マーケティング

マーケティング

【2020年版】史上最大かつ最も費用のかかる31のテク企業買収リスト

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、31 Biggest and Most Expensive Tech Acquisitions Of All Time | 2020 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

157 views

読了時間 : 約11分59秒

「大魚は小魚を食べて生き延びる」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。ビジネスの世界では、毎日のようにこのようなことが起こっています。買収案件の大半は中堅・マイクロ市場企業を対象としていますが、数十億ドル規模の国境を越えた取引だけが報道の対象となっています。

 

買収が行われる理由は数多くありますが、以下のようなものがあります。

 

・将来の成長性を高めるため。
・特許や技術を取得するため。
・市場で台頭してきている競合他社をシャットダウンするため。

 

私たちはこれまでにテク業界で最大かつ最も高額な取引のいくつかを代理してきました。バイアウト価格は1ドルから340億ドルの間です。これら31件の買収のうち、マイクロソフトは5件の買収にフィーチャーされており、2018年のトップ10の買収総額は870億ドルを超えているのはかなり興味深いはずです。

 

31. FacebookがInstagramを10億ドルで買収

Facebookは2012年4月、写真・動画共有アプリ「Instagram」に10億ドルを提示しました。2013年9月の時点で、Instagramは1億5000万人以上のユーザーを設定していました。また2013年のAndroidアプリのトップ50にもランクインしています。

 

この取引の後、Instagramは23%成長したのに対し、Facebookは3%しか成長していません。2020年6月時点でFacebookは月間アクティブユーザー数が26億人だったのに対し、Instagramは全世界で10億人以上のユーザーを抱えていました。

 

30. ヤフーがTumblrを11億ドルで買収

Tumblrは2013年5月からヤフーが所有しているマイクロブログ・SNSです。これはマリッサ・メイヤー(元ヤフーCEO)のリーダーシップのもと、ヤフーが行った史上最大の取引です。それ以来Tumblrは下がる気配を見せておらず、10代や大学生の間ではより人気の高いサービスとなっています。2020年4月時点で、Tumblrは4億9600万人以上のブログを持つソーシャルプラットフォームとして8番目に人気がありました。

 

29.イーベイがペイパルを15億ドルで買収

eBayは2002年6月にPayPalを15億ドルで買収しました。インターネットを通じた送金や支払いを可能にする国際的な電子商取引事業です。ペイパルは200以上の市場で事業を展開し、2億2500万以上のアカウントを管理しています。2019年現在、ペイパルの総支払処理量は5000億ドル以上で、年間の支払収入は177億ドルとなっています。

 

28. グーグル、16億5000万ドルでYouTubeを買収

インターネット検索大手のYouTubeは、2006年10月に創業者のスティーブ・チェンとチャド・ハーリーから16億5000万ドルで買収されました。それ以来、YouTubeはルック、フィール、パフォーマンスの面で多くの変化を遂げてきています。2020年現在、同サイトの月間ユニークビジター数は20億人を超え、毎分400時間の動画がアップロードされ、毎日50億本以上の動画が視聴されています。

 

27. Vista Equity PartnersがApttioを買収 – 19.4億ドル

アメリカのプライベート・エクイティとベンチャーキャピタルは、2018年に1株あたり38ドルを支払うことでApittoを買収しました。アピートはシアトルに本社を置く企業で、企業のクラウド支出の管理と把握を支援しています。ビスタは株主に対して53%のプレミアムを支払い、アピートーの取締役会で取引が承認されました。

 

26. TwilioがSendGridを20億ドルで買収

クラウドコミュニケーションプラットフォームのTwilloは、20億ドル(すべて株式取引)を投じてAPIベースのメールサービスSendGridを手に入れました。この取引は驚くべきことではなく、両社は同じビジョン、同じ価値観、同じモデルを共有しています。

 

25. シスコ、デュオセキュリティを23億5000万ドルで買収

シスコは創業以来、100社以上の企業を買収してきました。そして、これらの買収のうち十数社は10億ドル以上のコストをかけています。2018年にはDuo Securityを子会社に加え、同社はDuo Securityという別のクラウドベースのサイバーセキュリティ企業を買収するために、現金で23億5000万ドルを支払いました。

 

シスコは現代のITインフラを構築していますが、今度はDuo Securityを支援して、ユーザーのあらゆるデバイスのアプリケーションへのアクセスを大規模に確保するというミッションを加速させています。

 

24. デル、クエスト・ソフトウェアを買収-23億6000万ドル

クエストはソフトウェアメーカーで、ほぼ全てのインフラソフトをサポートしています。データベース開発者が使用するTOADという製品を製造していることで知られています。他にもソフトウェアの作成、管理、監視に役立つ多くの製品を提供しています。2012年7月2日、Dellは23億6000万ドルでQuestを買収すると発表しました。

 

23. SAPがCallidusCloudを24億ドルで買収

他のテク大手とは異なり、SAPは通常多くの買収をしません。しかし、彼らは2018年にCallidusCloudを24億ドル(1株あたり36ドル)で買収しました。この株価は株主にとって印象的な跳ね上がりであり、30日平均株価を21%も上回るプレミアムを表しています。CallidusCloudは、販売実績管理と販売実行のためのソフトウェアとサービスのためのクラウドベースのソリューションで最もよく知られています。SAPは、すでに驚異的な成長を遂げているCallidusCloudにグローバルな規模を提供しています。

 

22. マイクロソフトがマインクラフトを買収 – 25億

マイクロソフトは、人気インディペンデントゲーム「Minecraft」の開発で最もよく知られているスウェーデンのMojang社を買収しました。今回の買収は2014年9月15日に発表されたものです。Minecraftは、Apple StoreとGoogle Playの両方でトップセールスを記録しているアプリの一つです。また、Xbox OneやPlayStation 4向けにもリリースされています。

 

21. Google、Nest Labsを32億ドルで買収

Nest Labsはwifiを有効に自己学習、煙探知機、および高度なサーモスタットを作成するホームオートメーション会社です。共同創業者はiPodの生みの親であるトニー・ファデル氏です。今回の取引は、Googleが将来的に検索エンジンのアルゴリズムを改善するだけでなく、家を自動化する準備ができていることを明らかにしました。

 

20. アドビ、Marketoを47億5000万ドルで買収

2018年9月、アドビシステムズはアカウントベースのマーケティングに特化した企業であるMarketoを総額47億5000万ドルで買収することを発表しました。この取引は、B2BとB2Cのコンテクストを横断するカスタマーエクスペリエンスにおけるアドビのリードを強化するものです。同年には、オープンソースのeコマースプラットフォームであるMagnetoを16.8億ドルで買収し、同社のエンタープライズコンテンツ管理プラットフォームであるAdobe Experience Cloudに統合することを意図しています。

 

19. VerizonがYahooを買収 – 48億ドル

ベライゾンは、かつてインターネットの王様であったものの哀れな残りを買収しました。ヤフーはおそらく、これまでで最も管理の行き届いていない技術の巨人です。彼らには検索ビジネスの中核を超えて拡大する機会がありましたが、それをすべて台無しにしてしまいました。この取引の後、株主は中国の電子商取引大手アリババとヤフージャパンへのヤフーの有利な投資を維持しました。これらの企業は独立した株式公開会社に分割され、この契約ではヤフーの現金と一部の特許も除外されています。

 

18. セールスフォース、MuleSoftを65億ドルで買収

2018年、Salesforceはデータ、アプリケーション、デバイスを接続するための統合ソフトウェア企業MuleSoftを65億ドルで買収しました。彼らはMuleSoftの株に44.89ドルを支払っており、36%のプレミアムを支払いました。

 

また今回の取引でMuleSoftの1株あたりの価値は現金で36ドル、Salesforceの株式で0.071株となっています。SalesforceはAIや機械学習レイヤーに取り組んでいるため、会社全体の膨大なデータへのアクセスが必要となります。MuleSoftのような企業は、仕事を楽にすることが可能です。

 

17. マイクロソフトがノキアを買収-72億ドル

昔、ノキアはモバイル市場のリーダーでしたが、過去10年間でAndroidプラットフォームはノキアの顧客の信頼と販売価値を破壊しました。マイクロソフトはマッピングサービス、特許ポートフォリオ、および32,000人の従業員を含む70億ドル以上のためにノキアのモバイルユニットを購入することによって、モバイル市場で厳しい競争を与えることを決めました。

 

16. Just Eat TakeawayがGrubhubを買収 -73億ドル

ヨーロッパのフードデリバリーサービスのJust Eat Takeawayが、アメリカのオンラインフード注文・配送プラットフォームGrubhubを73億ドルで買収しました。今回の全株式取引で、Just Eat TakeawayはGrubhubを1株当たり75.15ドルと評価し、Grubhubの終値から27%のプレミアムを付けました。Grubhubの創業者兼最高経営責任者であるMatt Maloney氏はJust Eat Takeawayの取締役会に参加し、北米での事業を監督します。

 

15. オラクル、Sun Microsystemsを買収-74億ドル

サン・マイクロシステムは情報技術サービス、コンピュータ部品、ソフトウェアを販売し、Javaプログラミングプラットフォームとネットワークファイルシステム(NFS)を作成しました。オラクルは2009年4月、苦戦していたサンマイクロシステムズとそのJavaプログラミング言語を74億ドルで買収しました。この取引により、JavaはIBMの手から遠ざかりました。

 

14. マイクロソフトがGitHubを買収 – 75億ドル

左から:Chris Wanstrath氏(GitHub CEO)、Satya Nadella氏、Nat Friedman氏(マイクロソフト デベロッパーサービス担当副社長)

 

2018年6月4日、マイクロソフトは最大のソフトウェア開発プラットフォームであるGitHubを買収することを確認しました。株式で75億ドルを支払ったということです。マイクロソフトがなぜGitHubを買収したいのかを理解するのは難しくありません。2017年、彼らは自社のGithubの競合であるCodeplexを閉鎖しました。マイクロソフトは現在、1000人以上の開発者がGitHubのリポジトリにコードを積極的にプッシュしています。

 

実際、MicrosoftはGithub上で最も多くのオープンソース貢献者を抱えるトップ企業です。マイクロソフトは今後数年間でパートナーチャネル、直販、グローバルクラウドインフラ、サービスを活用して、企業の開発者によるGithubの利用を加速させていきます。

 

13. SAPが80億ドルでQualtricsを買収

SAPはIPO直前に80億ドルを支払ってQualtricsを買収しました。Qualtricsはアンケートやフィードバックソフトウェアを提供する急成長中のスクラッピーなプロバイダです。この取引はSAPがQualtricsの収益の20倍以上を支払ったということで、多くの人々を驚かされました。SAPはオペレーションソフトウェアを販売して数十億ドルを稼いでいましたが、Qualtricsはエクスペリエンスソフトウェアと呼ばれる新しい分野に参入していました。

 

12. Microsoft、Skypeを買収 – 85億ドル

Skypeはインスタントメッセージングクライアントであり、無料の音声IPサービスで、2005年にeBayが31億ドルで所有していました。40%の損失を出して個人投資家に売却し、マイクロソフトは2011年5月に85億ドルでSkypeを買収しました。それ以来、SkypeはすべてのWindowsプラットフォームにプリインストールされています。

 

11. ヒューレット・パッカード、オートノミーを買収-102億4000万ドル

HPは2011年8月、英企業向けソフトウェア会社オートノミーを買収しました。その後、2012年末に過払い金があったことを認めました。1年後にHPは同社に深刻な会計スキャンダルが見つかったと主張しました。HPのCEOであるレオ・アポテカー氏とオートノミーの共同創業者であるマイク・リンチ氏は、オートノミーが目標収益を達成できなかったために解雇されました。

 

10. グーグル、モトローラ・モビリティを買収-125億ドル

グーグルは2011年8月、スマートフォン市場でアップルに挑戦するため、携帯電話事業のモトローラを12.5億ドルで買収しましたが、失敗に終わりました。3年足らずで、グーグルはモトローラを29.1億ドルでレノボに売却しました(2,000件の特許を含む)。

 

グーグルについての30の魅力的な事実と統計を読んでみてください。

 

9. アマゾンがホールフーズを買収-137億ドル

アマゾンは、オーガニック食料品チェーンのホールフーズを137億ドルの現金で買収したときに、物理的な店舗と食品のビジネスに大きな賭けをしました。この取引は2017年8月に最終決定され、ホールフーズの価値は1株42ドルとなりました。

 

ホールフーズの店舗は引き続き同じ名前で運営されますが、アマゾンの別ユニットとして運営されます。この取引は、アマゾンが食料品への関心を高めていることを示しています。彼らはすでに配送サービス「AmazonFresh」を持っており、ユーザーがオンラインで食料品を購入することができる「クリックアンドコレクト」モデルを継続的にテストしており、店舗でそれらをピックアップするオプションがあります。

 

ガレージからスタートした有名企業を読んでみてください。

 

8. ウォルマートがフリップカートを買収-160億ドル

2018年5月9日、ウォルマートはインド最大のEコマース企業であるフリップカート(Flipkart)を160億ドルで200億ドル以上の評価額で買収したことを発表しました。これは、これまでのEコマースの買収としては最大規模となります。ウォルマートはFlipkartの77%の株式を取得しており、今後はすでにインド市場を支配しているアマゾン・インディアに対抗します。一方、WalmartはIPOをリリースしたいというFlipkartの意向を支持しますが、はっきりとさせませんでした。

 

Flipkartの共同創業者であるBinny Bansal氏、Tiger Global、Tencent Holdings、Microsoftの3社は持ち株を維持し、Sachin Bansal氏(もう一人の共同創業者)とSoftbankはそれぞれ10億ドルと47億ドルを手にして歩むことになります。さらに両巨人の戦いは、巨大なサプライチェーンのインフラだけでなく、多くの雇用を生み出すことになるでしょう。

 

7. BroadcomがCA Technologiesを 185億ドルで買収

2018年で最も予想外の買収をしたのは、半導体やインフラストラクチャ・ソフトウェア・ソリューションを幅広く開発し、世界的に供給している巨大企業、ブロードコムです。IT管理ソフトウェアとソリューションの大手プロバイダーであるCA technologiesを189億ドルの現金で買収しました。CAの株主は1株あたり44.50ドルを受け取り、これは 20% のプレミアムに相当します。この買収は、Broadcomがインフラストラクチャソフトウェアソリューションの需要の高まりに対応するために、サービスの多様化を図っていることを明確に示しています。

 

6. FacebookがWhatsAppを買収 – 190 億ドル

Facebookは2014年2月に、とんでもない高値でアプリ以上のものを購入しました。Facebookは4億5000万人以上のユーザーのアクセスを得ていました。すべてのモバイルメッセージングサービスを抑えたのはWhatsappです。その考えとしては、シンプルで高速で煩わしさを感じさせないコミュニケーションのためのサービスを開発することでした。

 

ブライアン・アクトンとヤン・クームは、ユーザーがテキストと一緒に動画や画像を共有できるアプリを思いつきました。買収後、チャットアプリのTelegramは1日で500万ダウンロードを記録し、WhatsAppは現在のユーザーのうち約100万人を失いましたが、その間にも数百万人の新規ユーザーを獲得しました。今日、WhatsAppは15億人以上のユーザーを抱えています。

 

5. ヒューレットパッカードがコンパックを買収 – 250億ドル

1982年に設立されたCompaqは、コンピュータ製品と関連サービスを販売していました。また最初のIBM PC互換コンピュータを数台生産し、90年代にはPCシステムの最大のサプライヤーとなりました。HPは2001年9月3日、IBMとの競合を目指して250億ドルでCompaqをファミリーに迎え入れました。2013年、HPは低価格システム向けのCompaqブランドを廃止しました。

 

4. マイクロソフト、リンクトインを買収-262億ドル

LinkedInは、4億人以上のユーザーを抱えるビジネス向けのソーシャルネットワークサービスです。2016年6月13日、マイクロソフトはリンクトインを262億ドルで買収すると発表しました。ジェフ・ワイナー氏は同社のCEOのままで、マイクロソフトのサティア・ナデラCEOに報告することになります。

 

25+の大企業の名前の由来をお読みください。

 

ソフトウェアの巨大企業であるマイクロソフト社は、ここ数年、自社製品をインテリジェント化するために数々の大胆なステップを踏んできましたが、同社はサービスをより効果的かつインテリジェントにするために、広範なデータを利用したいと考えています。LinkedInの幅広いネットワークは、この特定の分野で役立ちそうなデータを提供しています。リンクトインの株は発表後に47%急騰しましたが、マイクロソフトの株は3.2 %に下がりました。

 

3. IBM、レッドハットを340億ドルで買収

2018年10月、IBMはレッドハットを340億ドルで買収する計画を発表しました。買収前のRed Hatの時価総額は205億ドルです。これは圧倒的にIBMの過去最大の取引であり、米国の歴史上3番目に大きなテク買収です。

 

この大規模な取引が実行されるまでには時間がかかりましたが、統合された会社は今後数年でオープンソースとクラウドプラットフォーム市場を再構築することが期待されています。またこの買収は、今後数年の間に従来のテクベンダーとクラウドネイティブ、コンテナ、DevOps組織との間で、新たなクラスの巨大な合併のセットを引き起こす可能性もあります。

 

2. CenturyLinkがLevel 3 Communicationsを買収-340億ドル

米国第3位の通信会社CenturyLinkは、多国籍通信・インターネットサービスプロバイダーのLevel 3 Communicationsを現金と株式で340億ドルで買収しました。レベル3は2017年11月に完全にCenturyLinkの傘下に入りました。この買収により、CenturyLinkはビジネス通信市場でのリーチを拡大し、ベライゾンやAT&Tに対抗しようとしていました。同社は、350以上の都市圏と10万以上のファイバー対応のオンネットビルを接続することになります。

 

さらに、先進的なITサービスやネットワークソリューションなど、より広範で革新的な製品ポートフォリオを提供できるようになります。また資産が増加するため、中小企業向けのブロードバンドインフラへの投資を継続することが可能となります。

 

1. デル、EMCを670億ドルで買収

最大のテク企業買収は2015年に行われ、デルは670億ドル(1株33.15ドル)という巨額でEMCを買収する計画を発表しました。これによりデルのエンタープライズ向けパソコン、サーバー、モバイル事業とEMCのエンタープライズ向けストレージ事業が統合されることになります。デルは、サーバー事業から離れて、プライベートクラウドコンピューティングとストレージで企業に深く入り込み、HPやIBM、その他の老舗ベンダーと競合することを目指していました。

 

Dell EMCは、以前とほぼ同じペースで新製品を発表してきましたが、少なくとも多くのアナリストが予想していたよりはうまくいっているようです。

おすすめタグ