プログラミング

プログラミング

量子インターネットを構築するのにいくつの衛星が必要?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、How Many Satellites Would Require To Build Quantum Internet?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

82 views

読了時間 : 約3分1秒

・宇宙ベースの量子インターネットは、量子リピーターの地上ベースのネットワークを大幅に上回ります。

・地球規模の量子インターネットを構築するには、高度1,900マイルに400基以上の衛星を配置する必要があります。

 

量子力学の最も有用なアプリケーションは、量子鍵配送を通じて安全な通信を実行する機能です。 多くの技術者にとって夢である量子インターネットは、量子時計の同期、量子テレポーテーション、分散量子計測とセンシングなど、他の量子情報処理タスクの実行を可能にします。

 

つまり、量子インターネットは、プライベートメッセージや契約から金融取引まで、あらゆるものを保護できます。 また、近々登場する量子コンピュータは既存の暗号化アルゴリズムを解読できるため、この種のセキュリティが必要になります。

 

しかし、世界規模の量子インターネットを構築することは、難しい実験的な課題です。 最近、ルイジアナ州立大学の研究者チームがこれを行うための最も費用効率の高い方法を発表しました。

 

これは、もつれた光子を地面に連続的にブロードキャストできる量子対応衛星のコンステレーションを作成することを含みます。 このようなアプローチを検討する場合、2つの最も基本的な質問が発生します。

 

1)地上ベースの量子リピーター構成よりも優れたグローバルカバレッジを達成するには、いくつの衛星が必要ですか?

2)これらの衛星はどの高度に配置する必要がありますか?

 

最初にいくつかの背景

このようなネットワークの最も重要な特徴は、量子エンタングルメントです。これは、2つの量子粒子が遠く離れていても同じ存在を共有する現象です。 絡み合ったパーティクルは接続されたままで、一方に対して実行されたアクションはもう一方に影響します。

 

科学者は、ほとんどの場合、(同時に作成された)フォトンのペアを使用してエンタングルメントを分散します。 フォトンを別の場所に送信すると、それらのもつれを利用して安全なメッセージを送信できます。

 

ただし、もつれ(フォトンを接続する)は非常に壊れやすく、保存することが困難です。 光子とその環境の間の小さな相互作用でさえ、接続が切断される可能性があります。

 

これは通常、もつれた光子を光ファイバーまたは大気を介して直接伝送するときに発生します。 これらの光子は、ガラスまたは大気中の他の原子と相互作用します。 既存のテクノロジーでは、エンタングルメントは数百マイルしか共有できません。

 

どのように量子インターネットを構築するのですか?

2つのオプションがあります。1つ目は、量子リピーターと呼ばれるデバイスを使用して、到着するとすぐに量子特性を評価し、途中で送信される新しい光子に送信する方法です。 もつれを維持することはできますが、この手法はエラーが発生しやすく、実装に数年かかる場合があります。

 

2番目のオプションは、空間内でもつれた光子のペアを作成し、それらを異なる場所にある2つの地上局にブロードキャストすることです。 ステーションは完全な秘密で情報を交換することができます。

 

中国はすでに宇宙規模で量子実験を行っています。 2016年、長距離にわたる量子光学実験を容易にするためにMiciusという名前の衛星を打ち上げました。

 

このような衛星ベースのシナリオでは、光子は大気圏を通過する最後の13マイルのみをカバーします。 したがって、彼らははるかに遠くまで移動できます(衛星が地平線に近すぎない場合)。

 

研究者によると、衛星の同様のネットワーク(大規模に実装されている場合)は、より効率的なグローバルな量子インターネットを作成します。 情報を安全に送受信するには、2つの地上局が同時に同じ衛星と通信して、両方の局がもつれた光子を衛星から受信する必要があります。

 

リソースの最小化

衛星の建設と打ち上げには数百万ドルの費用がかかります。そのため、カバレッジを犠牲にすることなく、衛星の数をネットワーク内で可能な限り低く保つことが重要です。

研究者たちはそのようなネットワークをモデル化し、考慮すべきいくつかの重要なトレードオフがあることを発見しました。 たとえば、より高い高度に配置された衛星の数が少ないほど、グローバルなカバレッジを提供できますが、光子損失が大きくなる可能性があります。 一方、より低い高度の衛星は地上のステーション間のより短い距離しかカバーできません。

 

研究チームによると、最良の妥協案は、高度1,900マイルを飛行する約400の衛星のネットワークです。 これを展望するために、GPSには12,500マイルの高度で動作する24の衛星があります。

 

ただし、地上の2つのステーション間の最大距離は、4,700マイルに制限されます。 つまり、このようなネットワークは、ニューヨークとロンドン(3,459マイル離れた)の間の安全な通信をサポートできますが、ヒューストンとロンドン(4,846マイル離れた)の間はサポートできません。

 

この大きな欠点にもかかわらず、宇宙ベースの量子インターネットは、量子リピーターの地上ベースのネットワークよりも実質的に優れています(120マイルごとに1つのリピーターを設置する必要があります)。

 

宇宙ベースの量子通信プラットフォームと地上ベースの量子中継器とのインターフェースをとるハイブリッドネットワークは、このビジョンを現実にすることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ