プログラミング

プログラミング

PR

何が変わった?Android Pの新機能16選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What’s New In Android P | 16 Biggest Changes and Features
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

467 views

読了時間 : 約7分14秒

Googleは、Android OSのバージョン9のメジャーリリースであるAndroid Pのパブリックベータ版をリリースしました。最終的な安定版は、8月にリリースされる予定です。それまでは、時間が経つにつれて、より多くのベータ版を期待することができます。

 

Android 9は、最終的にはPopsicle【アイスキャンディー】と呼ばれるかもしれませんが、大量の改良が組み込まれており、5月8日のGoogle I/O 2018 Keynoteでいくつかの主要なものが紹介されました。同社は、このベータ版をサポートするために、他のいくつかのAndroid開発者と提携しています。

 

今のところ、Pixel、Xiaomi Mi、Nokia 7 plus、Vivo X21、Oppo R15、Essential Phoneにインストールすることができます。今後数カ月でより多くのデバイスが追加される予定です。そしてもちろん、安定版が出れば、すべての最新デバイスのAndroid Oを置き換えることになります。

 

シンプルさ、インテリジェンス、デジタルウェルビーイングが、この新リリースの3つの柱です。開発者向けプレビュー版を試したところ、GoogleはAIとその様々な機械学習手法によって、ユーザーの行動をデバイスに適応させようとしていることがわかりました。

 

この記事では、システムアップデートやUIの改善など、もうすぐあなたのスマートフォンで目にすることになる主な変更点や追加機能をすべてご紹介します。

 

16. iPhone X風のNavigation Gestures

ベゼルレス・ディスプレイ【枠や縁のない画面】の登場により、開発者はスクリーンの1センチメートル単位を活用する手法に取り組んできました。Android OSでは、従来の仮想ナビゲーションボタンに代わり、小さなピル型のジェスチャーバーを用いた新しいジェスチャー操作のナビゲーションシステムが登場しました。

 

バーを上にスワイプすると、新しいアプリケーション・スイッチャーを開くことができます。これは、さらにピル上で右または左にスワイプすることによってスクロールするすべての実行中のアプリが表示されます。さらに興味深いのは、テキストの選択など、特定のアプリを開かずに操作できることです。

15. 新しい音量メニュー

新しい音量コントロールは、よりスリムになり、画面上でより少ないスペースで操作できるようになりました。ディスプレイの上部から下がるスライダーではなく、横から飛び出す新しいメニューです。また、プロファイルモード[バイブレーション/ミュート]の切り替えも、端末のロックを解除することなく簡単に行えます。

14. 通話録音トーン

Android Pは、通話録音トーンを搭載しており、合法的に電話を録音することができます。電話の保存が録音されるたびに、メンバー全員に警告を発します。一定間隔[15秒]で短いトーンを再生し、通話相手に通知します。

13. Shushモード

Googleは、スマートフォン依存症の防止に真剣に取り組んでいます。そこで、DND(do not disturb)モードを簡単に有効にすることができるようになりました。テーブル(または任意の平らな面)の上に裏返しに携帯電話を置くだけで、仕事などに集中できるように自動的にDNDモードに入ります。

 

このモードでは、すべての通知、通話、視覚的な中断が無効になりますが、特定の連絡先を選択して、通知や通話を受信することはできます。

12. Wind Down

Wind Downは、Googleの新しいデジタルウェルビーイング戦略のもう一つの機能で、テクノロジーの使用をバランスよく行うことでユーザーの生活を向上させることを目的としています。これは、携帯電話から離れられないユーザーのために開発された自動DNDモードで、シャットダウンすることをユーザーに促します。

 

ユーザーは就寝時間を選択することができ、その時間になるとデバイスがグレースケールに変わり始め、画面を見るのがかなり辛くなります。グレースケールは脳への刺激が少ないため、ユーザーは携帯電話を使い続けたいという衝動に駆られることはなくなります。翌朝になると、自動的に通常モードに戻ります。

11. セキュリティの強化

セキュリティの向上がなければ、アップデートとは呼べません。Android Pでは、いくつかの新しいセキュリティ機能も導入されています。これには、機密情報の高信頼性ユーザー確認と統一認証ダイアログが含まれます。

 

これまでのバージョンでは、アプリがマイクやカメラにアクセスするために、一度だけ許可を取る必要がありました。しかし、Android Pでは、バックグラウンドで動作するアプリケーションがマイクとカメラにアクセスすることをブロックします。もし、アプリがあなたの知らないところでこれらを使おうとすると、システムエラーだけが発生します。

10. 新しい自動回転機能

Android Pのナビゲーションバーには、設定で自動回転を無効にしている場合でも、アプリの回転をより簡単にする、状況を認識するボタンが搭載されています。

 

この新しいボタンは、スマートフォンを現在ロックされていない向きに回転させると表示されます。たとえば、デバイスがランドスケープモードに設定されていて、ポートレートモードで何かを見ている場合、下部にボタンが表示されます。このボタンをタップすると、デバイスを横向きに戻してボタンをもう一度タップするまで、アプリが縦向きモードになります。

9. App ActionsとSlice

SliceとApp Actionsは、アプリケーションを操作するための新しい2つの方法です。その目的は、より少ないアプリ探しと少ないタップで、より多くの選択肢を提供することです。そのために、Android Pはユーザーの過去の行動を分析することで、ユーザーが何を望んでいるかを予測します。

 

Sliceは、サードパーティ製アプリ(インタラクティブ・スニペットのようなもの)のごく一部で、アプリのコンテンツを開かずに表示するものです。たとえば、携帯電話でuberを検索すると、単にアプリを表示するのではなく、OSはアプリ内でできる便利なアクションのリスト、たとえば希望する場所への乗車などを表示し、こうしてプロセスのいくつかのステップをスキップさせることができます。

 

一方、App Actionsは、ユーザーの使用履歴から生成された、Androidの他の部分からアプリのコンテンツへのリンクです。たとえば、ホーム画面を開いたときに、定期的に連絡を取っている友人に電話をかけるオプションや、ワークアウトアプリで毎日のチャレンジを開始するオプションが表示されることもあります。このようなアクションは、ランチャー、Playストア、スマートテキスト選択、Googleアシスタントなど、Androidのあらゆる場所で表示されます。

8. 新しいダッシュボードとアプリTimer

Android Pには、デバイス上でアプリを使用する頻度や時間を教えてくれる、新しいダッシュボードが搭載されています。時間制限を設定して、自分をコントロールできるようになりました。たとえば、毎日15分間だけFacebookを使うことを許可することができます。制限時間を過ぎると、カラフルだったアプリのアイコンが、くすんだグレースケールのアイコンに変わります。ユーザーの生産性を向上させるための、小さな一歩です。

 

このほかにも、受け取った通知の数、デバイスのロックを解除した回数、スマートフォンに費やした時間などが正確に表示されます。

7. アンビエントディスプレイの改善

アンビエントディスプレイは、画面の一番下にさりげなくバッテリー残量のパーセンテージを表示するようになりました。さらに、ロック画面に天気予報ウィジェットの表示を好んでいた人は、Android 9がこの機能を復活させたことを知って喜ぶでしょう。時計の下に天気予報を表示できるようになったのです。

6. 簡単スクリーンショットとLockdownモード

電源メニューに「Enter Lockdown」と「Screenshot」の2つのオプションが追加されました。ロックダウンモードは、セキュリティをさらに強化するための導入です。このオプションを有効にすると、デバイスは指紋によるロック解除ができなくなります。スマートフォンのロックを解除するには、パスコードまたはパターンを挿入する必要があります。

 

スクリーンショットを撮るたびに「+」と「電源」ボタンを押す必要はもうありません。電源メニューの右側にオプションがあり、それをタップすると、スクリーンショットがギャラリーに保存されます。また、Markupと呼ばれる内蔵のスクリーンショットエディターを使って、写真を切り取ったり、様々な色で落書きしたりすることも可能です。

5. 頻繁に却下するアプリからの通知を非表示にする

Android Pには、通知をプッシュしたアプリを追跡するプロアクティブ通知ボタンが搭載されています。しばらく時間が経つと、いつも却下している通知の右側に「真っ赤なボタン」が表示されるようになります。このボタンをタップすると、このアプリの通知が永久に消えます。

 

ただし、これは開発者プレビューのマイナーな機能に過ぎず、最終リリースまでには若干変更されているか、完全になくなっている可能性があります。

4. メッセージング通知の改善

AndroidはiOSからいくつかのアイデアを拝借しているようです。Android Pの新しい通知UIは、送信者のプロフィール写真を含む画像を表示するのに良い働きをしています。前のバージョンのように、それを展開し(ドラッグして展開)、クイック返信でタップする前に、会話の数行を見ることができます。

 

ただし、Googleは通知自体の中にスマート返信ボタンを追加しましたが、これらのテキスト[スマート返信]がどのように提案されるかは、まだ不明です。

3. Adaptive batteryとDisplay brightness

Android Pは、機械学習技術を利用してバッテリー駆動時間を延長しています。これはGoogle独自のDeepmind技術に基づいており、定期的に使用するアプリのみに優先的にバッテリーを供給する仕組みです。

 

ユーザーの行動から、どのアプリをいつ使うかを判断し、それに応じて電力を割り当てる仕組みです。Googleは、この機能によって「行動を先読み」し、CPUの起動を30%減らすことができると主張しています。

 

画面の消費電力は開発者にとって大きな懸念事項のひとつでしたが、市場に新しいディスプレイ技術があふれ、人々が徐々にベゼルレス・ディスプレイに適応しているため、バッテリーに優しいOSの開発作業はこれまで以上に複雑になってきています。

 

これを処理するために、Googleは機械学習の秘術を使い始めました。OSは、ユーザーが様々な場面でどのように明るさを設定するかを分析することによって習慣を学習し、ユーザーに代わって同じことを実行しようとします。

2. 屋内ナビゲーションのためのWiFi RTT

WiFi RTT(Round Trip Timeの略)は、IEEE 802.11mcの仕様の一部です。数メートル以内の位置特定が可能なWiFiの進化版と言えるでしょう。

 

この高精度な位置情報は、屋内のナビゲーションや家庭での音声コマンドに非常に有効です。たとえば、ショッピングモールで道に迷ったとき、デバイスが建物内で位置を特定し、ターンバイターン【進行方向を音声や矢印アイコンなどで表示する】で道案内をしてくれるのです。

 

また、自宅でGoogleアシスタントを使用している場合、「電気を消して」と言ったときに、どの部屋を指しているのかを理解してくれます。

1. Android Runtimeの改善

Android Pは、ART(Android Runtime)に新たな改善をもたらしました。コンパイルコードのフットプリントを減少させるために、より多くのプロファイルを使用するようになりました。そのために、ARTはデバイス上のプロファイルデータを活用して、デバイス自体のDEXファイルを書き換えることで、アプリが使用するシステムDEXメモリが少なくなり、起動が速くなりました。Googleによると、一般的なアプリケーションでDEXファイルの書き換え頻度を11%削減することができたということです。

 

その他の機能

・ブラウザの自動入力に対応。
・全てのアプリケーションはデフォルトで HTTPS プロトコルでデータ交換を行う。
・DNS over TLS 標準プロトコルをサポートし、セキュリティとプライバシーを強化。
・High Efficiency Image File Format(HEIF)、VP9 High Dynamic Range(HDR)ビデオフォーマット対応。

おすすめ新着記事

おすすめタグ