マーケティング

マーケティング

【総額いくら?】スーパーアース(巨大地球型惑星)はルビーとサファイアの惑星【宝石】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Super-Earth Planets Are Full Of Rubies And Sapphires
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

110 views

読了時間 : 約1分47秒

・天文学者は、主星に非常に近い軌道を回る新しい太陽系外惑星を発見しました。

・いわゆるスーパーアースと呼ばれるこの惑星は、その大部分がアルミニウム、カルシウム、ルビーやサファイアなどの酸化物で構成されています。

 

多くの惑星と太陽系外惑星は、太陽に似た星が円盤状のガスと塵の雲に囲まれた時に生まれました。この惑星は、この円盤の中で誕生したと考えられています。円盤状の雲が冷えると、惑星を構成する要素は凝縮していきます。数十億年前にシリコン、マグネシウム、鉄などの物質が結集したエリアで惑星は形作られました。

 

結果としてその惑星は、地球に似た組成となっています。あらゆるすべてのスーパーアース (地球の最大 10 倍の質量を持つ太陽系外惑星) は、このように誕生しました。

 

近年、チューリッヒ大学の研究者は、3つのスーパーアース候補を研究し、いずれも1200 K 以上の温度でホスト星の近くで形成されたことを発見しました。いずれもアルミニウム、カルシウム、ルビーやサファイアなどの酸化物で構成されています。

 

3つのスーパーアース

3 つのスーパーアース候補のうちの 1 つが HD 219134 b です。 21光年離れたカシオペヤ座にあります。その太陽系外惑星は 3 日ごとに恒星を周回し、質量は地球の 5 倍です。我々の惑星とは異なり、巨大な鉄のコアはありませんが、アルミニウムとカルシウムが豊富です。ルビーやサファイアなどの酸化アルミニウムが含まれているため、赤から青に揺らめきます。

 

星に近い領域ははるかに高温であるため、多くの物質はまだ気体状態にあります。研究者たちは、高温部分での惑星の組成を視覚化するために新しいモデルを当てはめました。

 

その結果、この惑星には鉄がほとんど含まれていないため、地球のような磁場を持つことはできないことがわかりました。また、内部構造が大きく異なるため、通常のスーパーアースとは大気や冷却の挙動が異っています。

 

他の 2 候補は、WASP-47 e と 55 Cancri e です。どちらも主星の周りを非常に接近して公転しているため、表面温度は 3000 K に達します。恒星からの高い放射により、はるか昔にガスエンベロープは失われています。

 

かに座55番星の予想図 | ESA/ハッブル

 

HD219134 b は状況が少し異なり、温度は低く、構造はより複雑です。低密度である理由を研究者は特定することができていません。おそらく惑星の位置 (主星に対する相対位置) かマグマの海が原因であるとのことです。

 

ダイヤモンドはなかった

風変わりな組成を持つ新しいクラスのスーパーアースについての発見加え、研究チームは 2012 年に「空のダイヤモンド」として話題になった かに座55番星e の以前の画像を修正しました。

 

以前の研究によると、太陽系外惑星は大部分は炭素で構成されているとされていました。現在、研究者は最新の観測に基づいてこの仮説を却下しました。ダイヤモンドの惑星だと思われていたものは「ルビーの惑星」に変わったのでした。

おすすめ新着記事

おすすめタグ