マーケティング

マーケティング

【イエール大発】身体がないブタの脳を生かすことに成功【不老不死?】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Neuroscientists Kept Pig Brains Alive With No Body Parts
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

98 views

読了時間 : 約1分57秒

・神経科学者は、身体のないブタの脳を最大36時間生かす技術を開発しました。

・BrainExと名付けられたこの技術は、脳の血管全体に人工血液を循環させるチューブに脳を取り付けます。

・この技術を使用して脳を無傷なまま詳細に調べることができるようになります。

 

イェール大学の神経科学者のチームは、断頭後されたブタの脳組織を保存する方法を開発しました。 科学者たちは豚の脳には意識がないと主張し、倫理的問題を引き起こしました。

 

実験では人工血液、ポンプ、ヒーターを使って約200頭の豚の脳の血液循環を回復させました。 BrainExと名付けられたこの技術は、蘇生した臓器を36時間生かすことに成功しました。

 

この研究は、3月28日に国立衛生研究所で詳細が発表され、脳科学探求の限界を生じさせました。 この技術は、無傷のまま脳を詳細に調べることができ、また、人間の寿命を延ばすという新しい可能性を引き出すこととなりました。

 

我々人間は、身体外の人工システム上で脳を生き続けさせることができるのでしょうか?

 

プロジェクトBrainEx

この技術は、脳の血管全体へ人工血液(体温と同じ温度に温められた)を循環させるチューブに脳を取り付けます。これにより酸素が脳細胞の奥深くまで流れることができます。

 

これは、移植のための肺や心臓などの臓器を保存する技術と非常によく似ています。 しかし、脳に関しては、物事はそれほど簡単ではありません。

豚の脳の側面写真

 

科学者たちは、実験中、ブタの脳は何も感じていなかったと断言しています(EEG –脳の表面に取り付けられた電極によって確認されています)。また、この技術はブタに限定されるものではなく、霊長類を含む他の種にも有効であるとしています。

 

最終目標は、人間の脳細胞間の相互接続の詳細なマップを構築することです。それにより脳腫瘍とアルツハイマー病を研究するのに使えるモデルを実現できます。

 

科学者たちはそれ以上詳細を説明しませんでした。彼らは論文がジャーナルに査読され掲載されるのを待っています。どうやら、2017年の初めから、拡大している生命倫理学者と神経科学者のコミュニティがこの研究について仮説を立てているようです。

 

死の再定義につながる

ブタの脳は損なわれているかもしれませんが、細胞が生きていればそれは生きている器官となります。実験では、何十億もの個々の細胞(ブタの脳細胞)が健康なまま正常に機能していることが確認されました。

 

でも希望を持ちすぎるのは禁物です。この技術は、死を回避するための道ではありません。少なくとも今のところ、脳移植は不可能なままなのです。

 

脳が無期限に生き続けることは可能で、意識を取り戻すこともできますが、未知の分野であるため、どちらも試みられませんでした。

 

残る疑問は、人間の脳が同じように扱われた場合にどうなるかということです。

 

・それは「死んでいる」または「生きている」と見なされるのか?

・人間の脳が体の外で蘇生した場合、その人は目を覚ましたといえるのか?

・目、耳、口のない人が人工呼吸器でどのくらい生きることができるのか?

・そうなったときその人はアイデンティティや記憶を持っているのか?

 

多くの疑問が残ります。

おすすめタグ