マーケティング

マーケティング

PR

【起業家必見】実用最小限の製品(MVP)の開発で新規事業を! 世界の成功例に学ぶソフトウェア製品開発10選

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、10 Massively Successful Minimum Viable Products
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,295 views

読了時間 : 約8分10秒

今日では、lean startups やtech titansのように、成功するソフトウェア製品を構築するための出発点として、実用最小限の製品(MVP)を使用することが増えています。 4 Reasons MVPs Fail(MVPが失敗する4つの理由)という記事の中で、製品を市場に出す際に直面する主なリスクとそれをどう克服するかを見ていきました。成功するMVPは「どのように」という技術的な質問に答えるだけでなく、「なぜ」というビジネスの不確実性を排除するためにも、あなたを可能な限り早く能力の習得に導きます。

 

この記事では、MVPを上手く活用しているいくつかの企業をみていき、今日市場で最も注目されている製品のいくつかを市場に投入するために、彼らがどのようなことを行ったのかについて説明します。

 

 

1. Dropbox

IMVUの共同創設者兼CTOであるEric Riesは、彼の著書The Lean Startupで、Dropboxが自社製品をビデオで紹介することによって、市場で生き残るための問題にどのように対処したかについて語っています。

 

顧客はファイル同期ソリューションを使用して支払いをしたいだろうかという問いに答えるためと、投資家にとってその市場を価値のあるものとするために、ヒューストンと彼のチームは、実際にユーザーから提案されたユーザーのフィードバックを集めた。彼らはサーバを調べて、使用されるかどうかも分からない高可用性、低遅延、常時接続のネットワークを構築する代わりに、彼らのチームは別のことを試すことにしたのです。

 

説明ビデオを作り、人々の反応を見るために、そのビデオをネットワークと共有しました。 写真が1000語の価値があるとすれば、ユーザーの製品デモのビデオは100万の価値があります。 この3分間のビデオではDropboxの機能をデモンストレーションし、実際にまだ製品がないにもかかわらず、申し込みが5000人から一晩で75,000人に増えました。

Dropboxの説明ビデオは、創設者がハイテク製品に必要なインフラと開発に投資する前に、現実的に市場で機能するレベルに到達させるために用意されました。市場の素晴らしい検証として役立ちました。 そのビデオは潜在的な顧客に製品が何であるかをはっきりと示し、お金を払ってでも欲しくなるように顧客を導いたのです。

 

MVPを構築する場合には、製品開発を完了させるということは必ずしも必要なことではないのです。

 

2. Airbnb

2007年、Brian CheskyとJoe Gebbiaは事業を始めたいと考えていましたが、サンフランシスコのアパートの家賃を払う余裕もありませんでした。 町でデザイン会議があり、彼らは近くのホテルで予約を取れなかった会議出席者のために、家のロフトを宿泊施設として安く貸し出すことにしました。 彼らは自分たちのアパートの写真を撮り、それをウェブサイトに載せ、そして会議の期間中にボストンから来た女性、ユタから来た父親、そしてインドから来た男性3人の客を獲得しました。

 

 

身近な環境が、Chesky氏とGebbia氏に、潜在的な顧客が何を望んでいるのかについての貴重な洞察力を与えました。 このコンシェルジュMVPは、市場を検証し、人々は経験を買うということに積極的であることを証明しました。 彼らの当初の仮定は正しく、人々はホテルではなく他の人の家に滞在するためにお金を払うことをいとわず、またそれが最近の大学の卒業したばかりの若者だけがサインアップするのではなく多くの人に当てはまることをAirbnb (AirbedAndBreakfast)は実証しました。

 

3. Groupon

Andrew Masonは、The Pointというウェブサイトを始めました。このサイトは、募金や小売業者のボイコットなど、一人ではでいことをやるために人を集めるためのプラットフォームです。 しかし、サイトが勢いに乗っていなかったので、彼は何か他のことを試すことにしました。

同じドメインを使用して、The Daily GrouponというカスタマイズしたWordPressブログを作成し、毎日投稿を扱い始めました。 誰かが特定の取引にサインアップすると、チームはPDF文書を作成し、それをApple Mailを使って電子メールで送信します。 彼らが「やっつけ仕事で仕上げた」このシンプルなウェブサイトは、彼らが以前から行っていたオファーを容易にしたマニュアルファースト(“ Wizard of Oz”)のMVPで見る価値のある市場であることをチームを示しました。

 

彼らはクーポンシステムを開発し、新しいウェブサイトをデザインすることに時間を費やしませんでした。 代わりに、自分たちがが提供しているものに人々が興味を持つのかどうか検証するために、自分たちが持っているリソースで断片的なMVPを作りました。 カスタマイズされたWordPressのWebサイトから始めて、手動でPDF文書をメーリングリストに電子メールで送信することは、スケーラブルとは言えませんが、GrouponのMVPはそれを成功させてみせました。

 

4. Buffer

Bufferは、ソーシャルネットワーク上で投稿をスケジュールできるシンプルなアプリです。基本的には、あなたの投稿で、友達のニュースフィードをあふれさせることがないようにします。 Bufferの創設者であるJoel Gascoigne氏は、誰も使用したくないであろう製品の開発をしたくありませんでした。 そこで彼は簡単なテストから始めました。

Bufferの最初のMVPは、単なるランディングページでした。 そこでバッファが何でありどのような機能があるのかを説明し、人々がサインアップするように導き、興味がある人にはプランと価格設定するためのボタンを提供しました。 しかし、これに参加すると最初に、まだ準備が整っていないため更新を申し込む必要があるとの短いメッセージが表示されます。 Joelは、申し込みフォームから受け取った電子メールアドレスを使用して、アプリの潜在的なユーザーを集め、貴重なフィードバックと彼らが何をしたいのかについて調査しました。

 

次に、ランディングページと申し込みフォームの間に価格表を追加することによって、人はこれに対して支払いをするのかという仮説を検証しました。 誰かが料金プランのボタンをクリックすると、バッファのようなものにお金を払うことに興味があるかどうかを確認するためのプランが表示されます。 これにより、Joelは、サイトへの訪問者のうち何人が有料顧客になる可能性があるかを導きました。 このゼロリスクMVPは、Bufferが市場を特定し、その後の開発においても製品の開発に役立ちました。

 

5. Zappos

Zapposの年間売上高は10億ドルを超え、Amazonが2009年に12億ドルで買収したとき、オンラインで靴を買うことは常識になっていました。しかし1999年に、共同創設者のNick Swinmurnが、豊富な種類の靴をラインナップに持つオンラインストアを創ろうとしたときは、実際に需要があるのかどうかをテストする必要がありました。

 

Swinmurnは、地元の靴店の靴の写真をWebサイトに掲載して、オンラインストアの需要を調べることから始めました。 誰かが靴をオンラインで注文すると、彼は店に戻ってきて靴を買います。 最初にインフラと在庫に投資する代わりに、この投資はZapposに製品が市場で受け入れられるかどうかを証明してみせたのです。

 

このWizard of Oz, man-behind-the-curtain technique(オズの魔法使いのカーテンの裏技)は、市場仮説を検証するために使用されます。 これはすべての機能の印象を与え、基本的にできるまでフェイクするという考えから来ています。 顧客は実際の製品を使用していると信じ込んでいますが、実際には舞台裏での作業はマニュアルで行われています。 Zapposの場合は、Swinmurnによってです。

 

オズの魔法使いのアプローチは、製品を設計しているときにこの重要な段階で顧客とのより多くのインタラクションを可能にする点が素晴らしいのです。 小規模ではありますが、迅速な学習が、製品や市場についてあなたが行うであろう行動をテストする機会を提供しているかもしれません。

 

6. Twitter

Twitterは、ポッドキャスティングプラットフォームOdeoにから始まりました。 AppleがiTunesでポッドキャスティングゲームに参入した後、Odeoの業績が悪化した時に、同社は次にどこへ向かうかのアイデアを見つけるためにハッカソンを始めました。 この中から生まれたうちのアイディアの1つが、テキストメッセージでコードネーム“ twttr”を使ってグループでアップデートを共有するというものでした。

最初のプロトタイプはOdeoの従業員のための内部サービスとして使用されていましたが、最終的には「毎月のSMS請求額が数百ドルに達する」を得ることになりました。 これによりチームはTwitterを世間にリリースしようとしていましたが、2007年のSXSWフェスティバルでは、会場内のテレビ画面でイベントに関する参加者のツイートを公開した際にユーザーベースがダウンするほどまでの人気となっていました。

 

7. Zynga

Zyngaは、2013年のゲーム購入で10億ドルを超える収益を上げたFarmvilleのようなものによって普及したソーシャルゲームをつくるゲームスタジオです。 同社のゲーム開発の過程では、ランディングページとAdWordsのMVPテストを組み合わせて、計画されたゲームやゲームの特定のポイントに対しての関心を評価しています。

既存のゲームや、潜在的なゲームのアイデアや機能を売り込む、短い広告をオンラインで掲載することによって、同社は開発に向けてどの方向に進むかについてのデータを集めることができます。

 

8. Foursquare

Foursquareは、ユーザーが自分の居場所を友人や家族と共有することを可能にしたソーシャルネットワークです。 最初に出した、SMSベースのDodgeballという似た機能のネットワークが、Googleに買収された後、創設者のDennis CrowleyとNaveen Selvaduraiが、Foursquareと呼ばれるモバイルアプリベースのネットワークの開発を始めました。

しかし、VCの資金で支えられていたため、開発時間を遅らせることはせず、デザインや不要な機能が無い、単機能のMVPを立ち上げました。 彼らはcheck-ins とthe gamificationの報酬を使い、フィードバックを使用して製品を開発することで、ユーザーの満足度を向上させました。

 

基本的な機能に慣れたら、何年か後にRecommendations(おすすめ)やCity Guides(シティーガイド)などの機能を追加しました。 さらに、Google Docsを使用して、ユーザーからのフィードバックやリクエストを収集するなど、既存のサービスを使用して管理しています。ここから、スケーラブルなビジネスを構築するためには、始める時にすべてを自分で行う必要はないことがわかります。

 

9. Spotify

AgileとLean Startupのコンサルタント兼作家のHenrik Knibergによると、Spotifyは4段階の反復的な製品サイクルを使用しています(Think It、Build It、Ship It、Tweak It)。 2009年にランディングページで立ち上げたとき、彼らは最も重要な単一の機能に集中しました:音楽ストリーミング体験。 デスクトップアプリケーションで、限られたベータテストで市場をテストすることができたことは、彼らに米国への参入を計画に必要な音楽業界のライセンス問題に取り組むための時間を与えました。

彼らは、スケールを助けるために今日同じアジャイルプロセスに従っています。 小さなチームはテストを行うために効率が良く、Spotifyの4つの段階のそれぞれはLeanです。 “Think It”ステージでは概念的なMVPのメリットをテストします。一方で、“Build It”ステージでは、品質テストされた後での物理的なMVPをリリースします。 「Ship It」と「Tweak It」フェーズでは、MVPを徐々にリリースし、フィードバックから学び、繰り返すことで、長期的な品質と顧客との連携を保ちます。 SpotifyでのMVPの構築に関する記事で、彼らが従うプロセスについて詳しく説明します。

 

10. Pebble

Pebbleは、電子ペーパーのスマートウォッチです。おそらく、「ウェアラブル」市場を今日の主流にしたものです。 投資家の資金が枯渇した後、創設者のEric Migicovskyは資金調達のためにクラウドファンディングサイトKickstarterで、最も成功したプロジェクトとなり、開発を支援する顧客から1000万ドル以上を集めました。

Migicovskyはプロトタイプを実演するための説明ビデオを録画し、興味を持った顧客に支援を求めました。 彼らは2時間で10万ドルという当初の目標を達成し、週末までに60万ドルを調達しました。 Kickstarterの資金調達が終了したとき、6万人以上の人々がこのプロジェクトに1020万ドルを支援し、Pebbleは消費者のためにウォッチの開発を続けました。 2014年3月20日の時点で、Pebbleは400,000ユニット以上を販売しています。

 

 

最もリスクのある仮説をテストする

Eric Riesは彼の著書The Lean Startupの中で、MVPをデザインする際に、何をテストするのかを選ぶ方法について書いています。

 

「ビジネスプランで多数の仮説の中から1つを選択している場合、最初に最も危険な仮説をテストするのが合理的です。 持続可能なビジネスに必要な理想に向けてこれらのリスクを軽減する方法が見つからない場合、他の仮説をテストすることに意味はありません。」

 

ほとんどのベンチャー企業にとって、最も危険な仮説は市場の存在です。 Dropboxの場合、その仮説は人々がファイル同期サービスを使用したいだろうということでした。 Zapposの場合は、人々が靴をオンラインで買うだろうということでした。 Airbnbにとって、客はホテルではなく見知らぬ人の家に住んでもよいと考えているということでした。 そして、各ケースで、質問に答えるためのMVPを設計したのです。

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ