マーケティング

マーケティング

インスタグラム広告それともフェイスブック広告?あなたのビジネスを最大化する方法

Sprout Social

本記事は、Instagram ads vs Facebook ads: Which is better for your business?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

312 views

読了時間 : 約6分35秒

広告の予算が限られていてどこに掲載すればいいかわからないとき、インスタグラムとフェイスブックのどちらに掲載しますか?正解を出すのは難しくそれは広告掲載の目的によります。2つのプラットフォームは共通のユーザーを持っていますが、興味のある分野や使用しているユーザーの統計はやや異なります。

 

どちらかのプラットフォーム、もしくは両方のプラットフォームに広告を掲載させることで多くの効果が得られます。しかし、2つのプラットフォームに同じ広告を掲載したとしても、同じ結果は得られません。したがって、ビジネスを成功させる方法を見つけるためには、あなたのビジネスに対する目的やコンテンツ、読み手について分析する必要があります。

 

広告を細かく分析することで、インスタグラムとツイッターどちらが適しているかがわかります。例えば、広告を見ている人を簡単にひきつけ効果が出ている限りはビジネスの目的についてあまり深く考えずに広告運用をしたいですか?その場合はインスタグラムが適しています。広告の効果を細かく分析してコントロールしたいですか?その場合は、ファイスブックが適しています。これらのテーマーをより深く掘り下げていきましょう。この記事を読めば、どのように広告費用をやりくりするかも理解できます。

 

広告の管理について

インスタグラムとフェイスブック広告どちらでも、フェイスブック広告マネージャーで管理することができます。広告管理が1つのツールだけで完結することは、広告を見ている人がどのプラットフォームから見ているのかを分析するのに非常に役立ちます。読み手の動きはより簡単に管理され、分析結果はダウンロードすることもできます。

 

フェイスブック上の設定において、広告の効果をテストするための複数の組み合わせや方法があります。

 

インスタグラム上では、広告マネージャーは”シンプルイズベスト”の考え方で存分に効果を発揮します。何回かタップするだけで、すでに存在する投稿やストーリーと一緒に広告を掲載することができます。もし核心をつくようなデータを必要としておらず、簡易的で大きな写真があればいいというならインスタグラムは最も効果的な広告管理プラットフォームです。

 

同様にして、もしどちらのプラットフォームも使用したことがなくそれぞれに読み手がいる場合、インスタグラム広告をはじめに試してみてください。運用方法のコツをつかめれば、フェイスブック上の複数の選択肢を選ぶこともできるようになります。

 

統計と読者の違いについて

インスタグラムとフェイスブックどちらのネットワークが広告掲載に適しているか決めるときに考慮されるのが、統計と読者です。この2つは何が異なるのでしょうか?よく同一のものとしてと捉えられがちですが統計というのは10億以上あるアカウントのユーザー情報に基づいています。それに対して、読者というのはあなたからすぐにアプローチすることができるフォロワーのことを指します。

 

もし新しいフォロワーやファンを獲得したいなら、あなたのフォロワーはすでにそのネットワーク上であなたに興味を示しているので、統計を分析する必要があります。

 

フェイスブックの統計から幅広い世代や背景を持った人が見ていることを示唆しており、この傾向は長年変わっていません。このように、多くの調査結果からフェイスブック上の読者の傾向を把握することができます。

 

それに対してインスタグラムの統計は若者に偏っていて、この傾向もここ数年で劇的な変化がありません。

 

このように統計を分析し広告のターゲット層を決定させたら、まずは広告を掲載してみましょう。

 

広告経由で契約してもらったり興味を持たせることを目的としているなら、読み手を分析する必要があります。フェイスブックの読者の情報は広告管理ツール内に掲載されていて、インスタグラムの読者の情報はアプリ内に掲載されています。他の選択肢としてはスプラウトのようなソーシャルメディア管理ツールで確認できる分析レポートがあり、同様にメディアの読者を確認することができます。

 

フェイスブックのターゲット読者の分析はインスタグラムよりも細かいです。見てわかるように、インスタグラムの画面は流線型のデザインでよりシンプルなので、広告掲載を始めたばかりの人に適しています。

 

広告経由で契約をしてもらうためには、掲載した広告に興味を持ってくれるフォロワーやファンを獲得する必要があります。どちらのプラットフォームであっても投稿をたくさんの人に読んでもらえるのであれば、広告管理ツールも必要ありません。このような稀なケースの場合どちらのネットワークも使いやすさという観点でいうと同じレベルです。

 

広告のコンテンツについて

あなたのプラットフォームのメインとなる内容や、それによって稼ぐことのできる内容を確認してみてください。どんな内容について発信していますか?もっと深く掘り下げられる可能性はありますか?広告目的だけのために撮った写真や動画があるのか、それとも記事投稿のために撮った簡易的な写真がほとんどでしょうか?

 

インスタグラムとフェイスブックはコンテンツのタイプが大分異なります。フェイスブック広告では下記のようないくつかの選択肢があります。

 

・スワイプ式:2つ以上のスクロールできる写真やビデオ

・1つのみのメディア:ある製品・サービスに関する写真や動画、スライドショーなど

・投稿済みの記事:あなたがシェアしたいリンクを表示させる

 

インスタグラムの広告タイプでもファイスブックと同じ選択肢がありますが、クリックできるリンクを作ることができません。その代わり、リンクを掲載するためにはコールトゥアクションボタンというものを作らなければなりません。

 

あなたのコンテンツをテストするときに、目的についても考えてみてください。もしコンテンツが目的にマッチしていないと、広告がどんなに良いものであっても読み手を魅了することはできません。フェイスブック上では、家族や友達に関する内容、興味深いリンクや質の高い情報が投稿される傾向があります。ブログやニュース記事、ケーススタディのような内容が濃くシェアしたくなるようなコンテンツが人々を魅了します。

 

インスタグラムでは、人々を引きつけられるかどうかは視覚的なものによって決定づけられます。まずコンテンツ作りというよりも人々が注目せずにはいられないような写真や動画作成をしてください。ニュース記事は、記事の内容を写真を見てすぐにわかるような写真をつけない限り、このプラットフォームには適さないでしょう。

 

もし広告に使うための可視化された良いコンテンツを持っているなら、インスタグラムを使うべきです。また、これらの見た目の良い写真や動画をつくる予算があるなら、インスタグラムはよいプラットフォームです。あなたのコンテンツがもっと多様で文字媒体のものがメインであるならば、フェイスブックがより効果的です。

 

広告掲載の目的

あなたの目的を達成するための糸口は、広告をどこに掲載するかという事実に紐づけられています。もし広告を載せることに決定的な目的がない場合、一度立ち止まりこのことについて考えてみてください。確実な目的がないと、統計の分析基準や読み手の動向、ターゲット読者などを特定することが難しくなってしまいます。

 

フェイスブックの広告管理ツールは、はじめに目的を選ぶ設定になっており広告の目的を認識しやすくなっています。この管理機能は、フェイスブックとインスタグラムの両方で使えますが、インスタグラムでは選択できる項目が限られています。もしあなたがアプリ経由でインスタグラムに広告を載せるなら、項目を選択することができません。目的を設定するときにこれは頭に入れておきましょう。

 

ブランド力のある製品が人々を魅了するような見た目のコンテンツと合わさった場合、インスタグラムで効果を存分に発揮します。それに対して、面白いニュースやレビュー記事と一緒に表示されたウェブサイトのクリックボタンはフェイスブックで効果を発揮します。

 

広告の分野について

フェイスブックかインスタグラムのどちらがいいか決めるうえで考慮するべきなのが、あなたが宣伝したい分野についてです。食べ物やファッション、消耗品など見た目が重視されるような製品は、インスタグラムでより効果を発揮します。

 

もしどちらのプラットフォームにもアカウントをもっているなら、目指している目的に対してこの2つの媒体のどちらでより興味を持ってもらえているのか確認するためにソーシャルメディアアナリティクスをチェックしてみてください。フェイスブックでよりクリックしてもらえていますか?その場合は、今まで反応の良かったコンテンツに似た広告を作ってみてください。

 

関連している分野によって、あなたが広告に対してどれくらい支払うかにも影響してきます。より高価な製品に関しては、顧客に製品について考えさせマーケティングファネルの最終段階に誘導するために何度も広告を表示させる必要があります。

 

もしあなたが掲載している分野の情報がネットワーク上であまり掲載されないのであれば、競合が少ないということになり、コストが抑えられます。広告の効果を発揮するためには、競合が少ない分野においてより多くのターゲットにアプローチする必要があるとも言えます。もしこのような製品が存在しないのであれば、読者はあなたの広告にあまり関心を持たないため広告は上手く機能しないということになります。

 

まとめ:テストと分析

同じ読み手に対して様々なタイプのコンテンツや管理ツールの設定変更をしてみてください。AとBの2パターンのテストを、フェイスブックの広告管理において試すのも良いです。掲載した広告のうち一方が効果を発揮し始めれば、そのテストは試す価値があります。

 

両方のプラットフォームの優れている点は、読み手の傾向に合わせて適した広告を選べるようになることです。もし予算オーバーになってしまう場合は、広告の掲載を少しずつ減らしてみてください。また、読者にとってある一つのコンテンツがもう一方よりも好ましい結果が出ている場合は、良い結果が出なかった広告の掲載はやめてください。

 

ソーシャルメディアの広告掲載で成功するかどうかは、計画や分析、そして多少の運で決まります。あなたが1年前に考えていた戦略は次の年にはうまくいかなくなっているかもしれないですし、将来的にも同じことが言えます。加えて、ネットワークというのはアルゴリズムと広告の特徴に合わせられます。近い将来、インスタグラムのターゲットがフェイスブックのターゲット範囲まで広げられたり、インスタグラム特有の新しい考え方が追加されることもあるでしょう。

 

もし結果を確かめるために広告管理ツールやインスタグラムのアプリを使いたくないなら、スプラウトのフェイスブックとインスタグラムの支払い分析レポートを使用してみてください。それは広告がうまく運用されているかどうか簡単に示し、瞬時にプレゼンテーション用レポートを作ることができます。また、フェイスブックとインスタグラムなど個々のネットワークサイトを行き来せずに、ソーシャルメディアの分析結果を確認することができます。

 

スプラウト上で、インスタグラム広告で成功するためには何が必要か学んだり、フェイスブック広告の戦略が正しいかどうかを再確認するのもおすすめです。

 

この記事を読んでみて、お金を払って広告を掲載する前にソーシャルメディアについてもう一度考え直す必要性を感じた場合は、無料のソーシャルメディアのツールキットをダウンロードして広告運用の方向性を確認してみるのはいかがでしょうか?

おすすめ新着記事

おすすめタグ