マーケティング

マーケティング

PR

ソーシャルメディア・マーケティング戦略のトレンドを予測

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Social Media Marketing (SMM) Trends 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

451 views

読了時間 : 約6分15秒

SNSを用いたブランドマーケティング(SMM)は以前より行われてきました。この分野で積み重なった知識や経験を広く活用することが可能になってきたのは、多くの企業が成功例を実証してきてくれたおかげです。

 

このように培われたノウハウは、すでに幅広く使用されており、人気トレンドの分析における基盤となりました。ですから、本記事においても2019年のSMMトレンドを正確に予測することができるでしょう。

 

様々なSNSにおける宣伝

SNSを一つしか使用していないなら、it is the last day. 現代ではブランド広告をできるだけ広めるには、多数のSNSを媒体とする必要があります。コンテンツも入念に考えなければなりません。多数のSNSで全く同じ広告コンテンツを使用するのは避けましょう。

 

時には同じコンテンツを使用することも可能ですが、多くの場合は各SNSに相応しい別々のコンテンツを練り上げることをお勧めします。もちろん、SMM担当者の負担は増えますが、その分結果はついてくるでしょう。

 

現代では大半の企業が自分たちの広告視聴者が一つのSNSに限られているという訳ではないことを分かっています。ですから、オーディエンスが最も長い時間閲覧するSNSをターゲットにする必要があります。

 

SNSを選り好みしてしまうと、現代のコンテンツマーケティングのトレンドの基盤にもなっている定性評価を得られなくなります。ターゲットのセグメント化やターゲットとのコミュニケーションを効果的に行うことが、ビジネス成功の鍵を握っています。

 

過去の宣伝方式を見直す動き

よく知られているSNSでの宣伝方式は以前ほどの効果を発揮しなくなっています。ビジネス業界が変わってきており、広告戦略も同時に変わってきているのです。つまり、SMMマネージャーは以前より創造性や個性を表現することを求められており、企業は以前より高額な金額をSMMのプロに支払う必要があります。

 

SNS広告

SNSにおけるビジネスブランドの広告トレンドの変化は顕著に表れます。ビジネスブランドを効果的にプロモーションするには、一つのウェブサイトにコンテクスト広告を載せるだけでは不十分になりました。オーディエンスが最も頻繁に閲覧するサイトに広告を載せる必要があります。

 

SNSの経営者や管理者はこういったトレンドもわかっています。こういったSNSは広告掲載の需要が高まる中、掲載費も上がります。企業はこの事実を受け入れたくないかもしれませんが、明らかなトレンドを無視することはできません。性格で確実なSMM戦略はICOによるマーケティングを成功させる上で必須です。

 

もう一点知っておきたいことは、企業はますます結果を重視するようになってきています。SMMのプロがどんなに有能で高学歴であっても、報酬はコンバージョン数と購読数で決まります。この見解は公平で客観的なものです。

 

よって、企業側は広告費を無駄にすることをある程度防止することができます。

 

SNSにおける動画コンテンツの増加

動画トレンドに関しては、しばらく話題になっています。2018年初頭には、コンテンツマネジメント業界において、動画は主要成長分野の一つになりました。動画トレンドはSNSにも到来し、ビジネスのプロモーションにおいて積極的に使用されています。動画はブロックチェーン業や仮想通貨取引業も満足できるプロモーション効果を発揮します。

 

動画は重要な情報をターゲットオーディエンスに届けるためにはぴったりな媒体でしょう。マーケティングコンテンツやタイミングが特別なものでなくても、動画は難なく文体で記載された情報を伝えてくれます。その上、動画なら興味を引きやすく、効果的かつモダンな広告媒体でしょう。

 

特にこういった効果を発揮する動画はライブ動画でしょう。SNSにおける動画ストリーミングは大人気です。ストリームが下記の条件を満たしていれば、たくさんの利点があります。

1.情報が詰まっていて、役に立つ

2.新鮮な珍しさがある

3.企業の別の良い面がわかる

ライブ動画コンテンツはリアルタイムで放送されるので、顧客からの信頼を高めるのに役立ちます。企業の評判が分かりやすくオープンになり、プラスイメージが強化されるでしょう。

 

ところで、動画の使用は最近かなり庶民的なものになっています。現在では、動画コンテンツを掲載するのに、高価なカメラを使用する必要もありませんし、収録やストリーミングの大半は通常のスマートフォンで可能です。大切なのは、面白くキャッチーなコンテンツなのです。

 

 

SNSモバイルアプリの使用

モバイル業界は顕著に成長してきています。そのため、SNSのコンテンツはPCだけでなく、携帯などのモバイル機器での閲覧に最大限に配慮したものである必要があります。このモバイルトレンドはもう1つの動向に直接関連しています。それは、情報の閲覧スピードが上がり、閲覧者の集中力や注意力が下がるというものです。このことに関しては2019年UIトレンドで詳しく述べています。

 

そのため、SNS上のコンテンツは移動中に携帯で見やすいものである必要があります。こうすることで、ビジネスとオーディエンスが常に接触することが可能になります。しかし、Longreadsのような長文系メディアが軽視されるようになるというわけではありません。詳しくはこの記事で後ほど説明します。

 

SNSやモバイルガジェットにおける機能の増加

SMM業界の成長率の高さは、ユーザーの興味に可能な限り適応していることが大きな理由でしょう。例えば、FacebookやInstagramではこういった目的を念頭に、ストーリー機能などが加えられました。

 

こういった機能を深く理解していない場合、ただ見た目のかっこよさを求めた流行だと感じてしまうかもしれません。しかし、こういった機能こそが現代のグローバルネットワークユーザのニーズを映し出しているのです。

 

現代はガジェットの機能の充実により、人気コンテンツを作成する上での焦点が変わりました。以前なら写真ですら読み込みにかなり時間を要しましたが、今では通常のスマートフォンで問題なく動画視聴ができます。そういった改善により、ユーザーの興味の対象は多様化してきました。

 

インテラクション重視

ここでもストリーミングについて考えていく必要があります。SNSニュース配信サイト「Social Media Today」によるデータでは、85パーセントのユーザーが通常のテレビ放送よりFacebookのストリームを選んでいることが分かっています。理由は簡単です。こういったストリームでは、イベントやシェアの投稿元だけでなく、他のオーディエンスともリアルタイムで意見交換ができるからです。

 

オンラインのリアルタイム映像には録画映像よりもずっと多くのコメントが集まります。この事実は上記で述べた以外にもコンバージョンの成功を示しています。有名な事例は、コーチェラ・フェスティバル実行委員会が、2012年のイベントに向けてのチケットを2011年に完売させた時のことです。ライブ放送のおかげで、3時間での完売でした。その前年の放送はライブではなく、販売に3日かかっています。

 

このように比較分析することで、ライブ放送の効果を立証することができます。この戦略は公式イベント以外にも使えます。興味を引く可能性がある動画はどんどん配信するべきです。例えば、Nikeはスポーツイベントの動画を配信し、オーディエンスの心を掴みました。

 

長文系メディアの人気上昇

このトレンドはごく最近に始まったものです。このことは、2019年ウェブ開発における注目トレンドにてお話ししました。ここでは、SNSに進出するにおいての従来の常識が覆されています。

 

数年前、SNSの投稿は極力端的であるべきだと言われてきました。ところが今は違います。もちろん移動中にも読める「凝縮された」情報の意義がなくなった訳ではありません。しかし同時に、オーディエンスは通勤中の公共交通機関において一息つけるクオリティとコンテンツを重視しています。

 

ユーザーのこういったニーズに基づき、2015年にはSNSが新たな手法であるInstant Articleを発表しました。Instant Articleは常に進化を続けていて、チャンスに柔軟に対応し、着実に成長してきました。これは現代のSNSを作っていく上で重要なことです。

 

Instant Articleでは、モバイルユーザーは、ブラウザを離れずにFacebookにて外部サイトの記事を読むことができます。コンテンツの製作者にとっての利点は、アナリスト機能を活用できることでしょう。

 

 

タイムリミット付きコンテンツの利用

このトレンドは特にInstagramで広まっています。特色は、メッセージが一定時間(例えば24時間後)すると消えてしまうという点で、ターゲットとなるオーディエンスが情報をチェックしたい気分になります。情報入手もタイムリーに行われ、オーディエンスに情報が届いたことを把握することもできます。

 

 

SNSにおけるネイティブ広告の人気

現代の理想的な広告とは、一見役に立つように見える情報ではなく、実際に役に立つ情報です。役立つように見えるだけ、という印象を与える広告を避けるべきです。

 

そのためには、実際にユーザーの役に立つ情報を提供しましょう。例えば、靴の広告なら、レザーやスエードシューズの手入れの秘訣を共有しましょう。食料品の広告ならば、レシピを共有しましょう。高品質衣類の広告ならば、ドレスやシャツのサイズについて共有しましょう。

 

従来のプロモーション

SNSで使用されているブランドプロモーションの中には、以前より親しまれてきましたが、今でも不変の効果を発揮するものもあります。例えば、再投稿や抽選は目新しい方法ではありませんが、以前と変わらず効果を発揮しています。この手法は、より多くの人に製品やサービスを広めるのにも役立ちます。

 

まとめ

SMM業界の2019年の主要トレンドとして、コンテンツやマーケティングメゾッドの大幅な柔和化が見られるでしょう。アグレッシブでダイレクトなマーケティングの効果は続きません。

 

現代のSNSユーザーは、自分の時間を大切にし、ビジネスの透明性を重視し、信頼できるもののみを購入する特徴があります。よって、SNSにおける宣伝全体がこの特徴に従っていく必要があります。今後、こういった現代のユーザーのニーズに適応する動きはますます広がっていき以前の状態に戻ることはない、と専門家は見ています。

 

自分のブランドを成功させ、顧客の信頼を得るには、クオリティの高い動画、興味を引く記事、有益な情報でターゲットとするオーディエンスのロイヤリティを勝ち取りましょう。また、さらに多くの人にブランドを広めるための宣伝やクイズなども怠ってはいけません。そして、SMMにおいて力になってくれる、適切なウェブ開発サービスを見つけることも重要です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ