マーケティング

マーケティング

最新トレンドをご紹介!あなたをお金持ちにするかもしれないスタートアップのアイデア【2022年版】

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、BUSINESS AND STARTUP WEBSITE IDEAS THAT COULD MAKE YOU RICH IN 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

395 views

読了時間 : 約8分3秒

スタートアップは、おそらく世界経済において史上最大のサプライズでしょう。前世紀の1970年代後半に生まれた概念ですが、現在、発展のピークを迎えつつあることは間違いありません。現代の起業家たちは、新しい才能を持った人が行動を起こすと言えば喜んで協力してくれます。もちろん、それが利益につながると思えばの話ですが。

 

スタートアップの立ち上げ方


まずは、慎重に決断を下すこと。

 

どんなアイデアも否定するのは簡単ですし、どれだけ強固な鉄の理論にも疑問を投げかけることはできますが、事実にはあらがえません。スタートアップゲノムレポートのデータは、なんとも残念な統計結果を示しています。スタートアップ企業の実に92%が、5年以内に自己破産してしまうというのです。また、74%の会社は、自らの存在や能力を誇示しすぎたり、ビジネスの拡大を無理に推し進めたり、社員の慢心を招いたことが原因でダメになってしまったというデータがあります。

 

スタートアップ初心者の多くは、ほとんどの場合、事業を始める時点ですでにミスを犯してしまっています。しかも、本人たち以外誰が見ても明らかなミスを。内側にいる人間よりも、そばにいる他の人間のほうがミスに気づきやすいというのはよくあることです。


1つ目のミスは、単にカッコよさを求めてスタートアップの世界に足を踏み入れてしまうことです。たしかに、起業家になることは何十年にもわたって流行っていますが、カッコよさのためだけに自らの順調な人生を危険にさらすのは、はっきり言って愚かな行為です。こういうケースで成功する可能性はほんのわずかなのです。思考に没頭することが得意でないなら、わざわざそんなことをせずに、代わりに自分が一番得意なことをして、売り込み方を本当に熟知しているものを中心にビジネスを構築する方が得策です。

 

次によくありがちなミスは、自信過剰になってしまうことです。もう少し詳しく言えば、熱意と実際の能力との間に、大きな隔たりがあるということ。実行に移す手段の問題ではなく、あまりに強引な進め方をすると、どれだけ収益性が見込まれる事業でも、初期段階でダメにしてしまうおそれがあります。

 

アイデアの発展に役立つものがあったしても、それが絶対に欠かせないというわけではない限り、わざわざお金を投資する必要はありません。予算が限られているならなおのこと、素人のビジネスマンは絶対に投資すべきではありません。

 

多くの成功したビジネスマンたちが過去にこの段階でつまづき、その経験を自己啓発本や、雑誌記事やポッドキャストなど、あらゆる媒体で語っているにもかかわらず、毎年多くの若い企業が同じところでつまづき、そして二度と立ち上がることができなくなってしまうわけです。高価な機材にお金をかけたり、作業を外注するよりも、もっと低コストな代替案を探す方が、ずっと楽かもしれません。

 

最後に、3つ目のミスは、市場の分析を十分に行わずに、状況を甘く見てしまうことです。

スタートアップ企業の成功例をたくさん見ているから、自分も間違いなく「ヒットする」と思いこんでしまうようです。だから若い発明家やビジネスマンたちは、自信満々に、早く市場へ参入しなければと焦って垣根を乗り越えようとするのです。もっと冷静に、落ち着いて、賢く行動しなければなりません。結局、彼らが垣根をいつまでも乗り越えられないのは、予想もしていなかった困難に、体力と手段と気力のすべてを使い果たしてしまうからなのです。


ですから、ビジネスを始める前に、まずは市場とその特徴、ニッチな事業への参入方法、競合他社、そのほかさまざまな要素をよく研究しましょう。下の表は、人気の職業の分布図です。ニッチなスタートアップ事業を選ぶ際に参考にしてみてください。


まだあなたがこの記事を読んでいるということは、上の表を見てもまったくひるんでいないということですね。さあ、あなたの夢を叶えて、あなた自身が一番好きなことをスタートアップとして実現させましょう。


もっとも大切なのは、アイデアです。この記事では、今後1年以内に人気が高まると思われるトレンドをご紹介します。これらはすべて、2021年に開発中の、将来の顧客のニーズを叶えてくれるウェブシステムやソフトウェアに関連するアイデアです。今回は、リスクを最小限に抑えるために、すでに一定の人気を得ている業界に絞ってご紹介します。

 

1. オンラインコーチング(ビジネスアイデア)


新型コロナウイルスの大流行で、オンラインコーチングのありがたみを実感するまでは、多くの人々がこういったアイデアに疑いを持っていました。

 

ジムに行くことができなければ家で運動をするしかないし、人々は昔ながらのモーニングエクササイズではもはや物足りなくなっています。コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている間に、ビデオレッスンという形で多くのエクササイズが開発・収録され、人々の健康維持にたいへん役立っています。今ではダンスや、エアロビクス、フィットネス、ヨガまで、すべてオンラインでレッスンを受けられるようになりました。


また、単に忙しくて十分な運動時間が取れない多くの人たちも、アパートの部屋や家から出ずにトレーニングができることの素晴らしさを、すでに十分に理解しています。

 

「caliberstrong.com」というオンライントレーニングのサイトは、特に分かりやすい一例です。

2. ヴィンテージ品やレトロな商品の販売(ビジネスアイデア)


こうしたトレンドはずいぶん前からありましたが、レトロなものに対する関心は、発展途上の国を除き、世界中の国々で絶えず高まり続けています。時には、こういった商品をベースにして、新たな芸術やサブカルチャーが形成されるまでになりました(たとえば、ディーゼルパンクやスチームパンクなどが挙げられます。)。

 

どうして年々関心が高まるのかといえば、私たちがヴィンテージ品と呼ぶものは、個人のコレクターの手に渡ったり、埋もれていってしまったりして、年々数が減っていくからなのです。

 

少しお金をかけて、技術的な創意工夫を少しだけ凝らせば、あなたも芸術作品を作って、すでにヴィンテージの世界に興味を持っている人や、これから注目しようとしている人たちを喜ばせることができるでしょう。このようなことをきっかけに、世界中のクライアントが素晴らしい作品を手に入れる手助けをするというのは、有益なビジネスアイデアではないでしょうか?

 

結局、いつの時代にも言われてきたことですが、無知な人からすればただのゴミの山でも、センスのある人はそこから価値あるものを見つけることができるものです。


また、自分自身のウェブサイトを作るだけでなく、オンラインでお店を出すこともできます。たとえば、eBayのようなECサイトを利用しても良いでしょう。海外との取引も自分でこなすか、そういった難しい作業は他の人にお願いするかは、あなた次第です。

 

3. オンライン・コワーキングスペースの開設(スタートアップ)

 

もちろんすでに多くの人がこのアイデアを実行しているでしょうし、すでに成功している人も多いでしょう。でも、だからといってそれがやらない理由になるでしょうか?

サーバー上でユーザーがシンプルかつ生き生きと、快適に仕事をすることができるようなオリジナルのオンラインゲーム空間をデザインして、そこに一味違ったアイデアを取り入れてみましょう。アイデアの数は無限にあるのですから、ライバルと競い合う必要はありません。

 

このアイデアを実現するにあたっては、バーチャルリアリティ技術がきっと最高の仕事をしてくれるでしょう。冷酷な現代社会に疲れたクライアントに、仕事の利益のみならず、喜びに満ちた時間を提供することができるはず。素敵な風景に落ち着いた音楽。そこで交わされる会話は、現実世界のそれとはまったく異なる色合いを帯びます。

 

もちろん対価は払ってもらう必要があり、それによってあなたのポケットにお金が入ってくるわけですが、それでも窮屈なオフィスや隔離生活に疲れ果てた人々が、仮想世界の山奥のキャンプファイアや森の中の湖に魅力を感じるのは間違いありません。

 

4. 旅行やコンサート、結婚式そのほかのイベント企画(ビジネスアイデア)


この世界に何が起ころうと、人々にとって休暇やお祭りは永遠に欠かせないものです。なぜなら、誰もが人生に喜びを必要としているからです。ビジネスにおいて、このニッチな分野の人気はすでに安定しており、新しいことを思いつくのはかなり困難ですが、でも誰がそんなことを気にするでしょう?

 

たとえば、映画やアニメのシーンにそっくりな旅行をプロデュースすれば、あなたオリジナルのテイストをいくらでも加えることができるし、単発で終わらせずに、シリーズ化して継続させることもできます。それは単なる仮装パーティー以上のものになるはずです。

 

そこから派生して、たくさんのアイデアが生まれるでしょう。特別なコスチュームを制作したり、場面を細部まで再現することが難しい場合はホログラムを使ったり、複数の部屋で同時に同じVR映像を共有したり。単なる「映画のワンシーン風」にとどまらず、完璧な没入感と整合性を提供するゲームプログラムになるのです。

 

参加者は、パーティーというよりむしろ一種の脱出ゲームの復刻版のような状況を体験しますが、同時にパーティー自体を楽しむこともできます。このクエストはあなたをからかっているのではありません。この条件を選んだのはあなた自身なのですから。そして今度はあなたがルールに沿って行動しなければなりません。唯一の課題は、参加者全員をどれだけそのイベントの世界観に没頭させることができるかということですが、それは経験を積むことで解決できるはずです。3~5回イベントを開催すれば、参加者を夢中にさせるのに十分な能力が身に付くことでしょう。

 

このイベントの特徴は、主催者がゲストを楽しませるのではなく、ゲスト自身がクエストを成功させるためにさまざまな努力をしなければならないという点です。共同作業によってストーリーが進行すると、そのストーリーに入り込みやすくなるだけでなく、より一層楽しむことができます。

 

5. ガイド・通訳サービス

この職業も、先ほどと同様に非常に古くからあるもので、新しいアイデアではありません。しかし、なにか革新的な要素を新たに加えることは可能です。

 

これまでに世界で発明されているのは、組み込まれたプログラムに沿ってユーザーを助けるロボットだけです。しかし、たとえば、ヘッドセットにオンラインカメラを内蔵して、離れた場所にいる通訳者が、映像から文字だけでなく、イントネーションや表情、ジェスチャー、周囲の環境もあわせて判断できるようになったらどうでしょう?

 


さらに、通訳者は会話をさえぎることなく、クライアントに外国の文化や習慣、伝統、エチケットやモラルなどについてもアドバイスすることができるようになります。このアイデアを実現するためには、オンラインプラットフォームそのものを構築する必要があります。そのプラットフォームを使って、同時通訳者を急ぎ必要としている人が、英語からサンスクリット語まで、どんな言語の通訳者でも見つけることができるようにするのです。

 

また、文書や本を翻訳する際にもこれは非常に役立ちます。対象となる文章をカメラで写しさえすれば、翻訳された文章が聞こえてくるというわけです。もちろん、個人情報や企業秘密といった機密情報に関しては、国によって法律上の微妙な差異があるものですが、それについては利用者と翻訳者双方で十分に解決することができるでしょう。

 

6. 孤独を癒す


電話相談というのは素晴らしい発明ですし、相談員として働く人々は本物のヒーローです。また、心理学者たちも、概して人々の心をつらい考えや経験から解放してくれます。

 

しかし、癒しの声だけでは不十分で、かつソファに座って悩みを打ち明ける金銭的余裕のない人たちはどうしたらいいのでしょう?そういった人たちには、たとえば、ニュートラルな外見をした映像を用いて、専門家とのビデオセッションをするのはどうでしょうか。もしかしたら、ニューラルネットワークを作ったり、モーションキャプチャーを使って動きをつけることもできるかもしれません。何であれ、相談者が相手に話しかけ、心にある煮え切らない感情をすべて吐き出すことができさえすればいいのです。適切な答えを得て、相手の顔を見て共感してくれていることを感じ取ることができれば、相談者はアドバイザーの助けを受け入れることができるでしょう。

 

当然、アドバイザーは多少声を変えることが望ましいと言えます。こういった状況では、匿名性がなにより重要だからです。外見や声の特徴でその人がだれであるかを特定できる未来が来たとしても、みんながそれを喜ぶわけではないということです。

 

とはいえ、できる限り自然な映像や声でなければなりません。相談者の信頼を得ることが重要ですし、もし相談者がアドバイザーの礼儀や誠実さに疑いを持つようなことになれば、相談者は自分自身の殻の中へいっそう閉じこもってしまうだけだからです。

 

7. スマートテクノロジー

家電やコンピューター、おもちゃや住宅など、すでにあらゆるものにAIが使われています。これは非常に喜ばしいことではありますが、決して安いものではありません。こういったテクノロジーを使ってお金を稼ぐことは、アイデアとしては非常に単純ですが、実行するとなるとそう簡単にはいきません。

 

すでに開発されているもの以外に、どんなものに人工知能を搭載することができるでしょうか。私たちが大切な時間を無駄にしないよう、ひとりでに書類や文房具を整理してくれる「スマートデスク」が発明されるかもしれません。あるいは、世界中の気象情報や生活水準、旅費などを教えてくれるスマートな壁掛け地図を設計しようという人が現れるかもしれません。想像力さえあれば、どんなことだって可能なのです。


現在、スタートアップやビジネスアイデアの世界には、数々のトレンドが存在します。人間の想像力によって、新たなアイデアが日々無数に生み出されています。そしてそれらすべてが、実際に利益を生む企画となる可能性を秘めているのです。だからこそ、この記事では最初に、アイデアを広げる際に気をつけるべきありがちなミスをご紹介しました。

 

どんな市場においても、もっとも重要なトレンドはごく自然にそこに存在します。ですから、これをあなたのプロジェクトとして発展させたいなら、そして今日、明日、何週間、何か月、そして何年か後にもまだ手付かずで残っているかどうか心底心配しているなら、行動すべきです。文字通り、どんなことからでもお金を生み出すことはできるのです。努力と、少しの想像力さえあれば。


あなたのアイデアがきっとうまく行くことを願っています!

おすすめ新着記事

おすすめタグ