が得られることを期待しています。

 

AmazonやNetflixのような会社は、よりいい個人データを集めるために、機械での学習を分析したいいサンプルを持っています。しかし近年は、企業は、顧客の好みに合わせて、関連したツールにアクセスするようにしています。

 

 

5.パーソナライズする

 

そして、消費者がNetflixのようなものに慣れていて、あなたのデータを収集している会社は、おすすめのものを紹介してくれて、ブランドを個人化しようとしています。これが、我々が調査した企業の31.1%は、2019年にNetflixを見ている人をフォローしようとしているとしている結果です。

 

 

もし、2019年の傾向を知りたいのであれば、ここをクリックしてオンラインセミナーを聞いてください。

 

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめタグ