マーケティング

マーケティング

AIを活用した自動会話チャットボット(Chatbot)でマーケティングに成功した実用例11選

Sprout Social

本記事は、11 chatbot marketing examples to boost your bot strategy
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

119 views

読了時間 : 約8分20秒

「ボットの流行がきている。」

 

このようなセリフはここ何年かマーケッターの間で広がっています。

 

しかしそれは本当に起こり得ますか? チャットボットも流行りますか?

 

産業データからも、このスプラウトでも見てきたように、答えは凄まじい勢いのイエスです。

 

 

ブランドがボットを投稿するようになるほど、マーケティングの為のチャットボットは未開拓の分野として注目されました。

しかしなぜでしょう?

 

 

2019年のソーシャルメディアのトレンドの特筆すべき事項としては、会話ができるコマースの成長がみられるここです。
ソーシャルメディアを通してカスタマーサービスを探している顧客の半分は、今日のソーシャルボットが24時間体制で解決してくれます。

 

 

チャットボットはカスタマーサービスをストリーミングすることとボットベースのコマースを提供することでビジネスをサポートします。

 

 

そしてもしあなたがボットは冷たすぎる、もしくは人工的であると思うのであれば、考え直してください。実際、ボットは素早いレスポンスと対応が可能なので、69%の顧客はチャットボットとの会話に対し好意的でした。

 

 

11の効果的なチャットボットを使用したマーケット例

イエス・ノークエスチョンに答えるボットと有意義な経験をさせてくれるボットには大きな違いがあります。
そしてチャットボットの有能な要素はブランドのボットの質に大きく影響します。

 

 

「では何が備われば良いチャットボットと言えるのか?」

私たちは実際に使用された例だけでなくチャットボットのビジネス的価値を分析したチャットボットのマーケティング例を下記示しました。どのようにしてブランドがボットを利用し、あなたの企業がそこから何を学べるのか確認してみてください。

 

 

1.Hello Fresh社の例

ではHello Fresh社の例から見ていきましょう。ボットがすべき基本的な役割をすべて行っているので、チャットボットマーケティングの好事例のひとつと言えます。

 

 

はじめに、彼らのメッセンジャーは彼ら自身であります。ここでの彼ら自身とは、フレンドリーに振る舞っているということであって、いかにもカスタマーサービスの機能であるというものとは異なります。

 

 

あなたの顧客は利口です。顧客は自分がボットと会話をしているときとそうでないときの区別がわかっています。Hello Freshは彼らのブランド声明の発表と、ボットの紹介を遊び心いっぱいにリリースしました。

 

 

また、Hello Freshは迅速なヘルプガイドの機能も提供していることは注目すべきです。ボットは担当者が一般的に受ける質問の内容に誘導してくれるのです。

 

我々のチャットボットを利用したマーケティング例からもわかるように、ほとんどのボットはミスの多くなるオープンエンドのメッセージツールからは距離を置こうとしています。ボットはより良いユーザエクスペリエンスを提供すべきなので、複雑すぎるべきではないのです。

 

 

 

質問に答えることに加えて、ボット専用の割引コードを提供することでビルトイン式の販売機能を備えています。ブランドが人々にボットとの交流を奨励するためのより多くの動機を探すにつれて、この種のオファーがますます一般的になることでしょう。

 

 

それらの割引コードはボットに特化したキャンペーンで、それによりそのボットのROIなどの分析がしやすくなります。

 

 

2.Universal Studios社の例

 

Universal Studios社はチャットボットを利用したマーケティングの例としては、プロダクトの販売より体験を販売したという点でユニークな企業です。

 

Hello Fresh社の例のように、Universal Studios社のボットではとてもフレンドリーな担当者(ボット)をいつでも取得できるとされています。

チケットの購入や事前の予約などをせず、ゲストはUniversal Studios社のボットに頼ってパークにいる間は情報を取得できるのです。例えば、ボットは今の位置から一番近いトイレやレストランの情報を、ゲストが一番最後に乗った乗り物の位置から推測して提供します。

 

 

そして、一番注目すべきなのは、リアルタイムでゲストにアトラクションの待ち時間の情報を提供できるところでしょう。第三者のアプリを利用することなくメッセンジャーの中で、ゲストは長時間待たないといけないのか、違うアトラクションに乗るようプランを変更するのかなど決めるための情報を確認することができます。

 

 

3.Plum社の例

 

 

Plumは、ビジネスのボットというよりかはフェイスブックメッセンジャー専用のチャットボットです。
Plumで特筆すべき事項は、彼らのオンボーディングのプロセスです。Plumとの会話では、ゲストはサインアップかもう少し情報がほしいか選択を促されます。

 

 

これはユーザーエクスペリエンスの点においては良くないように見えるが、チャットボットを利用したマーケティングの好事例のひとつなのです。

 

なぜそうなるのでしょうか。Plumのチャットボットのやりとりは基本的なQ &Aの内容がベースとなっているからです。
また、ボットのカジュアルな会話のトーンや絵文字の使用や会話的なやりとりによって、読み手に自然な使用感と押し売り感の減少を印象づけています。

 

 

4.Domino’s Pizza

 

ソーシャル上での販売や携帯からの販売の増加にともない、ブランドはコンスタントなソーシャル上での販売網を強化することにしました。そこでチャットボットの登場です。

 

 

例えばDomino’s Pizza社のチャットボットはユーザーに、まるでオンラインのやり取りかのようにピザのカスタマイズやオーダーを可能にしました。フェイスブックに接続しながら好きなピザを取り寄せられることで、オーダーのリピートや顧客獲得はとても簡単に実現しました。

 

 

これはボットがいかに携帯で行われた処理をソーシャルでいかに実現できるかを議論しがいのある例です。しかしデジタルオーダーは何も新しいものではありません、チャットボットからのオーダーにはもはやアプリのダウンロードやサインアップが必要なくなっています。

 

 

5.Arsenal FC

 

 

上記でも述べましたが、チャットボットは規模の大小に関わらず利用できる為ビジネス上フェアです。その利用企業にはスーパースターのスポーツチームも含まれます。

 

 

イギリスのサッカーの本家といえるArsenal FC は、ボットがいかにニュース配信やタイムリーなコンテンツを発信するのに適しているのかを示してくれました。例えば、彼らのボットはスコアをリアルタイムで試合を見られなかったユーザーに配信してくれます。

 

 

ボットはまた今後の試合スケジュールや、対戦チームのラインナップ、ニュース記事を配信してくれます。彼らのボットはカスタマーサービスよりもボットがより良きものであることを示しています。

 

 

6. Patrón Tequila

 

Patrón Tequila社のチャットボットは彼らのブランド声明に注目を集めている間にカスタマーサービスとコンテンツ配信をなんとかひとつにまとめました。

 

彼らははじめに、ユーザーにカクテルの提案をする彼らのサービスを紹介しました。


ボットはユーザーの好みに合わせてカクテルを提案します。果物と合わせますか?それともディナーのお供に?
これは、ユーザー個人ごとにマーケティングし、実行に移した素晴らしい一例です。

 

 

しかしPatrón Tequila社の取り組みで本当に注目すべきなのは、一般向けユーザー用コンテンツの戦略です。

 

 

ユーザーを素敵なレシピで注目させたあとは、彼らの#SimplyPerfectのハッシュタグでユーザー自身の作品をシェアするように案内してきます。あなたのブランドの愛用者がつくるUGCを盛り上げることは、シンプルで手間のかからない戦略です。

 

 

7.Sephora

Sephora社は最も文書化され賞賛された例のひとつです。それには理由があります。
彼らのボットはデジタル上の管理人のような役割をし、ユーザーをメッセンジャー上にいながら様々な活動ができるように促します。

 

 

読み物を拾い読みしたいですか?何かの予約を取りたい?拡張現実技術を使ってメイク道具を試したい?

 

 

ユーザーはそれらのことをすべて行うことができます。Sephora社のボットはブランドがどのようにして各チャットボットマーケティング戦略を進め、注目すべき経験を作り出すかを示してくれます。

 

 

またSephora社はデジタルチャットボットがどのようにして実際の店舗での販売状況を左右するかを示しています。例えば、ボットはユーザーの位置情報を利用して、どこで商品が手に入り、予約ができるのかを教えてくれます。

8.Adobe

 

ここに大事な考え方があります。「チャットボットは複雑な作りでなくていいということ」です。
アドビ社のボットは比較的シンプルで簡単です、しかし必要な項目は網羅されているのです。

 

 

端的に言うと、ボットはユーザーの質問に答え、商品のトラブルシューティングをするための知識箱です。ユーザーは迅速に解決策をガイドしてもらえます。

 

ユーザーの問題に基づき、人間の担当者を案内するか、Webサイト上のより詳細なトラブルシューティングのページを案内するかをボットが判断します。

 

ブランドは世間をびっくりさせるようなボット作成をしないといけないわけではないのです。
ユーザーの疑問に答えるシンプルな答えのみが必要であると気づいたなら、あなたは成功間違いなしです。

 

9. GoPro

 

GoProはソーシャルメディアで素晴らしいビジュアルコンテンツを発信していることで知られており、彼らのチャットボットも期待に答える内容になっています。

 

 

ボットでの会話を始めるにあたり、ボットは自身の紹介とカメラの購入を薦めてくれます。

そしてボットは、ユーザーのニーズに沿ってユーザーの理想とするカメラを見つけるためにいくつか質問をします。
今までの他のチャットボットのマーケティング例とは異なり、GoPro社はちょっとしたギフトやソーシャルビデオなどを応答の合間に入れる特色があります。これは人の目を引くだけではなく、彼らの商品のコマーシャルになります。

 

 

このユーザーの個別化とイメージの提供は、ユーザーにとっての有意義な経験貢献します。

 

 

10. Evernote

 

 

Evernote社は、小規模な企業がチャットボットをマーケティングで利用するための簡単な方法を提示してくれます。

 

 

端的に言うと、彼らのボットは顧客にとっての疑問が解消されるハンドブックになろうとしています。ボットはe-mailサポートに加え彼らのTwitterサポートチームに連絡するよう促します。

とても簡単ですが、素早く彼らのサービスのハイライトが確認できます。

 

Evernoteは彼らのチャットボットを彼らのサービスの最高の形で利用することに成功しました。

 

 

あなたが顧客のニーズを汲み取るかぎり、あなたの企業のボットは最高の仕事をします。

 

11. Sprout Social

我々のボットはとても過激なものです。私たちは、顧客が必要とするサービスを提供するためにとても迅速さに重点を置いたボットを提供ています。

 

 

カスタマーサポート?アカウントの問題?商品内容に料金表?それらはすべてボットにあり、タップするだけです。

そしてサポートチームの担当者と実際に話ができる選択肢も提供しています。

我々のボットも最高ですが、Sprout社のチャットボットビルダーもイカしています。
世間が考えていることとは別に、あなたは技術者でもプログラマーでなくともソーシャルボットを始めることができるのです。実際に、Sprout社のチャットボットビルダーによってボットのテンプレート手に入れることができます。

 

 

カスタマーケアのボットが必要?販売用?説明用?それらすべてはそのチャットビルダーで実現できます。

あなたのビジネスのニーズに基づき、ブランドの特色を打ち出すワークフレームと活動を組みわせることができます。

 

 

簡単な質問なのか複雑なものなのかにしろ、Sprout社のチャットボットビルダーはあなたの顧客に最高の経験を提供するお手伝いができます。

あなたはマーケティングでチャットボットを利用しますか?

 

以前ほどチャットボットに真新しさがなくなり、時代は急速に変わってきています。
より厳密に言うと、我々の顧客も変わってきています。

 

ボットより提供されるスピディーなサービスはインスタントグラフィックの時代を作りあげています。ソーシャルチャットボットはあなたのビジネスを時代の流れに沿わせてくれます。

 

もしあなたがボットが自分のビジネスに置いて何ができるのか知りたければ、私たちはSprout社のチャットボットガイドをおすすめします。

 

そしてもしあなたが自分のボットを立ち上げることに関心を持ったなら、この下の動画をみてどれだけSprout社のサービスが有効か確認してください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ