マーケティング

マーケティング

【経営者必見】2019年の注目すべきサーチトレンド

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、From AI to personalization: Here are 2019’s biggest search trends
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    292 views

    読了時間 : 約3分28秒

    ほんの何年か前に、グーグルサーチのトップ5ランキングはとてもいい役割を果たしていました。まだサーチランキングが重要だった時に出現するテクノロジーはサーチ企業の変化を表していたのです。

     

     

    マーケターの関心は素早く移り変わっています。

     

     

    たった5年前、2019年のトップ5サーチトレンドにはだれも関心を示しませんでした。

     

     

    最近、ClickZは700ものアメリカのマーケターからデータを集めるためにChatmaterとチームを組みました。そして、彼らにトップ5サーチのトレンドの何を信じるのか聞いてみました。

     

     

    2019年のサーチトレンド

     

    1. 顧客の行動を変える新しいテクノロジー

     

    数週間前、私は化粧品キットの広告を見ながらインスタグラムをスクロールしていました。そしてその後に私の汚らしい化粧ポーチを部屋の隅で見かけました。その時それがマーケティングの一つだとは気付きませんでした。

     

     

    数年前、買い手は必要な商品を買うべくショッピングをしていました。

     

     

    しかし、近年は購入者はスマホで1日に3時間もの時間を費やします。そして、ソーシャルメディアの広告、メールでのオファー、AIからのおすすめが私たちのショッピングのようなものになってきました。

     

     

    なぜなら、新しいテクノロジーによる顧客の行動変化と名付けられる50%の調査が2019年のナンバーワンサーチトレンドになっているからです。

     

     

     

    2. データスキャンダルは今まで以上に注目されている

    2018年の初頭はフェイスブックの大規模なデータ違反が話題になりました。870万人もの個人情報が盗まれたのです。

     

     

    このスキャンダルは素早くGoogle+のヘッドラインに捉えられ、ユーザーに彼らのデータ流失が知らされました。GDPRは2018年の5月にEUで影響をもたらしました。GDPRはデータ保護や顧客教育を含んでいます。

     

     

    第二のサーチトレンドは「データ保護とプライバシー規制」で、関心の49.1%を占めていました。

     

     

    3. ボイスサーチは大きな影響を持っている

    顧客はビジネスについての情報とおなじくらいにプロダクトのおすすめについてスマートフォンなどに頼っています。

     

     

    次のタイピングには大きな違いが見られます。

    「私の近くの中華料理屋」

    「へい、アレクサ、デンバーの一番おいしい中華料理屋はどこ?」

    だから、トップ3に入ってくるこのボイスサーチはやはり今までよりもさらに重要なものになってくるのです。

     

     

    私たちの調査によると、36.1%の回答が2019年にボイスサーチに注目していると答えています。

     

     

    ボイスサーチが表しているのは、ローカルリストに取り込まれており、Q&Aページは常に更新され答えられているように注意されているということです。

     

     

     

    4. 機械学習はより良いデータを作る

    AIが飛躍的に個人的な顧客の参加機会を改善したように、マーケターは今データの流入に追われています。機械学習はより良いデータの使い方を示唆してくれます。私たちの調査は33.2%のサーチマーケターが機械学習による新たな機会を楽しみにしていることを表しています。

     

     

    機械学習を使ったビジネスの例の一つが、フェイスブックのディープテキストです。これは、人間に近い正確さで一秒間に数千もの投稿内容を20か国以上の言語で理解できるのです。

     

     

     

    5. 忠誠的なブランドを立ち上げるための個人的な物事

    今、AIと機械学習は私たちにたくさんの新しいデータを提供してくれます。大半のマーケターがデータをうまく使うことに注目しているのは驚くべきことではありません。

     

     

    顧客の信用を得るためのウェブサイト、メール、土地、ディバイスの利用、顧客調査、ソーシャルメディアのモニタリングを含むデータチャンネルの全ての使用はトレンドに入ります。

     

     

    例えば、スターバックスはOmnichannelと協力する戦略です。彼らは、店内での購入と場所を元とした顧客のアプリ使用を個人化するためにモバイルアプリを使用しています。

     

     

    そして、31.1%のインダストリーがスターバックスに続けることを望んでいるのです。

     

     

     

    その他のサーチトレンドへの見解

    ここにトップ5には取り上げられていないけれど、2019年に注目すべきサーチをいくつかご紹介します。

    ・オートメーション、29.9%

    ・グーグルアルゴリスムアップデート、26.6%

    ・SEOのために最大限に活用できるコンテンツ、26.3%

     

     

    新しいテクノロジーや顧客の予想の変化はデジタルマーケティングが新しい時代を迎えていることを意味します。

     

     

    顧客は何か探し始める前にそのブランドに完璧なプロダクトを提案することを期待しています。

     

     

    つまり、顧客の行動を理解したり、関係性を作り上げたりすることは上位のサーチトレンドに食い込むためにマーケターにとってとても大切なのです。

     

     

    そして、今とてもいい化粧品を使っていますが、もし誰かがとても素敵な中世を思わせるドレッサーの広告を提供してくれればいいのにと考えています。

     

     

    2019年の主なサーチトレンドについてもっと情報が欲しい方は、こちらのレポートに目を通してみてください。トップ5サーチトレンド

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ