マーケティング

マーケティング

顧客データを管理するカスタマーデータプラットフォーム(CDP)とは?セールスフォースやOracle、Adobeの異なるアプローチ

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Salesforce adds a CDP, Oracle ponders them and Adobe finds it has one
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

706 views

読了時間 : 約3分28秒

先週、3つの大きなマーケティングクラウドがCDPに関し、以前よりニッチ技術に大きな進歩があったことを知らせました。

 

ここ数日で、Customer Data Platform (CDP)は、セールスフォース、Oracle、Adobeといった大きなマーケティングクラウドの知らせに、大きく後押しをされました。

 

CDPは構造を統一し、ひとつの“golden master”プロファイルの多様な要素からのデータを非構造化し、それは他のツールによって作用し、技術のないユーザーが管理できるようにしました。特にcustomer relationship management(CRM)が一般的ではない頃から、明らかに必要だと思われていました。しかし、複雑なタスクの設定には、この役割を果たすことにおける分割内での変更と、カテゴリーの発展が必要です。ここ数年で、主にこのカテゴリーは、関連する中小企業に支配されてきました。

 

セールスフォースは、全てのCDPを達成しました

 

今週のはじめにセールスフォースは、360プラットフォームの次の世代のカスタマーに、CDPも含まれていると発表しました。CDPは去年の秋に、初めてカスタマーに含まれています。360プラットフォームのカスタマーは、会社のマーケティングクラウド、サービスクラウド、コマースクラウドから、ナンセンスなB2Cカスタマーデータをひとつにまとめたものを、一緒に提示しました。

 

ひとりのカスタマーデータプロファイルがセールスフォースのB2B側に存在している時、ブランドは、B2Cカスタマーデータをプラットフォームアプリケーション中に関連させるため、以前の実装したコネクターを持っていました。しかしセールスフォースは、カスタマー360は“連合ソリューション”であり、CDPではないと主張しました。なぜなら、一か所にカスタマーデータを保存していなかったからです。実際に、去年6月のセールスフォースマーケティングクラウドCEOBob Stutzは、“流行は通り過ぎるもの”だというAdExchangerを述べました。

 

しかし現在、セールスフォースはCDPの流行に完全に乗っています。オーディエンスのセグメントを作るため、多用なデータ要素から統一されたプロファイルを提供し、個人的なエンゲージメントを提供するか統一した管理を行います。例として、いくつかの小売りサイトのウェブブラウザ、eメールインタラクション、以前の購入履歴からデータを結合することによって、ランニングシューズに興味のある女性購入者をオーディエンスとして構築することができると、会社は述べています。

 

OracleがCDPについて思うこと

 

また去年の秋、OracleはCX Unityを発売しました。これはCDPを説明しただけのものではありませんが“CDP-Plus”をほのめかしたものです。なぜなら、会社のエクスペリエンスクラウドの、B2BとB2Cクラウド全体のデータプロファイルを統一し、関連する知識を提供するからです。例えば、多用なタッチポイントでどの顧客がより忠節か、この会社の知識は示すことができます。

 

月曜日にOracleは、Accentureというコンサルタントグループとコラボレーションし、CapgeminiがCDPマーケット中の“誇大宣伝と混乱”に対処すると発表しました。Oracle Jane Arnold HommetのCapgeminiグローバルパートナーエグゼクティブによると“顧客の選択はおすすめを超えており、顧客の真実のひとつの要素を作るのが、とても困難である”ことが大きな難関であると述べています。

 

このコラボレーションによる結果は、明快ではありません。しかしこの発表は、この複雑な環境でどのようにCDPを使用するのか、Oracleの顧客の理解を深めるのを助けます。

 

Adobeは、CDPポイントソリューションを発見しました

 

今年の3月、Adobeの製品マーケティングディレクターAli Bohraが追加投稿によって、どのように会社のプラットフォームが“CDPを使う場合の、世界クラスのソリューション”を、オーディエンスマネージャーと一緒にエクスペリエンスプラットフォームを提供することによって説明しています。エクスペリエンスプラットフォームは、持続するプロファイルを作るための機能と一緒に発表されました。

 

結果として“顧客がより知的な決断をするために、知っているものと知られていない顧客データを一緒に、リアルタイムのカスタマープロファイルに起動します”と彼は言いました。これは“ポイントCDPを除いたCDPの価値を得ることでした”とも述べています。

 

どうやらAdobeは、プラットフォーム中のCDPポイントソリューションを宣言することを、決めていたようです。しかしもし、以前会社が提供していたものと違ければ、それは明確ではありません。今週Adobeは、リアルタイムのカスタマーデータプラットフォームを含む、エクスペリエンスプラットフォームのため、いくつかの機能強化をすると発表しました。

 

それは機能性を明確にし、事を使い、会社が新しい機能を運ぶのを助けます。それは、Triggered Journeysを個別化したものです。顧客がブランドとやり取りすることによって、電子メール、プッシュ通知、アプリ内広告など、一連の顧客による検索のタッチポイントが、リアルタイムで発生します。

 

アナリストとCDP研究所長のDavid Raabは“しばらくかかりますが、3つの全ての仕入れ先は、自分のデータにCDPを保存しなければならないことを知っています”と、CDPについての3つの主要なマーケティングプラットフォームに投稿しています。

 

“Cynicsは言うかもしれない”と彼は付け加えました。“ソフトウェアの仕入れ先は、ユーザーが現在どのようなシステムを使っているかを基に、何が必要かを定義しています。しかしそれは、実際にユーザーが求めているものではありません。他の方法で、CDPを通訳することは難しいです。帰属、予測、検索分析などのCDPユースケースをサポートする人たちにとって、永続データの必要性が明らかになっています。”

おすすめ新着記事

おすすめタグ