マーケティング

マーケティング

卵の摂取量が多い人ほど心臓病リスクと死亡リスクが高まる

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、High Egg Intake Increases Heart Disease & All-Cause Deaths Risks
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

92 views

読了時間 : 約2分4秒

・研究者は、29,000 人以上を対象に大規模研究を実施し、食事中のコレステロールの健康への影響を調べました。

・毎週3~4個の卵を食べる人は、心血管疾患を発症するリスクが6%高く、あらゆる原因による死亡リスクが8%高いという結果が出ました。

・食事中の脂肪の種類と量は、食事中のコレステロールと心臓病疾患リスク、死亡リスクとの間の相関関係に変化をもたらしませんでした。

 

食事中のコレステロールや卵の摂取は心臓に影響しますか?科学者たちは何十年もの間、正確な答えを見つけようとしてきました。

 

米国保健社会福祉省によると、アメリカの成人は 1 日あたり平均 300mgのコレステロールを消費し、1 週間に 4 個の卵を食べています。

 

2015年から2020年のアメリカ人向けの食事ガイドラインでは、食事中のコレステロールの1日の制限(以前は1日あたり300mg未満に設定されていました)が削除され、健康的な食事の一部として毎週卵を消費することというのが含まれていました。

 

現在、ノースウェスタン大学が実施した新しい研究では、卵とコレステロールに関する現在の食事ガイドラインを精査する必要があることを示しています。

 

報告によると、より多くの食事中コレステロールと卵を食べた人は、心血管疾患を発症し、何らかの原因で死亡する可能性が高くなりました。

 

以前の研究とどう違うのですか?

健康的な食事のためには、コレステロールの摂取量を減らす必要があります。加工肉、赤身肉、高脂肪乳製品と同様に、卵には大量のコレステロールが含まれています。

 

大きな卵の卵黄には 186mgのコレステロールが含まれています。このような高コレステロール食品を毎日摂取すると、実際に心臓病や早期死亡のリスクが高まる可能性があります。これまでのところ、卵の影響に関するエビデンスは非常にわかりにくいままです。以前の研究では、卵を食べることは心臓病とは何の関係もないことが示されました。

 

ただし、これらの研究は、サンプルの多様性が低く、追跡期間が短いことに基づいていました。一方、新しい研究では、最大31年間の追跡調査のために、6つの前向きコホートレポートから、米国の民族的、人種的に多様な成人29,615人のデータを分析しました。

 

調査チームは、次の 2 つの主要なことを発見しました。

1, 毎日 300 mg の食事中コレステロールを摂取すると、心臓病のリスクが 17% 高くなり、あらゆる原因による死亡のリスクが 18% 高くなります。

 

2, 毎週3~4個の卵を消費すると、心臓病のリスクが6%高くなり、あらゆる原因による死亡のリスクが8%高くなります。

 

食事中の脂肪量と種類は、食事中のコレステロールと心臓病および死亡リスクとの間の相関関係を変えませんでした。平均して、この研究には 17.5 年の追跡期間があり、その間に合計 11,532 件のイベントが診断されました (5,400 件の心臓病イベントと 6,132 件の全死因による死亡)。

 

この研究の主な限界の 1 つは、候補者の長期的な食事パターンを考慮していないことですが、研究者はこのパターンがどのようなものかについての寸評をしています。

 

結局卵を食べるのをやめた方がいいの?

卵やその他のコレステロールが豊富な食品は、コリン、鉄、アミノ酸などの重要な成分の優れた供給源であるため、完全に排除する必要はまったくありません。ただし、コレステロール食品の消費方法を減らすか変更する必要があります。たとえば、全卵の代わりに卵白を食べるなどです。

おすすめタグ