マーケティング

マーケティング

【都市3D ARマッピング】Sturfee社による衛星画像を活用したビジュアルポジショニングサービス

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Sturfee launches 3D AR mapping of cities, built from satellite imagery
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

588 views

読了時間 : 約1分48秒

コンピュータービジョンのスタートアップであるSturfee社は、本日、ビジュアルポジショニングサービス(VPS)をリリースしました。リアルタイムの3D AR都市マッピングを提供し、近くの建物にAR広告掲示板を配置できます。

 

さまざまな拡張現実(ARプロバイダーは、GPSを使用して位置データを特定し、恐竜のようなARキャラクターがローミングできるサーフェスを検出したり、人間の乗組員による地上レベルのスキャンから都市景観の知識を得たりします。

 

今日、カリフォルニア州ミルピタスに本拠を置くコンピュータービジョンスタートアップのSturfee社は、4年間秘密開発し、Visual Positioning ServiceVPS)をリリースしました。衛星画像と地上画像を利用して、都市のリアルタイム3D ARマッピングを構築および提供し、近くの建物や都市景観内の他のオブジェクトの形状とサイズを把握します。

 

このマッピングにより、たとえば、すぐにAR広告掲示板を近くの建物に配置したり、ARで生成された生物画像へ高層ビルを登らせたりすることができます。

 

 

他にも、目的地への方向を示す3D矢印、端末上で観覧されている場所に関連する情報オーバーレイまたはボイスオーバー、またはUberの顧客向けに、路上で接近してくる車両を警告するグラフィカルオーバーレイが含まれます。

 

Sturfee社のARマッピングは、他のプロバイダーとは異なる方法で生成されるとCEOAnil Cheriyadat氏はClickZに語った。複数の距離で、わずかに異なる位置で撮影された特定の都市景観の1015枚の衛星写真を使用し、乗組員が撮影したストリートレベルの画像とそれらを組み合わせます。

 

機械学習やその他の技術は、これらの画像と関連データを組み合わせることで3D都市景観を生成します。現在までに、Sturfee社はサンフランシスコ、ボストン、ワシントンDC、マンハッタン、サンノゼ、ロサンゼルス、東京、ソウル、上海、ドバイを含む3大陸の15都市の3Dマップを作成しました。

 

 

Cheriyadat氏は、秘密開発により世間で名を挙げる機会がなかったものの、Sturfee社は、マッピングをスマートフォン、ウェアラブル、および5Gサービスとの統合のオフォーを受けていたと言います。しかし、彼は、Sturfee社が日本で2番目に大きい携帯電話サービスプロバイダーであるKDDIとの数年に渡るライセンス契約に署名し、その国のすべての主要都市にVPSプラットフォームをもたらしたと述べました。

 

Cheriyadat氏によると、ユーザーはVPSランドスケープを使用するには、互換性のあるARアプリをダウンロードする必要があります。また、同社はモバイルブラウザのみを必要とするWebベースのARを検討していると付け加えました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ