マーケティング

マーケティング

次に流行るモバイルアプリとは?2019年のトレンドを一挙ご紹介!

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Mobile App Development Trends 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

395 views

読了時間 : 約5分39秒

2017年と2018年は、モバイルアプリが発展した重要な年でした。業界の固定概念が大きく覆され、アプリへの投資は二の次だと当初考えていた企業ですら、今では投資基準を左右する1つとしてそれを捉えるまでになりました。アプリの需要が高まっているのは一目瞭然です。

 

ビジネス戦略もこの現実に合わせて大きく変化し、企業にとっても売上増加や新規顧客確保のチャンスも増えました。

 

昨年ダウンロードされた無料アプリの数は、254億を超えます。2012年まで遡って数年を振り返ると、当時のトレンドは全く違うことが分かります。その後モバイルアプリが人気を集め、ダウンロードの数は約57.33億ほどでした。

 

今モバイルアプリは急激に発展しています。専門家によると、そのトレンドは増加する一方だそうです。

 

普及するアプリとその方向性

 

現時点では、次の分野のアプリが有力候補です。

1.ソーシャルネット

2.ライフスタイル

3.ゲーム

4.Google Play

 

どのアプリに人気が集まるか、理由は様々です。その一つに、ブランディングがあります。代表的なところで言えば、ホテルやレストラン業界、貿易会社や銀行などが、アプリを積極的に使って公のイメージを作ろうとしています。評判を保つためのツールとしても、便利に使われています。

 

アプリには他にも重要な役目があり、企業とお客様の交流の場を増やす役割もあります。例えば、ダイレクトマーケティングといわれるものがそれにあたり、発注増加や利益に繋がっています。

 

もし早い段階で大手企業や起業家にアプリが普及していたら、そのトレンドは中小企業にも広まっていたことでしょう。今話題のトレンドから、2019年に業界で流行るトレンドを予測することも可能です。

 

予想されているトレンドを、いくつか列挙します。

1.”スマート”なインターネット

2.さらなるモバイル商業の発展

3.需要に基づいたアプリの改善(出前サービスやタクシーの配車など)

4.安全なデータ管理への新たな試み

5.インスタントなAndroidアプリ

6.急成長するクラウドアプリ

7.ページ読み込み速度の改善

8.変化に対応するビーコン技術の発展

 

アプリ業界のトレンドは、もっと詳しく考えていく必要があります。順番に見ていきましょう。

 

“スマートな”もの

 

モノのインターネットという考えが、ますます身近な存在になってきました。”スマート”と名のつく分野が、さらなる発展を遂げています。その機能は多岐に渡り、例えばThe Wezom siteがあります。仮に数週間家を空けて帰ってきたら、お湯を沸かすのに待つ必要があります。アパートのオーナーからしたら、一ヶ月近く放置されている給湯器があるのは勿体無いでしょう。

 

そこで、決められた時間のみ給湯器を稼働してお湯を沸かす、という工夫が生まれました。この仕組みは公に発表されていますが、アプリはまだ有名ではありません。ですが、ある国ではすでにその需要が高まっています。

モノのインターネットを意味する、Internet of Things (IoT)という概念が存在します。今から、ビジネスにおけるブロックチェーン技術について述べたいと思います。ユーザーがどれだけモバイルアプリをダウンロードしたか、スマートフォンを通じて管理されているIoTデバイスをどれだけ使ったかで、この分野の人気が分かります。

 

モバイル支払い

 

オンラインショッピングが好きな消費者は、ほとんどモバイルアプリのネットバンクを使っています。“モバイル商業(Mコマース)”とも言います。

 

この方法を用いて、企業は消費者の行動分析やデータ収集を行っています。次にやってくるのはモバイル商業の時代だと予想されています。

 

需要に基づいたアプリの開発

 

モバイルアプリには、顧客の一定のニーズがあります。例えば、次に挙げるようなサービスです。

1.クリーニング

2.配達サービス

3.美容業界

4.タクシーサービス

5.洗濯業界

 

これらのニーズを叶えるため、ほとんどの人はアプリを使っています。なぜなら、便利さ、スピード、支払いの簡単さ、要求されるサービスの実現性という点において非常に利益をもたらしてくれるからです。ある程度の規模になっても対応出来るので、将来的にトレンドになる要素を持っていると言っても過言ではありません。

アプリの安全性

 

現代のUEによると、モバイルアプリの信用性はまだ低いようです。たくさんの人が利用しているにも関わらず、データ管理の点ではまだ安全だとは思われていません。

 

近い将来、アプリ開発者がセキュリティ強化に焦点を当てる可能性は高いでしょう。現時点では、メッセージの自動選択消去、暗号化、仮想通貨でこの問題を解決しようという取り組みがなされています。今後どんな技術が開発されるかは分かりません。

 

インスタントなAndroidアプリ

 

インスタントなAndroidアプリとは、ウェブサイトによく似た独自の仕組みのアプリケーションのことです。このようなIT 製品は、どれも便利です。同じようなアプリをインストールする必要はなく、ウェブサイトとの違いにも条件があります。

 

Androidアプリを使用する主な利点は、どこにいてもアクセスが可能で、個人でインストールする必要がないことです。ネットのページをダウンロードするのと同じくらい簡単に利用出来ます。Jelly BeanのAndroidであれば、どんなバージョンでも適合性があります。

 

その他の利点としては、容量を確保出来ることです。いらないアプリをダウンロードすることは、ユーザーにとって無駄ですから。

話題となっているクラウドアプリ

 

現在のモバイルアプリは、クラウド管理に向けて迅速に開発が進んでいます。これらの技術のおかげで、スマートフォンの内部メモリーを消費することなく、楽にデータを扱うことが出来ます。

 

一番有名なクラウドアプリはGoogle DiskとDropboxです。しかしその後、同じような技術を使い始める開発者が増えてきました。2019年前半には、全世界のモバイル容量の90%はクラウドアプリが提供しているだろう、とCisco VNI Global Mobile Forecastは予測しています。さらに、その容量は11倍にまで拡大するだろうとも言われています。

 

専門家によると、クラウド処理に基づくアプリは情報セキュリティの問題にも関与していくだろうと言われています。データ漏洩を恐れる企業にとって、とても重要なことです。クラウドが保護されていれば、企業に勤める個人データもリスクから守られています。

 

ページ読み込み速度の改善

 

モバイル端末でページを読み込む速度は、以前よりも確実に改善されています。このきっかけになったのは、GoogleがAMPプロジェクトを公表したからです。ページを読み込む速度が速くなったのは、この技術のおかげです。またGoogleは、モバイルネットワークの索引を独自に提供するつもりであることも公表しました。

 

これらの動きで、アプリ業界には新しい風が吹きました。ページを読み込む速度が速くなれば、ウェブのアプリもスムーズに進むようになるでしょう。おそらく、モバイル端末にも大きな影響があります。このままいけば、不具合も減少するに違いありません。

 

 

AMP(Accelerated Mobile Pages)プロジェクトは、多方向に利点があります。まず、サイトの訪問者の増加です。また、クリック率もアップします。ページの評価も上がり、広告も見やすくなります。AMPは、プラットホーム取引の開発にはあまり重要ではありません。

 

また、サイト訪問者の分析が簡略化され、不具合も減るでしょう。コンテンツもより投稿しやすくなります。これらの利点は、ページ速度の上がった2019年のモバイルアプリに十分影響があると言えます。

ビーコン技術の発展

 

この技術は真新しいものではありません。しかし、まだ注目されておらず、大きな変化も起きていません。だからこそ、そろそろトレンドの革命が起こるのではないかと言われています。この傾向が始まったのは昨年からです。

 

一般ユーザーにとっても、ビーコン技術はより身近なものになってきました。ますます便利な機能やアプリが開発され、情報源やバーチャルガイドなどがその例です。

 

この技術は将来間違いなく発展しますが、その動きはゆっくりでしょう。関連する技術革命の前触れが、まだ何もないからです。

 

まとめ

 

モバイルアプリの将来について自信を持って言えることは、この分野を重要視している企業が多いということです。これ以上投資する分野ではありませんが、ブランドイメージやターゲットの拡大も重要な要素です。また、モバイルアプリの開発は、翌年のウェブ開発のトレンドにも関連性があります。

 

モバイルアプリを使って、食べ物を注文したりクリーニングサービスを受けたりする人は今後ますます増えていき、どれが自分にとって便利なのかが徐々に分かるようになります。それに伴い、企業もユーザーの興味関心について分析していくでしょう。

 

様々なアプリが増加していくことは、ある意味開発者同士の新たな競争を意味するかもしれません。選択する側であるユーザーの気を惹くために戦うのは、容易ではないでしょう。

 

同時に、これらのトレンドを理解しておけば、企業にとってはビジネス戦略の効果を測る機会が多くなるでしょう。さらに、優良な開発会社からのチャンスもあるかもしれません。

 

 

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1000円分招待コード】
当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等

金額:※さらにメルペイスマート払で2000円分ポイント!
友達招待でお互いに1000円分ポイント!2人以上招待でUSJ貸し切りイベントに抽選招待も!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

 

【Uber初回利用2000円オフクーポン】
当サイト専用プロモーションコード:JP192991yw

 
»当サイト限定の初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

 
Uber

Uber

プロモーション コードを追加するで「JP192991yw」を入れてください。
※プロモコードは日本国内でのみ利用可能
 

 

【UberEats初回利用1000円オフクーポン】
当サイト限定プロモーションコード:ins6je2v

 
対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き
 
»当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

おすすめ新着記事

おすすめタグ