プログラミング

プログラミング

Java用の自動テストツールとフレームワークおすすめ15

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Powerful Automated Testing Tools and Frameworks for Java
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

760 views

読了時間 : 約6分32秒

ほとんどのプログラマーは、Javaコードのデバッグに多くの時間を費やしています。 それは、多くの人にとって複雑な作業ではありませんが、テストケースを手動で作成することは時間のかかるプロセスです。 幸い、Java開発のワークフローを大幅に改善できる自動テストツールとフレームワークはたくさんあります。

 

なぜ自動テストを行うのか?

テストされていない製品をそのままリリースすると、評価の高いレビューを得られない場合があります。 ソフトウェアにテストフェーズを入れるのが最適です。 これらのテストコードは、ソフトウェアコードの前に作成する必要があります。 これは、作成したアプリケーションコードが正しく機能することを確認するものです。

 

手動テストを自動テストに置き換えると、時間を節約し、繰り返しの作業を避けることができます。 自動テストは、サードパーティのソフトウェアを使用してテストを実行し、出力を報告し、最終結果を比較する手法です。 これらの自動化されたツールを使用すると、コードのテストロジックの作成により多くの時間を費やすことができます。

 

15. Mockito

 

Mockito

 

Mockitoを使用すると、開発者は自動でダブルオブジェクト(モックオブジェクト)を作成してテストできます。 テストは文書化されており、詳細な検証エラーがわかります。 Mockitoライブラリは、モックの作成、検証、およびスタブを可能にします。 ビルドシステムを使用して、「mockito-core」ライブラリとリンクする必要があります。

 

14. Concutest

 

Concutest

 

Concutestは、Javaプログラムを同時テストするためのフレームワークであり、BSDにライセンスがあり、無料で利用できます。 これには、ConcJunit(JUnitフレームワークの拡張)、スレッドチェッカー(軽量アノテーション言語)、およびスケジュールベースの実行(指定されたレコードに基づいて単体テストを実行するため)が入っています。

 

13. EasyMock

 

EasyMock

 

EasyMockは、モックオブジェクトを使用して単体のテストを行う簡単な方法です。 Javaプロキシメカニズムを使用してモックオブジェクトをオンザフライで作成することにより、モックオブジェクトを提供します。 ユニットを分離してテストしたり、十分な環境を作るために、EasyMockは共同作業者をシミュレーションします。

 

開始する前に、EasyMock依存関係をPOMファイルに追加してから、テストするクラスと、そのクラスで使用されるコラボレーター(クラスまたはインターフェイスの場合があります)を追加する必要があります。

 

12. Concordion

 

Concordion

 

Concordionは、Fitフレームワークに影響された受け入れテストフレームワークです。 すべてのテストはHTMLで記述され、テストを実行するための特別なパラメーターが組み込まれています。 通常の言語、表、適切な句読点で書くことができます。

 

HTMLファイルは通常、開発者がすべてのテストケースを制御できるようにするアプリケーションコードとともに保存されます。 このツールはアジャイルプロセスを強化し、産業のコンテキストで正常に実行されています。

 

11. Powermock

 

powermock

 

Powermockは、EasyMockやMockitoなどの他のモックライブラリをより強力に拡張するフレームワークです。 特に、テストに使用されるリフレクションを簡素化する機能が充実しています。 カスタムクラスローダーとバイトコード操作を使用して、コンストラクター、静的メソッド、最終クラスなどのモックを有効にします。

 

これは主に、既存のAPIを少数のメソッドで拡張するように設計されています。 2つのAPIがあり、1つはEasyMock用で、もう1つはMockito用です。 このAPIのどちらかとテストフレームワークを用意する必要があります。 ユニットテストに慣れていない人には、このツールをお勧めできません。 初心者は、使いこなせない可能性があります。

 

10. JUnit

 

junit

 

JUnitは、Javaプログラミング言語用に開発された単体テストフレームワークです。 これは、SUnitを元とするxUnitの種類の1つです。 コンパイル時にJARとしてリンクされ、繰り返し可能なテストを作成するために使えます。

 

テストクラスの各テストメソッドの動作を柔軟に追加または再定義できる一連のルールがあります。 ランダムに生成されたデータを使用して、科学実験に関連するプロジェクトのテストを作成できます。 さらに、テストをグループ化して、テストのフィルタリングを容易にすることができます。

 

9. JWalk

 

JWalk

 

Lazy Systematic UnitTestingと呼ばれるテストメカニズムをサポートするように設計されたユニットテストツールキットです。 JWalkツールは、すべての重要なテストケースを体系化し、さらに多くのテストケースの結果を予測し、クラスの構成が変更された後に新しいテストを作成します。

 

このソフトウェアには、JWalktester、JWalkerテストエンジン、CustomGenerator、JWalkEditor、JWalkUtility、JWalkMarkerなどの多くのツールが入っています。 ソフトウェアを実行するには、有効なJWalkライセンス(電子証明書、無料)が必要です。

 

8. Cactus

 

cactus

 

Cactusは、サーブレット、EJB、フィルタなどのサーバー側Javaコードの単体テストフレームワークです。 JUnitフレームワークを使用してサーバー側コードのテストを作成するコストを削減するのが目的です。 Cactusは、コンテナー内を実装し(テストはコンテナー内で実行されます)、HttpUnitとの統合を通じてViewレイヤーのテストをサポートします。 さらに、テストの粒度の点で優れた中間点を提供します。 ツールはもう更新されていません。

 

7. Abbo

 

Abbot

 

Abbotは、JavaUIのテストをしやすくします。 Costello(スクリプトエディター)で構成されているため、アプリケーションを簡単に起動、探索、制御できます。 このフレームワークは、スクリプトとコンパイルコードの両方で使用できます。

 

Costelloは、ユーザーのアクションを記録し、スクリプトの構築と保守を容易にすることができます。 プログラムコードで使用されているすべてのコンポーネントと、階層で選択されたコンポーネントに関するメタデータを表示する階層ブラウザを表示します。

 

6. Jameleon

 

Jameleon

 

Jameleonは、技術者以外のユーザーが簡単に使用できる、拡張可能なデータ駆動型の自動テストフレームワークです。 アプリケーションを機能に分割し、それぞれの機能を個別に結び付けて、テストケースを作成できるようにします。 これは、テストを自動化し、手動のテストケースドキュメントを生成するために使用されます。

 

このツールは、さまざまなスキルを持つ人々が学習できるよう、さまざまなレイヤーに分割されています。 また、JavaとXMLに基づいているため、独自の技術を学ぶ必要はありません。

 

5. TestNG

 

TestNG

 

TestNGは、NUnitとJUnitに影響を受けたJavaテストフレームワークです。 他のツールと同様、ユニット、機能、エンドツーエンド、統合テストをサポートします。 Eclipse、IDEA、Selenium、Maven、Antで使用できます。

 

大きなスレッドでの任意テストの実行、マルチスレッドセーフで柔軟なテスト構成でのコードテスト、アプリケーションサーバーテストの依存メソッド、データ駆動型テストのサポート、パラメータなど、より強力で使いやすくする機能がたくさんあります。

 

4. Marathon

 

marathon testing

 

Marathonは、Java / Swingアプリケーション用のGUIテストツールです。 レコーダー、ランナー、エディターが入っています。 テストスクリプトは、RubyまたはPythonコードで作成できます。 プロジェクトの全員が読み取れるテストスクリプトを作成するのが目的です。

 

Marathonには、他のテストフレームワークとは異なる優れた機能がいくつかあります。統合されたデバッガーとスクリプトコンソール、強力なオブジェクト認識、自動テストスクリプトのバッチランナー、抽出メソッドのリファクタリング、復元力のあるテストスイート、ソースコードをテストするためのアプリケーションランチャーなどです。

 

3. The Grinder

 

The Grinder

 

グラインダーを使用すると、複数のロードインジェクターマシンを使用して分散テストを簡単に実行できます。 すべてのテストスクリプトは、動的スクリプト言語を使用して記述されています。 デフォルトの言語はJython(PythonのJava)です。

 

HTTP Webサーバー、SOAPおよびREST Webサービス、アプリケーションサーバー、カスタムプロトコルなどのJavaAPIを含むすべてのものをテストできます。 HTTPを、クライアントの自動接続、Cookie、SSL、接続調整をできるようになります。 また、グラフィカルコンソールを使用すると、複数のロードインジェクターを監視および制御できます。

 

2. Parasoft Jtest

 

jtest

 

Parasoft Jtestは、単体テストケースの生成と実行、回帰テスト、実行時エラーの検出に使用できる静的分析ツールと自動テストソフトウェアです。 このソフトウェアは、Cisco SystemsやWipro Technologiesなどの多くの大企業で使用されています。

 

静的分析は、プログラミングエラーを排除するために、コードを何百ものカスタムルールに従って自動的にチェックします。 現在、Eclipse IDE、Maven、Ant、CruiseControl、IBM Rational ApplicationDeveloperをサポートしています。

 

1. Arquillian

 

Arquillian

 

Arquillianは、JVMの拡張できるテストプラットフォームであり、自動化された統合、機能、および受け入れテストを簡単に作成できます。 ランタイムでテストでき、IDEの単体テストと一緒にArquillianテストを実行することもできます。 ソフトウェアとテストは、テクノロジースタックに関係なく、同じプログラミングモデルを共有できます。

 

テストまたはソフトウェアコードにブレークポイントをドロップして、テストをデバッグするだけです。 コンテナに名前を付けると、Arquillianはテストケースのバンドル、アーカイブのデプロイ、コンテナでのテストの実行、結果のキャプチャ、レポートの作成をして、コンテナに収納します。

おすすめ新着記事

おすすめタグ