プログラミング

プログラミング

PR

人工子宮の研究ーEU Horizonプログラムから290万ユーロの支援

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、The First Artificial Womb For Human Babies Will Be Ready In 5 Years
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

457 views

読了時間 : 約1分49秒

● 研究者たちは、人間の赤ちゃんのための人工子宮の最初のプロトタイプを5年以内に完成させることを計画しています。

● チームは、このプロジェクトのためにEUプログラム「Horizon 2020」から290万ユーロの助成金を受け取りました。

● 成功すれば、人工子宮は将来無数の新生児の命を救うことができます。

 

人工子宮は、通常、胎児を満期まで生物の体外で胎児を成長させます。このようなデバイスには多数のアプリケーションがあります。たとえば、妊娠期間まで延期するのではなく、初期の胎児手術をオプションにすることができます。

 

科学者たちは、液体で満たされた生命維持システムで4週間、未熟な子羊の胎児をすでに成長させていますが、人間の赤ちゃんのための実用的な人工子宮のプロトタイプはまだ実現されていません。

 

現在、アイントホーフェン工科大学の研究者は、早産や健康上の合併症の予防などの特定の場合に非常に役立つ人工子宮に取り組んでいます。赤ちゃんの自然環境をシミュレートし、新生児の生活への移行を容易にします。

 

現在、早産は医学における重要な問題の1つです。世界中の乳児の10人に1人以上が罹患しています。28〜37週間で生まれた赤ちゃんは、心肺機能と満期までの発達を継続的にサポートする必要があるため、新生児集中治療室に配置されます。

 

ただし、この解決策は、28週より前に生まれた乳児にはあまり効果がありません。多くの場合、神経、心臓、呼吸、代謝の問題を含む複数の合併症を引き起こします。新しいプロジェクトは、未熟児を周産期の生命維持システムに移すことにより、子宮内環境を保護することを目的としています。

 

この新しい人工子宮はどのように機能するのか?

周産期の生命維持システムは、インキュベーターと人工呼吸の代わりになります。研究者は、高度な技術を使用してこのような人工子宮(液体ベースの環境)を構築します。

 

このシステムは、人工胎盤に繋げられた胎児の臍帯を介して酸素と栄養素の供給を維持します。胎児の心肺生理機能をサポートし、赤ちゃんの未発達の肺への空気などの換気の悪影響を防ぎながら、赤ちゃんの状態を常に監視します。

 

このシステムは、乳児の状態をシミュレートし、医師が人工子宮の構成に関して即座に決定するのに役立つほどスマートです。このようなシステムの評価と検証のための臨床試験は倫理的な理由から実行できないため、研究チームは高度なシミュレーション技術を使用して周産期の生命維持システムを開発、検証します。

 

マネキンはテストとトレーニング中に未熟児を模倣し、高度な計算モデルは胎児の状態と治療に関する臨床ガイダンスを提供します。

人工子宮の研究に290万ユーロ

研究チームは、7年間(2014~2020年)の予算で約800億ユーロの予算を持つEU最大の研究・イノベーションプログラムであるEUプログラムHorizon 2020から、新たに290万ユーロの助成金を受けました。

 

今後5年間で、研究者はさまざまな技術を厳密にテストして、人工子宮の最初のプロトタイプを完成させます。 成功すれば、将来、無数の新生児の命を救うことができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ