プログラミング

プログラミング

イオス(EOS)のブロックチェーン上に分散型アプリケーション(DApps)を構築する方法 プラットフォームとしての活用に期待

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、How to Build a Decentralized App (DApp) on EOS
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

225 views

読了時間 : 約10分57秒

EOSとは、ブロックチェーンを基盤としたオペレーティングシステムであり、分散型アプリケーションDappsの開発のためにカスタマイズされたものです。EOSは、初めのプロジェクトで40億ドルの収入により、仮想通貨の総合ランキングで5位に入りました。

 

EOSのエコシステムはイーサリアムよりも高速であり、容易に利用できて低価格であることから、DAppsの開発に適していると言えます。

今回はEOSの利用においての利点・欠点、他のエコシステムとの違いを各コストの見積もりを比較しながら、3つの利用方法を見ていきたいと思います。

 

 

EOSによるテンプレートを使用したDappsの利用方法

 

テンプレートは、すでに構築しやすいようにアプリケーションが作成されており、まるでレゴのようにシステムを構築する部品が揃っている状態です。このテンプレートは能率促進と構築過程にかかるコスト削減のために、開発事業部、大企業、個人事業者によって作成されています。

 

 

                      利点                       欠点
 ブロックチェーンの開発事業部をチームとして雇用する必要はなく、一人または二人で充分である。

 

 事業を開発して数週間、時には数日で開始できる。

 


 テンプレートは多くの人がテスト使用しているために信頼性がある。

 

 

EOSでDAppsを作成する方法く、また基準を超えた複雑な問題には対応していない。

 


 テンプレートは数が限定されている。
(テンプレート数は時間とともに増える)

 

 大企業で作成されたテンプレートは、その企業のエコシステム内でのみ使用可。

 

 

 

DappsのテンプレートとWord Pressでのウェブサイト作成は、メインのテンプレートをダウンロード、インストール、カスタマイズするという点においては、類似しています。ウェブサイトを作成するという点では、市場での事業年数が長い方が、非常に利用しやすいものとなっています。EOSはその点、2018年7月からのスタートであることから基盤がまだ浅い状態と言えます。

 

 

 

WordPressのテンプレート例

 

それに比べてイーサリアムとハイパーレッジャーの利用体験談では、テンプレートを使ったDAppsを利用することで、上手くいけば1年・2年以内に活躍できるといいます。例えば、2017年6月に開始したプロジェクトであったとしても、ハイパーレッジャーを利用したDAppsはAmazon、IBM ブロックチェーン, ChainZilla, OBCSやAlibaba Cloudコンテナでアプリケーションが作成できます。

 

一方で、EOSで作成されるアプリケーションはEOS内の利用者や、GitHub、Bitcointalk、また他のブロックチェーン利用者のみで広範囲の人々の目には留まりません。しかし、将来的にはMicrosoft AzureやAmazonで活躍できることが期待されています。

 

 

アウトソーシングによるEOSのDApps活用方法

 

 最低限の資金で確実な成功を収めるには、下請事業を立ち上げることをお勧めします。そこで助け手となるのが、アウトソーシング会社です。経営、経済面などあらゆる問題に対応してくれます。

 

                           利点                            欠点
 新たな人材の確保や設備投資を行なう必要がないため、コスト削減できる。


 人材育成の時間削減。

 

 あらゆる問題にも対応可能。


保証金が得られる。

 

 社内情報に関しても、経済危機の直面やあらゆる面において、アウトソーシング会社を信頼する必要がある。


 アプリケーション作成よりも費用がかかる。


 人材能力の評価が困難である。


 アウトソーシング会社との連携と事業展開の並行業務が困難である。

 

 

 

大手会社を見つけるには…

 

信頼できる企業は、Facebook、Twitter、 Google+、 StackExchangeやBitcointalkなどのソーシャルネットワークで見つけることができます。

 

– LinkedIn.

 

最も人気なプラットフォームです。DAppsの事業立ち上げのために、人材募集やサービスをご利用ください。人材募集にはお支払いが必要となりますが、無料お試しもございます。

 

– Goodfirms.co и Clutch.co.

 

様々な企業情報が掲載されているサイトであり、こちらで専門的な人材を見つけることができます。

 

– Blocktribe.com.

 

ブロックチェーンの事業者(企業や専門プログラマーなど)情報が見れるプラットフォームです。事業者についての専門性などの概要が掲載されており、詳細について問い合わせができるようになっています。

 

– Upwork.

 

2003年から続くフリーランスのサービスであり、企業と個人専門家どちらも対応しています。

 

– Toptal.

 

こちらもフリーランスのプラットフォームで、事業者と面談ができて、お試しで利用することができます。

他にもCrypto.jobs Codementor.io、Beincrypto.com、 Blocktribe.com、 Xbtfreelancer.com、CoinalityやBountyOne.からもこのように事業者を探すことができます。

The Meetup.comとspecial CoinDeskでは、ブロックチェーンに関するイベントや講座、会議などの最新情報を確認することができます。テクノロジ-企業などの代表者がよく、専門家をオファーするために利用されています。

 

 

人材採用について

 

EOSでDAppsを立ち上げるために企業を選ぶということは、個人事業者を選ぶことと何ら変わりはありません。

例えば、プログラマーを選ぶ際にはプログラミングの専門用語 (C#, C++, Python Java, JavaScriptのような)を認知していて、実績があり、共通言語が話せる相手でなければいけません。

一般的には、このような評価基準によって、人材選抜をします。更には、審査を進めるにあたって、以下の知識を念頭に置いておく必要があります。

 

 

– ポートフォリオの作成

 

採用したい人材に任せる内容を、実績・デザイン性・利用効率・ユーザーのフィードバックなど様々な観点で考えながら、アプリケーションをテストしてみるといいでしょう。

 

 

– 過去の情報を得る

 

ネットで起業について書かれてある記事や、ニュースで企業がどのように企業アピールしているのか、過去の顧客、ユーザー、取締役がその企業についてどう言及しているのかを確認する。

 

 

– サービス費用 

 

利用価格はイーサリアムより低いものであってはいけません。さらに、相手企業が価格を提示してくるかが重要なポイントです。良い事業者は、まず問題点を調べ、それにかかる費用のみを先に提示します。

 

 

– 地理的問題

 

コミュニケーションを円滑に進めるために同じ地域または近隣であり、同じ言語を話す相手であることをお勧めします。

 

 

– 合法性

 

下請は公正に取引され、支払いは現金である必要があります。これは、WebChecker,、BBB.com、GlassDoorなどの経済サービスサイトで確認が可能です。また、候補者とビデオ通話での面談により、相手の能力、アピールポイントを審査することができ、その際に問題点の解決方法を提示してもらうこと

ができます。

 

 

 

アルゴリズム

 

1.まず、事業側が商品の新作の草案を作り、制作段階を練ります。ここで、開発のための時間と費用を見積もることができます。

 

2.ユーザーは図式化されたものを好むので、取引先と業者はDappsの売りとなるものを見出します。

 

3.UI / UX のような仕様書をスクリーン化して、デザインや色などを決めます。

 

4.プログラマーは、アプリのMVPやalphaバージョンを作成します。

 

5.実際に商品をテスト使用してみて、完成度、生産性、安定性、使用性を事前段階で確認します。その検証結果をもとに、取引先と業者側が納得のいく商品となるように改良します。

 

6.商品Dappsを立ち上げます。たいていの場合は、リスクを最小限に抑えるためにも、まず少数のユーザーに販売し、ユーザーの反応を見てみます。(立ち上げて初期段階)

 

7.専門的な協力の下で、間違いを訂正してなおかつ新しいアイデアを生み出します。

 

 

自分でEOSDappsを利用する方法

 

プログラマーのチーム採用

 

プログラマーをチーム採用することで、開発と供給に十分に力を注ぐことができ、最大限の安全とプライバシーの確保ができます。しかし、このアイデアは社内情報が内密にされるなどの様々な利益をもたらす一方で、作業・設備環境を整えるための時間と費用がかかることになります。

 

                        利点                             欠点
 プログラマーはDappsの仕事内容を明白に理解している必要がある。

 

 開発内容をどのタイミングでも変更可能。

 

 機内秘密を守ることができる。

 

 開発過程などすべてにおいて見渡せる。

 

□ すべての過程においてコントロールする責任がある。

 

 

□ 人材費、設備費用がかかる。

 

 

 従業員には成果報酬ではなく、業績報酬での支払いになる。

 

 

 保証はされない。

 

 

 

ここでの最大の問題が、ブロックチェーン、さらにはEOSをよく理解していている、実績豊富なプログラマーはほんのわずかしかいないということです。そのようなプログラマーはもうすでに、違う場所にオファーされていることがほとんどであり、大都会の中で探し出すという非常に難題なものです。

 

 

アメリカ合衆国のブロックチェーン事業者1時間当たりの奨励.

 

更には、プログラマーのチームにはリーダーが必要です。ブロックチェーンとDAppsを理解している、優秀なプロジェクトマネージャーは非常に貴重な存在です。仮にも、10チームのプログラマーを見つけることよりも優秀なプロジェクトマネージャー一人を見つけるほうが難しいことなのです。

 

 

事業展開

 

この試みは、プログラミングのスキルとブロックチェーンのテクノロジーを十分に理解している必要があります。DAppsを自分で作成利用するためには、 EOSIO Developer PortalやGitHub.comを参考にするといいでしょう。時間はかかりますが、支払いの必要はありませんし、誰かに監視されることもなく、利用できます。

 

                           利点                            欠点
 ボスがいない分、作業時間に縛られない。

 

 利益を他の人に分配する必要がない。

 

 誰にも支払いする必要がない。

□ プログラミングのスキルが必要で指針を学ぶ必要がある。

 

 人材費、設備費用がかかる。

 

 理解不足で失敗する時間の浪費。

 

 

EOSでDAppsを開発するためには、ブロックチェーンシステムの原理を理解して、eosiocpp,、cleos、 keosd,、nodeosといったEOSを構成するコンポーネントの知識を得る必要があります。またAmazon AWS instances, Docker, Compileにも簡単にリンクすることが可能です。

 

EOSのブロックチェーンとDappsの開発は、LinuxとMac OSオペレーティングシステムの下で成り立っています。Windowsの環境下では、利用できませsンが、Linuxのサンドボックスであれば作成できます。またEditorsとIDEsはEclipse,、Atom Editor、Visual Studio Code、Sublime TextとCLionの代用にもなります。

 

 

EOSのDApps活用にかかる費用は?

 

イーサリアムネットワークでは、取引にかかる費用とデータベースの保管はユーザーが責任を負っています。もし、ユーザーがそのDAppsが欲しいと契約を進めたいと思えば、“ガス”という通貨で支払われることになります。一方で、EOSでは手数料はかかりません。取引にかかる費用はすべて事業者が支払うことになります。またノードを借りることで、アプリの初期化を行います。

 

 

 

戦隊カードゲーム RPGゲームPANDEFUN

PANDAFUNを制作したYu Ting Chenはこのアプリが完成されるまでに必要なコストは21,000EOSコインであると見積もっていました。(2019年1月19日の為替レートで5,200ドル)

これは、RAMとCPUに10,000コイン、NETに1,000コインという見積もりです。そのうちの100ドルはイーサリアムのDAppsの開発取引のために投資されています。プロジェクトチームはブロックチェーンとプロセッサーリソースのコスト削減を保証しており、これはEOSのアプリ開発においても同じことが言えます。

 

EODのDAppsにかかるおおよその費用

 

―簡単な取引の場合(500ドルから2,000ドル)

 

―複雑な取引の場合(保証人、データの入力、外部からの登録を含む)最大で5,000ドル

 

―高度なアプリとの取引―上限10,000ドル

 

―EOSのゲーム―10,000ドルから300,000ドル

 

―EOSのお財布額―上限10,000ドル

 

―メッセンジャー―10,000ドルから

 

DAppsをプログラマーのレギュラーチームと作成する場合、時間奨励を念頭に置く必要があります。

アメリカ合衆国や西ヨーロッパの場合は、1時間に約100ドル、東ヨーロッパでは40ドルから70ドル、インドでは40ドルから50ドル、アフリカは20ドルから40ドルの計算です。

 

開発事業を成功させるための3つのポイント

 

CoinDeskの分析によると、2018年につくられたブロックチェーンは、何万ものユーザーがいる一方で、全く興味を持っていない人々もいます。これは、分散型のブロックチェーンを宣伝するにあたって、控えめに言っても最悪の事態です。

Dirt Protocolの創業者Yin Wuは、作業過程の非効率さが失敗を生み出すと考えています。ソフトウェア開発やトレーニングの協力の下、低リスクを考えて事業をすることよりも、作品を世の中に知ってもらうことからまず始めることだといいます。

さらには、作品自体を売るというよりもそのアイデアを売るという考えが将来的にも優先されていくことでしょう。

 

しかし事業展開していくには、3つの問題点があります。

 

1.コミュニティ(顧客)を喜ばせたいがために、その群衆たちの意見に流されてしまうと企画は失敗に終わる。一つのゴールがあるわけではなく、分散型であることを忘れてはいけない。

 

2.例え事業者が、ブロックチェーンをよく認知する有名な人のアドバイスを聞いたところで、最適な決断ができるというわけではない。

 

3.市場のアイデアと理論に焦点を置いたとしても、作品制作において先行きが見えず、スタート地点にも立っていない状態に陥る可能性がある。

 

これらの問題が、DAppsの開発を成功できることがほぼゼロに近いどころか、払い戻しをせざるを得なくなります。Yin Wuはこれを成功につなげることについて言及しています。

 

 

手順でも原理でもなく、商品を生み出すということ

 

オープンソースは、もはやもう古いものとされている集中型のネットワークの代替手段といわれています。Diaspora vs Facebook、 DuckDuckGo vs Google、Mastodon vs Twitterといったような壮絶なバトルはよそよそしく感じてしまいます。

開放性と分散型を重要視するのは、事業者と陰謀説を好む人だけであり、ユーザーが求めているものは、問題解決策とローコストです。

 

 

ユーザーの要望をコントロールする

 

Apple社のすべての商品についてメディアで言われていることは、完成までの費用にすごくお金がかかるということです。Facebookのニュースフィードでは、世間の批判的な評価をうけるという問題点があります。

Netflixのストリーミングでは再生できない、もしくは再生までに時間がかかるという問題があるために、多くの人が鑑賞をあきらめてしまいます。

これらの例えがある法則を物語っています。“本当に必要としているものではなく、ユーザーが欲しいとおもう(ユーザーを魅了するもの)を提供する”ということです。

 

 

意見交換を重要視する

 

ブロックチェーンコミュニティでは、成功するために独自のアイデアのみが重要であるというのは語弊です。今日のチームは、プロジェクトをユーザーのフィードバックをもとに改良し遂行するというよりも、各自専門作業を行っていて、顧客のフィードバックに応じた改良がされていないというのが現状です。将来的には、よりコンパクトなもので迅速な対応をするプロジェクトが求められています。つまり、少人数のユーザーグループ対象のプロジェクトをつくり、試作しフィードバックを通して改良していく必要があります。改良に改良を重ねることが大事です。タイミングを逃さず、挑戦してみてください。

 

 

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ