プログラミング

プログラミング

プログラミングスクール29選を徹底比較【教室型とオンラインスクール】

283 views

読了時間 : 約18分9秒

プログラマーやSEへの就職や転職を考えてプログラミングを学びたいけど、どこのプログラミングスクールに通ったらいいのか分からないといった方も多いのではないでしょうか。

そこで、当記事では日本にあるプログラミングスクールを徹底的に比較していきますので、自分に合ったプログラミングスクール探しの参考にしてみてください。

 

プログラミングスクールの学習内容

プログラミングスクールでは様々なプログラミング言語にについて学ぶことができます。
スクール別に取り扱っている言語は異なりますが、多くのスクールで取り扱いがあるプログラミング言語を紹介します。

 

Java

昨今で良く使用されているプログラミング言語です。
様々なシステムで使用されており、それだけ求人数も多いため、人気のプログラミング言語です。

 

PHP

主にWeb関連で使用されるプログラミング言語です。
また、プログラミング初心者の方でも習得しやすく、プログラミングの入門言語として学ばれる方も多いです。

 

Ruby on Rails

Webサービスなど様々な場面で使用されているフレームワークです。
Ruby on Railsも初心者でも習得しやすいです。

 

Unity

Unityはプログラミング言語ではなく、主にゲーム開発を目的としたゲームエンジンです。
ゲーム制作の現場では、必ずと言っていいほど活用されています。

 

アプリ制作

最近ではAndroidやiOSのアプリ市場に大きな注目が集まっていますので、アプリ制作の求人数も多くあります。

 

AI

最近人気なのがAIなどの機械学習です。
プログラミング初心者よりも既にプログラミングの仕事をしている中級者から上級者に人気です。

 

教室型とオンラインスクールの違いと比較

まず、プログラミングスクールには教室型とオンラインスクールがあります。
教室型はスクールを開いている教室へ通う必要があり、オンラインスクールはオンラインで学習できるため自宅にいたまま勉強できます。

 

教室型のメリット

他の生徒と一緒に学べる

教室型の場合は、一つの教室に複数人の生徒が集まることになります。
そして、プログラミングスクールに通う生徒の多くは本気でプログラミングを学びたくて通っています。
そのため、周りが皆真剣に勉強に励んでいる中、手を抜くわけにはいかないので、自然と自分自身のやる気も上がってきます。

一人ではついサボりがちですが、周りに人がいれば共に切磋琢磨してスキルを身に付けていくことができるのではないでしょうか。

講師に直接教えてもらえる

教室型は教室に通い直接講師から教わることができるため、同じ画面を見ながら画面の操作方法を教えてもらえるので効率的です。

誘惑がない

自宅学習だと部屋の中にゲームがあったり、漫画があったりするので、ついつい誘惑に負けてプログラミングの学習に集中できないことがあります。
しかし、教室に通えばそれらの誘惑がないため、集中してプログラミングの学習に取り組むことが可能です。

 

オンラインスクールのメリット

場所・時間を問わない

教室型の場合は、通う教室が決まっており、授業時間も決まっています。
そのため、教室に通うために自分の予定を組む必要があります。
しかし、オンラインスクールはインターネットが繋がる環境があれば、外出先でも自宅でもプログラミング学習に取り組むことができます。
また、時間に囚われることもないので、学校や仕事が終わってからの空いた時間など自分の好きな時間に好きな場所で学習できます。

オンライン教材を使用する

オンラインでの学習になるため、もちろん教材もオンライン上に保管されているので、実際に教本を購入しなくても学習できます。

 

プログラミングスクールの料金

教室型でもオンラインスクールでも受講料がかかります。中には何十万もの高額な受講料を取られるスクールもあります。そのため、スクールの公式サイトの料金欄は要チェックしておきましょう。

また、業界最安値と公式サイトに記載されているからといって、本当に業界最安値というわけではありません。最安値と記載していながらも、他のスクールの方が受講料が安かったなんてことはいくらでもありえます。

そのため、最安値などの文言に惑わされずに、気になるスクールの公式サイトは全て確認して料金を比較してみましょう。

料金と一緒に無料体験があるかも確認しておきましょう。最近では多くのプログラミングスクールで無料体験を行っていますので、まずは無料体験に申し込んで、良さそうであれば無料体験後も引き続き通い続けるようにしてみましょう。

 

プログラミングスクールの期間

受講期間はスクール別で異なります。半年以上あるスクールもあれば、1ヶ月の短期間のスクールもあります。
じっくり学びたい方は半年以上のスクールがおすすめです。
また、すぐにスキルを身に付けたい方は短期間のスクールがおすすめです。

 

プログラミングスクールの講師

プログラミングスクールでは担当の講師と一緒に学習するため、講師の知識量や教え方によって、スキルの身に付くスピードが変わってきます。

当たり前ですが、豊富な知識を持っており、教え方も上手い講師から学ぶことができれば、スキルが身に付くスピードは速いです。
しかし、反対に知識量が乏しく、教え方も下手であれば中々スキルが身に付きません。
そのため、スクールに通い出す前にスクール側に講師の要望を出してみてもいいでしょう。

まずはスクールに通う前の説明会などで学習期間や講師など、細かい点も質問してみましょう。

 

プログラミングスクール【オンラインスクールの比較】

 

Cryptech Academia

>Cryptech Academiaの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、Javascript、PHP、Ruby、Python、Swift、Unity、Kotlin、AI、3D、ブロックチェーン、HTML・CSSなど

受講料:1ヶ月/108,000円、3ヶ月/88,000円、6ヶ月/78,000円など

Cryptech Academiaの特徴は何と言っても受講可能なプログラミング言語の豊富さです。
特にWebアプリケーション開発の3ヶ月のコースが人気です。
Webアプリケーションを実際に開発しながら、Web関係の言語(JavaScriptやHTML・CSS)を学ぶことができ、AWSの使い方やGit管理などのWeb開発に必要なスキルも学ぶことができます。

また、Cryptech Academiaの講師陣にはプログラマーやWeb開発者などの経験者が多く在籍していることも特徴の一つです。

 

侍エンジニア塾

>侍エンジニア塾の詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、JavaScript、C++、C#、PHP、Python、Ruby、Swift、HTML・CSS、Tenshorflowmなど

受講料:1ヶ月/168,000円、3ヶ月/438,000円、6ヶ月/698,000円など

侍エンジニア塾ではオンラインとオフラインの受講スタイルがあり、それぞれ現役で活躍する講師からマンツーマンで教わることができ、就職や独立に関する受講終了後のことに関しても学ぶことが可能です。さらに生徒一人一人に合ったカリキュラムを講師自ら作成するため、濃い学習ができ効率よく学びたいことを学ぶことができます。

また、侍エンジニア塾ではデビューコース、フリーランスコース、ビジネスコースには無料体験があります。

デビューコース

主にJacaScriptやHTML・CSSなどのサイト制作やWebサービス開発などのフロントエンジニアに必要なスキルを学ぶことができるコースです。

フリーランスコース

サーバーサイドエンジニアに必要なRuby on Railsなどの言語を学ぶことができるコースです。また、実際にWebサービスを制作しながら実務に必要なスキルを学ぶことができます。

ビジネスコース

デビューコースとフリーランスコースで学べるフロントエンドやサーバーサイドを学びながら、アプリ開発やWebサービス開発、サイト制作などの案件に関わることができます。

AIコース

AIエンジニアを目指す方向けのコースで、機械学習やデータサイエンスなどを学べぶことができます。

 

CodeCamp

>CodeCampの詳細を見る

ビデオ通話を使った完全オンライン型のプログラミングスクールです。オンラインスクールでは教室型と比べて講義の質が落ちると感じたCodeCampでは、マンツーマンでの講義を行い生徒の問題解決をスムーズに行える体勢を整えています。

また、CodeCampでは大手IT企業での実務経験があるエンジニアを講師として採用しているため、実践的なスキルを学ぶことが可能です。

そのため、CodeCampでは質の高い講義を受けられるため、こらまでに16,000名以上が受講し、150社以上の企業が導入しています。実績、信頼度共に高いオンラインスクールです。

プレミアムコース

受講料:2ヶ月/248,000円、4ヶ月/348,000円、6ヶ月/398,000円

受講可能な分野の中から好きな分野を選んで受講することができます。また、受講期間内で受講を受けられる回数が限られています。期間内無制限で受講したい場合はプレミアムプラスがおすすめです。

プレミアムプラス

受講料:2ヶ月/398,000円、4ヶ月/498,000円、6ヶ月/698,000円

プレミアムコース同様に受講したい分野を選んで受講するコースです。プレミアムコースとの違いは受講回数です。プレミアムコースでは期間内で受講できる回数が限られていますが、プレミアムプラスでは回数無制限で受講できます。

Javaマスターコース

受講料:2ヶ月/148,000円、4ヶ月/248,000円、6ヶ月/298,000円

JavaマスターコースではJavaの知識はもちろん、オブジェクト指向やWeb、データベースについても学習することができます。

アプリマスターコース

受講料:2ヶ月/148,000円、4ヶ月/248,000円、6ヶ月/298,000円

アプリマスターコースはスマホアプリの開発を学ぶことができるコースです。CodeCampのアプリマスターコースを受講した生徒の中には、アプリ甲子園で入賞した方もいるなど、実績あるコースです。

Webマスターコース

受講料:2ヶ月/148,000円、4ヶ月/248,000円、6ヶ月/298,000円

Webマスターコースでは、課題としてPHPでオリジナルのSNS開発に取り組むこともあり、現場ですぐに使える技術を高いレベルで学ぶことができます。

Rubyマスターコース

受講料:2ヶ月/148,000円、4ヶ月/248,000円、6ヶ月/298,000円

プログラミング初心者でも取り組みやすいRubyを学ぶことができるコースです。また、Webアプリ制作をRuby on Railsを使って学ぶことができます。

デザインマスター

受講料:2ヶ月:148,000円、4ヶ月:248,000円、6ヶ月:298,000円

デザインマスターコースではWebデザイナーに必要なHTMLやCSS、JavaScriptなどを学ぶことができます。そして、言語だけではなく、Photoshopなどスキルを習得することもでき、Webサイト制作全般を学習することが可能です。

 

TechAcademy

>TechAcademyの詳細を見る

ITの急激な発展により、プログラミングに興味を持たれる方は多いですが、どうやって学べばいいのか分からずに困っている方も多いです。そこで、TechAcademyでは多様なコースを用意し、初めてプログラミングを学ぶ方でも学びやすい学習システムにしました。

そして、TechAcademyの大きな特徴の一つがWEBサービス開発後の発表です。というのも、TechAcademyではWEBサービスを作成したらそこで終わりではなく、経営者やCTOに自分が作成したWEBサービスを発表できる機会を用意してくれています。

プレゼンが上手くいけば融資を受けられる可能性もあるので、特にこれからベンチャーを立ち上げたい方にとっては絶好のチャンスです。

また、TechAcademyでは無料体験があり、無料体験期間中でも簡単なWebアプリケーションを作る所まで学べます。TechAcademyのサポートはプログラミングスクールの中でも随一です。

 

Tech boost

>Tech boostの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Ruby on Raile、AI、loT、HTML・CSS、Laravelなど

受講料:3ヶ月~/月100,000円

Tech boostはエンジニア向けサービスを運営するBranding Engineerによるプログラミングスクールで、オンラインスクールと教室型どちらとも行っています。

 

ヒューマンアカデミー

>ヒューマンアカデミーの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:JavaScript、PHP、Ruby on Rails、HTML・CSSなど

受講料:Ruby on Rails 8単位/72,000円

ヒューマンアカデミーは資格取得やキャリアアップを目指すスクールとして、様々な講座があります。プログラミングに関する講座も多くあり、全国に教室が開かれています。教室型だけではなく、プログラミング関係の講座はオンラインでも学習できるコースも多いです。

 

プログラミングスクール【教室型の比較】

 

DIVE INTO CODE

>DIVE INTO CODEの詳細を見る

アクセス:東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館2階b

人材紹介会社レバレジーズ社と連携しているDIVE INTO CODEでは、コース卒業後の転職をレバレジーズ社がサポートしてもらえるため、プログラマーなどのエンジニアへの転職を考えている方におすすめです。

転職以外にもフリーランスになりたい方には、案件の紹介をしてもらえる可能性もあります。このように、DIVE INTO CODEは卒業後のサポートがとても充実しています。

また、最近注目のAIに関しても学習できるコースもあります。

さらにはDIVE INTO CODEでは2種類のWebエンジニアコースと機会学習エンジニアコースで無料カウンセリングがあります。

Webエンジニアコース(新規事業想像プログラム)

受講料:パートタイム10ヶ月/498,000円、入学金/100,000円

新規事業を目指してオリジナルのWebアプリを開発するスキルを習得するためのコースです。また、企画から検証や改善まで行うため実戦的な学習になります。

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)

受講料:フルタイム4ヶ月・パートタイム10ヶ月/498,000円、入学金/100,000円

エンジニアへの就職を目指すコースで、充実したサポートを受けられます。

機会学習エンジニアコース

受講料:フルタイム4ヶ月/798,000円、入学金/200,000円

短い期間ですが、AIに関する知識の学習だけではなく、現場で必要とされるスキルも学習できるコースです。

 

DMM WEBCAMP

>DMM WEBCAMPの詳細を見る

アクセス:東京都渋谷区神南1丁目19番11号 パークウェースクエア2 4階

DMM WEBCAMPは転職者に嬉しい転職を保証するプログラミングスクールです。また、もし転職ができなかった場合は、受講料を全額返金してもらえます。

転職を第一に考えたスクールということもあり、3ヶ月の短い期間で転職に必要な知識を学習しながら、実務経験を積むことができるため、転職で有利になります。さらには、スキルの可視化を行えるDMM WEBCAMP独自の学習プラットフォームで企業からのスカウトをもらえる可能性もあります。

そして、3ヶ月間の受講期間を終えると、次に3ヶ月間間の転職サポートに入ります。この3ヶ月間で転職できるようにカウンセリングや面談などで転職をサポートしてもらえます。ただ学ぶだけではなく、転職を視野に入れている方におすすめです。

6ヶ月超実践型コース

受講料:3ヶ月/628,000円(3ヶ月の転職サポートあり)

3ヶ月の学習期間内でスキルの学習と実務体験を行います。始めの2ヶ月間でHTML・CSSやjQueryなどのフロントエンド技術やRuby on Rails、サーバー設計を学習します。その後、残りの1ヶ月間でこれまで学習してきたことを使いバックエンド開発に取り組みます。

 

TECH::CAMP

>TECH::CAMPの詳細を見る

受講料:月額14,800円(初月無料)、入会費用/148,000円

TECH::CAMPは全国8箇所の教室とオンラインで受講可能で、月額制で学べるプログラミングスクールです。

また、TECH::CAMPの特徴の一つが受講料の安さです。TECH::CAMPでは月額14,800円となっており、他のプログラミングスクールと比較すると破格の安さです。高額な受講料は払えないけどプログラミングに興味があるから学んでみたいなといった方におすすめです。

 

GEEK JOB

>GEEK JOBの詳細を見る

アクセス:東京都千代田区九段北1-12-6 守住ビル 5階

GEEK JOBではアクティブラーニングと反転学習に加え、オリジナルのカリキュラムで学べるプログラミングスクールです。そして、無料講座を受けた後にGEEK JOBの紹介で就職、転職することも可能です。紹介してもらえる企業の中にはサイバーエージェントのような有名な企業もあります。しかも最短で22日で転職できる可能性もあり、すぐに就職、転職したい方におすすめです。

もちろん、就職、転職希望者以外にもプログラミングに興味があるから学んでみたいなといった方向けのコースも用意されています。

就職/転職コース

受講料:1~3ヶ月/無料

無料で受講することができ、受講終了後には就職、転職をサポートしてもらえます。企業の紹介以外にも、履歴書の書き方なども教えてもらうことができます。

Webアプリ学習コース

受講料:2ヶ月/64,800円(学生)、129,600円(社会人)

教室への通学とオンラインの両方で学習できるコースで、無料体験もあります。学生と社会人で受講料が違い、学生の場合はプログラミングスクールの受講料の中では結構低額な受講料になります。

 

ProEngineer

>ProEngineerの詳細を見る

アクセス:東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ7F

ProEngineerではプログラミングの学習から就職のサポートまで行っており、それでいて受講料が無料です。というのも、ProEngineerは他企業からの協賛金を得ており、受講料無料を実現しています。

無料で受講することができ、しかも正社員への就業率は96.2%とかなり高い数値を誇っています。ProEngineerでは実戦的なカリキュラムで学習でき、学習したスキルを活かして作品を制作することで、就職で企業にアピールすることができます。これまでにプログラマーとしての実績がなくて、スクールで制作した制作物をアピールポイントにすることができます。

さらに、紹介してもらえる企業にはソフトバンクグループや楽天などの大手企業もあります。アドバイザーが受講生に合った企業を紹介してもらうことができ、ビジネスマナーなどのサポートもしてもらえます。

しかし、ProEngineerで受講するためにはいくつかの条件があります。就職する意志がある18~30歳で東京の研修所へ通える方になります。加えて、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の一都三県で勤務できるか方のみです。

以上の条件をクリアした方のみ、受講料が無料になりProEngineerで学ぶことができます。

エンジニアカレッジ

受講料:1~3ヶ月/無料

エンジニアカレッジはプログラマーを目指すのではなく、サーバー系のインフラエンジニアを目指す方向けのコースです。

プログラマカレッジ

受講料:1~3ヶ月/無料

パソコンの基礎から学ぶことができるため、プログラミング初心者の方でも無理なく学習に取り組めます。そして、段階的に学習する内容の難易度が上がり、後々には実践で役立つWebアプリ開発を学習することができます。

さらに、仕様書の作成や設計なども学習することもでき、非常に実践的なスキルを学べます。

 

DataMix

>DataMixの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Python、R、Spark、SQLなど

受講料:3ヶ月フルタイム、6ヶ月パートタイム/700,000円

アクセス:東京、福岡

DataMixはデータサイエンティストを目指す方向けのスクールです。充実した学習内容で未経験者でもデータサイエンティストとしてのスキルアップを目指せます。

 

Kredo(クレド)

>Kredo(クレド)の詳細を見る

受講可能プログラミング言語:JavaScript、PHP、Ruby on Rails、HTML・CSSなど

受講料:1週間/120,000円、4週間/278,000円

アクセス:セブ島

フィリピン政府公認の英語でプログラミング学習に取り組める留学スクールです。英語でプログラミングを学ぶことになるので、IT業界でグローバルに活躍したい方向けのプログラミングスクールです。

また、クラスの人数が数人しかいない少人数クラスなのも特徴的です。

Kredoは海外のIT企業へ転職を考えている方におすすめのプログラミングスクールです。

 

SAK(システムアーキテクチュアナレッジ)

>SAK(システムアーキテクチュアナレッジ)の詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、LAMP(Web)、Unity、Android、iOSなど

受講料:LAMP,48時間/160,000円

アクセス:秋葉原、新宿

大手企業への転職や資格取得を目指せるプログラミングスクールです。また、少人数でのライブ授業も行っており、エンジニアの方が講師を務めています。

 

INTERNET ACADEMY

>INTERNET ACADEMYの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、JavaScript、PHP、HTML・CSSなど

受講料:134時間/511,714円

アクセス:新宿、渋谷

INTERNET ACADEMYはWeb関係に特化したスクールです。また、受講形式がマンツーマン授業、ライブ授業、オンデマンド授業の3つの形式があり、この中から自分の学習スタイルに合わせて受講形式を選択することが可能です。

 

リナックスアカデミー

>リナックスアカデミーの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、Androidなど

受講料:90時間/380,000円

アクセス:東京、横浜

資格合格実績がプログラミングスクール業界No.1を謳うリナックスアカデミーでは、少人数のクラス制度を採用しています。また、補講としてオンライントレーニングシステムを使用しています。

 

KENスクール

>KENスクールの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、PHP、Visual Basic、Unity、LAMPなど

受講料:Javaプログラマー養成コース、6ヶ月/365,000円など

アクセス:新宿、池袋、北千住、梅田、横浜、名古屋、札幌など

KENスクールは30年の歴史があるパソコンスクールです。コースにはプログラミングコースもあり、個別指導で受講生一人一人に合わせて授業を進めていきます。

 

isaパソコンスクール

>isaパソコンスクールの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、Android、iOSなど

受講料:Javaプログラマー養成コース、12ヶ月/323,000円など

アクセス:東京各地、埼玉、千葉、横浜、茨城

Isaパソコンスクールは駅前パソコンスクールとして30年の歴史があります。

 

パソコンスクールWin

>パソコンスクールWinの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、C、PHP、Python、Android、iOSなど

受講料:PHPプログラミング、2ヶ月/96,000円など

アクセス:全国各地

パソコンスクールWinは北海道から鹿児島まで全国各地に展開中のパソコンスクールです。資格に強く、プログラミングからWeb関連の講座を受けられます。

また、受講生の40%が他企業の研修生などで、企業からも人気があるスクールです。

 

RainbowApps

>RainbowAppsの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Android、iOS

受講料:2時間/10,000円~

アクセス:大阪

RainbowAppsはAndroid、iOSのスマホアプリ開発を学べるプログラミングスクールで、受講生のほとんどがプログラミングの経験がない未経験者となっています。

 

RUNTEQ

>RUNTEQの詳細を見る

受講可能プロ組ラング言語:Ruby on Rails

受講料:3ヶ月/298,000円

アクセス:新宿

講師には現役のエンジニアが在籍しており、スタートアップテクノロジー独自のカリキュラムでRuby on Railsの学習を進め、分からないことはその場で現役エンジニアの講師に質問できます。

週5日の受講を3ヶ月続け、現場で必要なスキルを学習できます。

 

CodeShip

>CodeShipの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:JavaScript、PHP、Ruby on Rails、HTML・CSS、Angular、Reactなど

受講料:4ヶ月/350,000円

アクセス:池袋

CodeShip独自のオンラインテキストを使用してカリキュラムを進め、選択したコース修了後は、全てのコースのカリキュラムに取り組めます。

 

CIRCLE AROUND(サークルアラウンド)

>CIRCLE AROUND(サークルアラウンド)の詳細を見る

受講可能プログラミング言語:PHP、Ruby on Railsなど

受講料:月額7万円

アクセス:高田馬場

CIRCLE AROUNDでは主にオンライン授業で学び、週1でオフライン授業があります。オフライン授業の受講形式はマンツーマン授業で、現役のエンジニアと1対1で学べます。

 

G’s ACADEMY TOKYO(ジーズアカデミーTOKYO)

>G’s ACADEMY TOKYO(ジーズアカデミーTOKYO)の詳細を見る

受講可能プログラミング言語:PHP、HTML・CSS、Ruby on Rails、Swift、Laraveなど

受講料:週末、6ヶ月/290,000円、フルタイム、6ヶ月/700,000円

アクセス:東京、福岡

G’s ACADEMY TOKYOはデジタルハリウッド運営のプログラミングスクールです。フルタイムのコースでは、個別指導や卒業制作などのみっちりしたスケジュールで進行します。週末集中コースでは、毎週土曜日に受講してから1週間かけて課題に取り組むことで学習していきます。

 

Tech Fun.jp

>Tech Fun.jpの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、Spring

受講料:1ヶ月/200,000円、3ヶ月/600,000円

アクセス:上野

実務体験を行いながら、JavaやWeb開発を学べるプログラミングスクールで、企業の新人Java研修でよく利用されています。

 

PROGROUND(プログラウンド)

>PROGROUND(プログラウンド)の詳細を見る

受講可能プログラミング言語:JavaScript、PHP、VisualBasic.NET、HTML・CSS

受講料:Webプログラミング/60,000円

アクセス:大阪

システム開発のエスピーネットが運営するプログラミングスクールで、元々新入社員のプログラミング研修用だったカリキュラムをプログラミングスクール向けに改良してスクールを開校しています。

PROGROUNDではSTEP単位での受講が可能で、1STEP終わった段階で次のSTEPを受講するかどうかを決めることができます。

 

NPS日本プログラミングスクール

>NPS日本プログラミングスクールの詳細を見る

受講可能プログラミング言語:Java、C、C++、PHP、Python、AI、Visual Basic、Androidなど

受講料:3ヶ月/125,000円

アクセス:西船橋、名古屋

ソフトウェア会社の株式会社イーテクノロジーが母体のNPSプログラミングスクールでは通信学習コース、宿泊コース、通学コースの3コースから学習スタイルを選択できます。

 

ネットビジョンアカデミー

>ネットビジョンアカデミーの詳細を見る

アクセス:東京都中野区新井1-26-6 いちご中野ノースビル5階

ネットビジョンアカデミーではネットワークエンジニアの基礎知識からクラウドシステムの構築や社内LANの設計構築など、ネットワークエンジニアとして現場で必要なスキルまで学べるプログラミングスクールです。さらには、ネットワークエンジニアの資格取得にも強く、資格取得コースもあります。

また、スキルを学ぶだけではなく、就職のサポートも行っています。

一般無料コース

現場で使える実践的なカリキュラムが無料で学べる上に、就職先の企業を紹介してもらうこともできます。注意点として、オフラインでの受講になるため、都内に通学でき、なおかつ20代の転職希望者のみが参加できます。

一般有料コース

一般有料コースでは、CCNA資格の取得を目指すコースです。CCNA資格はネットワークエンジニアを目指すのであれば是非とも取得しておきたい資格です。

 

CREATOR’S HIVE(クリエイターズバイブ)

※現在サイト休止中

受講可能プログラミング言語:PHP、Python、CakePHP、HTML・CSSなど

受講料:6ヶ月/432,000円

アクセス:渋谷、新宿、大阪

IT企業の株式会社D-ingが運営を行うプログラミングスクールで、講師が全員現役のクリエイターです。また、講義に参加できるのは最大10名までの少人数クラスでの受講になります。

 

まとめ

日本国内(一部国外あり)で信頼度が高い人気のプログラミングスクールを比較してみましたが、ご希望に沿うプログラミングスクールはありましたでしょうか。

プログラミングスクールそれぞれで、受講可能なプログラミング言語や受講スタイル、受講料が異なりますので、当記事で紹介したプログラミングスクールの中から自分の目的に合ったスクールに申し込んでみてください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ