マーケティング

マーケティング

PR

ソニーの特許!両面透明ディスプレイ搭載のスマートフォンの特許を出願中

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Sony Filed A Patent For Smartphones With Double-Sided Transparent Display
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

450 views

読了時間 : 約2分10秒

・ソニーは、前面と背面の両方に透明なディスプレイを備えたスマートフォンの特許を取得しました。

・ディスプレイには自発光する画素があり、各画素には光制御素子が関連付けられています。

 

シースルーディスプレイは、10年以上前からある技術ですが、一般消費者向けの製品には使われていませんでした。しかし2012年以降、Planar SystemsやSamsungなどが、テレビや携帯端末に搭載するようになりました。

 

2018年5月、ソニーは世界知的所有権庁に特許を出願しました。-表題は「ディスプレイ装置および電子機器」- これは、米国と日本ですでに承認されている2つの特許を基にしたものです。

 

ソニーは何十年も前から携帯電話を製造しています。スーパースローモーション(現在ではほぼすべてのスマートフォンに搭載されています)をはじめ、いくつかのユニークな機能を提供した最初の企業です。2015年、ソニーは4Kディスプレイを搭載した最初のスマートフォン(Xperia Z5 Premium)を発売しました。これまでの歴史を見ると、シースルーディスプレイを搭載したスマートフォンを発売できる技術を持っていることがわかります。

 

特許

スマートフォンに2つのディスプレイを搭載する特許:

1・フロントディスプレイには発光素子を搭載

2・背面ディスプレイには入射光の反射を利用したライトコントロールを搭載

 

この特許の目的は、画面を透明にすることです。特許では、ディスプレイは2Dマトリックスに配置された自己発光ピクセルを含んでいます。すべての画素は、入射光の反射と透過を処理する光制御素子と関連付けられています。

 

画像元: LetsGoDigital

発光部は前面だけでなく背面ディスプレイにも光を放射する。その発光量により、画素の透明度が変化します。その結果、シースルーディスプレイが実現しました。

 

さらに、スマートフォンにはジャイロセンサーや加速度センサーが搭載されており、ユーザーがディスプレイのどちら側を見ているのかを判断します。前面ディスプレイには、タッチボタンや画面下部の物理ボタンなど、いくつかの操作部があります。

 

ディスプレイモデル

特許では、合計6つの表示モードが例示されています。それぞれ非透明、半透明から透明までの3つの表示モードがあります。ユーザーは、これらのモードのいずれかを選択し、切り替えることができます。省エネや環境光など、いくつかの要素が大きな役割を果たしている可能性があります。

 

画像元: LetsGoDigital

この特許は、折りたたみ式スマートフォンも対象としています。このデザインは、2つのディスプレイが互いに反対側に固定されているため、携帯電話は合計4つのスクリーンがあることになります。

 

例えば、ユーザーは左側のディスプレイで透明なコンテンツ、右側のディスプレイで透明でないコンテンツを同時に表示するなど、表示モードを変更することができます。また、カメラは左右どちらかのディスプレイに挿入することができます。

 

3つ以上のディスプレイを搭載した折りたたみ式モバイルの開発は可能です。3つのディスプレイを搭載したスマートフォンには、6つのスクリーンがあります。このようなディスプレイは多くのエネルギーを消費するため、バッテリー寿命が大きな問題になります。この特許では、透明なローラークリアディスプレイの大まかなイメージしか示されていないため、この問題については言及されていません。

 

ソニーはすでに数カ国でこの特許を申請しており、透明なスマートフォンの先駆者になるという思いを感じられます。LGやSamsungなど他のメーカーも以前からこの分野で積極的に活動しています。2年以内にフレキシブルで透明なテレビを発表するかもしれません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ