マーケティング

マーケティング

これからのインバウンド市場の主役は誰?日本への旅行誘致に動き出した先とは?

    807 views

    読了時間 : 約1分11秒

    訪日旅行者対象のオプショナルツアー・体験提供サイト「OMAKASE(http://omakase-tour.com/)」を運営する株式会社トリップデザイナーは、日本へのムスリム旅行者誘致を目的とした業務提携を行うことに合意したそうです。

     

    業務提携先は、シンガポールのムスリム旅行者向けキュレーションメディア「Have Halal Will Travel」です。

     

    株式会社トリップデザイナーは、食事や礼拝等に配慮したムスリム旅行者向けのプライベートツアーに強みを持っており、Have Halal Will Travelは、旅行意欲の高いムスリム購読者を世界中に有しています。

     

    ムスリム旅行者の間で渡航先として日本の人気が高まっているそうで、サービス連携をすることで、より相互の事業成長や企業発展に寄与していくことが期待されています。

     

    提携内容は、まず、Have Halal Will Travelが運営するBlog、Facebook、Instagramで「OMAKASE」が提供するツアー・体験が紹介されます。そして、Have Halal Will Travelが提供する観光ガイドアプリ上での「OMAKASE」が提供するツアー・体験の販売が実施されます。

     

    「OMAKASE」は、伝統文化、漫画、動物、美容・健康、トランジット、ハラルの6カテゴリーで通訳ガイド付きのオプショナルツアーや日本ならではの体験を全国各地で提供していて、昨年11月のサービス開始以来、累計24カ国の訪日旅行者が利用しています。

     

    ムスリム旅行者向けツアーの一例としては、浅草寺→渋谷スクランブル交差点→明治神宮→竹下通り・表参道→東京ジャーミイを旅程とする「One day Muslim-friendly Tour of Tokyo」と浄妙寺→報国寺→小町通り→鶴岡八幡宮の行程で鎌倉を巡る「Half day Muslim-friendly Tour of Kamakura」があります。

     

    今後、ムスリム旅行者がインバウンド市場の主役に躍り出るかもしれません。

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ